他人の設置した防犯カメラが我が家を撮影している! 防犯とともに大切なプライバシー問題

私達の生活は防犯カメラによって多くの犯罪リスクが減少しているでしょう。しかしその時、同時に考えていかなければならないのはプライバシーが侵害されていないかの判断です。

防犯カメラはどこまでが許され、どこからが許されていないのか考えてみましょう。

防犯カメラの設置の意味

防犯対策のためにカメラがあらゆる場所に設置されることが、犯罪抑止のための理想かもしれません。現在、実際にあなたの近所でも至るところに防犯カメラの設置を目撃するでしょう。

防犯カメラは設置をアピールすることで犯罪抑止の役割も持たせることができるので、それが一目瞭然かもしれません。しかし、私達は社会の中で生活をして、本当にそれで大丈夫なのか一歩立ち止まって考えていかなければなりません。

防犯カメラの設置によって不快な思いをしている人たちもいるかもしれないということまで考えて行動する必要があるでしょう。

防犯カメラの設置は、実際に住民とのもめ事に発展してしまうケースもよくあります。あなたは我が家に防犯カメラが向いているとしたら、そのまま軽視出来るでしょうか。

まさにそれは日々のあなたの日常生活が侵害されているのです。それはひょっとしたら意図して我が家に向けて防犯カメラを設置したのかもしれませんし、そうでない可能性も考えることができます。

防犯カメラは、犯罪を減少させるために使用されているものと思えば、そうでないために利用されていることもなきにしもあらずです。

防犯カメラが我が家に向けられているということがありありとわかった場合、私達はどのような対応をすればいいのでしょうか。

なんで防犯カメラが我が家に向いている?

どんどん近所でも防犯カメラ設置の率が高くなっているのは、地域に住んでいる方々それぞれが、防犯対策をしっかり持つようになったからです。

実際に、防犯カメラがなかったとき、我が家の壁に落書きをされてなかなか犯人を捕まえることができなかった痛い経験のあることもあります。犯人が捕まったとしても、大きな損害が出てしまうこともあり、防犯カメラ設置は犯罪抑止のためにも役立たせることができます。

敷地の中に、ゴミが不法投棄されることも、最近では多いかもしれないですよね。

しかし防犯カメラの設置は、実際には結構、近所の家が映っている率が高く、我が家も映り込んでいる可能性は充分考えることができます。 向かいの家が防犯カメラを設置した場合、必ずと言っていいほど我が家は映っているはずです。

なんで我が家に防犯カメラが向いてしまっているのか。

そこにはカメラという防犯対策を考えるものの、設置する人たちが住民のプライバシーを守る配慮に欠けているからです。安易に、防犯カメラを購入してつければいいという気持ちだけではこのようなことが起きてしまうかもしれないですよね。

そして、近所つきあいをしっかりしていきたいから、我が家が映っていると知っていても、何も文句を言わず我慢している家もあるでしょう。プライバシーは侵害されているのに、果たしてそれは我慢しなければならないものなのでしょうか。

問題は、何も意識しないで我が家が映る角度で防犯カメラを設置してしまう神経にあります。

街の人たちが仲良く暮らすためには、防犯カメラ設置の時には、しっかりプライバシーを侵害しないという配慮についても考えるようにしましょう。そうしないと、自分よがりの身勝手な防犯対策と思われてしまうでしょう。

ただし、悪質な理由で、嫌がらせのため我が家に防犯カメラが向いているということもあります。 実際には、我が家を覗くことが目的で利用していたという事件は起きています。

人間観察が趣味だったり、盗撮目的ということも可能性はゼロではありません。

我が家の子供がいろいろイタズラをするから、我が家の子供が防犯カメラによって監視されているなどいろいろ理由については考えることができます。

もしも、我が家に空き巣に入ろうと思えば、防犯カメラ設置によって、だいたい留守の時間も把握出来てしまうでしょう。

我が家に防犯カメラが向いているとすれば、住んでいる方も、向きを変えて欲しいとしっかり交渉する姿勢が必要です。そのような事態に、近所づきあいのため仕方ないと黙っているようでは、あとあともっと大きなことが起きてしまうかもしれません。

黙っていることで地域のコミュニティが上手く行くというのは間違いです。お互い言い合い論議することによって、いいコミュニティが作られて行くのでは。

地域に住む人たち全員が一緒にこのような問題について論議する時間を設けるというのもいいのではないでしょうか。

それが、私達の地域でおこなう防犯対策です。その地域は、そのようなアクションによって、犯罪率の少ない街にすることができるでしょう。

防犯カメラの撤去をしてもらえなかったら

我が家に防犯カメラが向いていて、言ったけど改善してくれなかったということも、あるかもしれないですよね。問題はそのような時、次にどのような対応をすればいいかです。

我が家に向けての防犯カメラ設置が、嫌がらせのためにそうしていたことが判明してしまうこともあるでしょう。そのような場合、これ以上、自分で対応しようと思えば、もっと悪質な被害を受けてしまうでしょう。 嫌がらせだとわかれば、警察や弁護士に登場してもらい相談するようにしましょう。他には、自治体に相談という方法もあります。

時間がそのような問題を解決してくれるとは思わず、早め早めの対処が必要です。結構そのような事件って、どんどんエスカレートしてしまうことがあります。

我が家に防犯カメラを設置する場合

では我が家の防犯カメラを設置しようという時には、みなさんがそこでどのような判断をしなければならないかはもう理解出来ているでしょう。防犯対策は必要ですが、私達は近所のトラブルに発展しないような努力をしなければなりません。

近所の人たちの中には神経質な人も結構いて、我が家の敷地がほんのちょっとでも映ることを不快に思っていることもあります。

防犯カメラ設置は、必ず近所には迷惑をかけてしまうものだという認識の仕方をしていたほうがいいでしょう。 あなたが考える以上、防犯カメラはプライバシーを侵害してしまうものです。

ですから、防犯カメラ設置を考える人たちは、一度専門家に相談をしてみるといいかもしれないですよね。何しろ、私達は、ほとんど素人の域で防犯カメラを設置しようとしている訳ですし。

そして、防犯カメラ設置が、本当に防犯対策に繋げることができるかという点も考える必要があります。

防犯カメラは、設置されればそれだけ防犯対策は出来るのかもしれませんが、現状、100%の家庭に防犯カメラの設置がある訳ではありませんので、どうしても防犯カメラの設置によって、近所に迷惑がかかるという場合には、控えるのも一つの方法です。

例えば、過去にイタズラされた経験があるから防犯カメラを設置し近所の人を監視しているというのなら、防犯カメラ設置ではなく、警察や弁護士に相談するモチベーションのほうが優先事項です。

防犯カメラ設置は信頼できる業者に

防犯カメラ設置を専門の人に相談してみましょうというものの、その専門家が防犯カメラを販売したいがためにいい加減なアドバイスをしてしまうこともあるでしょう。

ですから、防犯カメラ設置は、信頼できる業者にお願いするという意識を持つようにしてください。

まず、防犯カメラ設置の前に、信頼できる業者探しです。いまは、インターネットでいろいろリサーチ出来るから、信頼できる業者も見つけやすいでしょう。

信頼できる業者は、見栄えのいいホームページであることが条件ではありません。ネットで口コミ・評判もしっかりチェックしてみましょう。近所の人から紹介してもらうのも方法でしょう。

一つの業者を見つけて、すぐにそこに依頼してしまうモチベーションではなく、複数業者をピックアップして電話をかけ、雰囲気を探るなどして比較してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。防犯対策のために、我が家にも防犯カメラ設置と考えるのかもしれませんが、私達は、防犯対策と同時に、近所のプライバシーを侵害しないことを常に考える必要があります。

お互いに、しっかり近所のプライバシーに配慮することで、いいコミュニティが作られることになり、コミュニティの形成が、犯罪のない街を作りだして行くことになります。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

  2. 見直してみよう防犯カメラの録画と録音機能について

  3. 賃貸物件でやっておきたいカギ対策!女性のための防犯対策をご紹介します

  4. 防犯対策をして安心安全な生活を!

    安心した生活をおくるために備える!防犯対策グッズ10選

  5. 【要注意】あなたの個人情報は安全ですか? 防犯のための漏洩対策

  6. セキュリティ付き物件に頼らない!DIYで8つの防犯対策を実践!

  7. その玄関のカギで大丈夫?女性必見。侵入犯罪とその防犯対策!

  8. 【8月12日の事件】524名中520名が死亡。日本航空123便墜落事故はなぜ起きたのか?

  9. 不審者の行動パターンを把握して危険回避!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP