マンションの中も油断大敵? エレベーターでの犯罪から子どもを守る防犯対策

私達は街に対して防犯対策の意識を向けて、子どもたちが犯罪に巻きこまれないよう考えていかなければなりません。子どもたちはしっかり犯罪から守られているのかもしれません。しかし、それでも完全と言うことができるでしょうか。

防犯対策の盲点が存在すれば、そこから犯罪は必ず起きてしまうでしょう。 今回ここではマンションのエレベーターについて考えてみました。ここには考え方の違いも若干あるようです。それぞれの人たちが出来る限り結論へと近づけてみましょう。

子どものエレベーターの問題

私達女性たちにも弱者を守る義務があります。しっかり防犯対策について考えていかなければなりませんが、自分だけ犯罪から守られる社会が作られればいいという問題で片付けることは絶対に出来ないはずです。いま、子どもの防犯対策として、いろいろ論議されているのがエレベーターの問題です。エレベーターは、まさに子どもが一人になってしまう可能性のある盲点の場所です。

せめて顔見知りになった女性の人と2人で乗る程度は安心していいのかもしれませんが、男性の場合、顔見知りの人と2人きりでエレベーターに乗ることは犯罪に巻きこまれしまう可能性があると指導することがあるようですね。
子どもがエレベーターに乗る場合は、大人数で乗るか、1人で乗ることを徹底指導しているところもあります。

次の指導では、エレベーターに乗った場合、階数ボタンを押す以前に閉めるを押します。そのような方法によって、誰かが入って来たとき行き先を相手に知らせないことが出来、いざという時には次の階を押しておりることができます。そのときヒトが乗って来たら、そのヒトに階数を押させることを優先します。

エレベーターに乗ったら、階数のボタンのすぐ横に、壁を背にして立ちます。そのような方法によって、犯人に後ろに立たれるリスクをとめることができます。 そのような方法で更に、いざという時、次の階数を押しやすくも出来るでしょう。
エレベーターには、防犯カメラの設置があることもあるので、そのような時にはカメラに映りやすい場所を選択します。エレベーターから降りても部屋へ辿り着くまで後ろをしっかり注意して歩くようにしましょう。

そして、自分の家の非常階段の位置など子どもにもしっかり把握させるようにします。それはいざという時逃げるためではなく、そこが犯罪の盲点であり、犯人がそこに潜んでいる可能性があるからです。犯罪が行われて犯人に逃げ道としても利用されるでしょう。

いろいろ教えても子どもは覚えられないかも

防犯対策の盲点になってしまうからエレベーターなんてないほうがいいという意見もありますが、今後日本は高齢化社会を迎えて、なおさらエレベーターが必須となるマンションも増えてくるでしょう。

本当のことを言えば、子どもにマンションのエレベーター程度のものは何も注意・指導なしに乗っていいよと言いたいのです。しかし、この犯罪率の高い現代社会において、それって非常に危険なことですよね。親の方々は、何かしら子どもに対してエレベーターの指導をしていることでしょう。

親たちは、子どもの防犯対策のためにもっといろいろなことを教えたいと思うものの、子どもにあれこれ教えたとしても混乱してしまうだけではないでしょうか。防犯対策として子どもには、本当に教えなければならないことだけ教えることが大事です。

なのに、ひょっとしたら今現在、大人たちもこのことは教えた方がいいか、この防犯対策で大丈夫なのか、いろいろ迷ってしまっていることもあるかもしれないですよね。親が戸惑っている以上、なかなか犯罪率など軽減させることができないでしょう。

マンションのあいさつ禁止はどうなのか

子どもだけの時にあいさつするのはやめましょうという指導がかなり波紋を呼びましたよね。優しく笑顔であいさつをしてくれるマンション内の人たちを子どもに無視させるなんてそれもどうかという批判的意見もあります。

しかし、犯罪を起こす人物こそ、優しい声かけをしてくる訳ですから、完全な防犯対策はやはり、あいさつをしないことの方にあるのかもしれません。
昔からそのマンションに住んでいるという場合、ある程度コミュニティもしっかりしているので、顔見知りを信用するしかないという意見もあります。その人たちの犯罪性を疑うほど社会はすさんでしまってはいないと言いますが本当なのでしょうか。

ただし、いいコミュニティは、やはりあいさつからはじまるものではないでしょうか。あいさつがないとどんどんそのマンションで誰が住んでいるかわからない状態になってしまい、なおさら犯罪率を高くしてしまうかもしれないですよね。
あいさつをしない習慣が身に付いてしまえば、大人からは失礼な子どもとも思われてしまう機会はいくつもあるでしょう。教育的にも「いろは」はあいさつにあるのではないでしょうか。

しかし大人ならいざという時まだ対処出来るでしょうけど、子どもの防犯対策のためだからこそ、あいさつはしないという指導は必要なのかもしれません。

親同士はしっかりあいさつしあう

実際に犯罪が起こる可能性を考えると子どもに対して、あいさつをしないという指導は現状やむないことかもしれません。しかし、あいさつ抜きの社会など、どんどん頽廃した社会を作り出し犯罪をおびき寄せてしまうようです。
ですから子どもに対してあいさつをしない指導が正しいとしても、親同士はしっかりあいさつしあいコミュニティを作りあげていく必要があります。
親同時があいさつしあうことで、顔見知りの中でも犯罪性の可能性のある人物を見抜くことも大人の目からすることができ、子どもにその人物を警戒するよう指導出来るでしょう。

親同士がしっかりあいさつすることで向きあい犯罪性の少ない住人同士の絆を持つことができます。 そのような方法によって、いざ子どもが犯罪危機に出会ってしまったときに、無関心ではおらず、すぐに助けようというモチベーションを他の人たちも持ってくれることでしょう。
そのようなマンションでも犯罪は起こる可能性はありますが、それでも確率は低いでしょう。比較して大人たちは、子どもにあいさつするなという指導をし、大人同士も相手を疑ってしまっているようなところがあるかもしれないですよね。

大人たちは、マンション内でもっと知り合いを作って、いろいろ子どもの防犯対策について話し合い、意見をまとめて行きましょう。それは、何でも防犯対策を子どもに押しつけてしまうものではなく、子ども視点でのわかりやすい注意喚起です。

そろそろマンションエレベーターにも防犯カメラが必要かも

子どもの防犯対策について、エレベーターに防犯カメラを設置するというのも方法のひとつです。大きなマンションでは防犯カメラをいくつも設置しなければならないため予算がかかってしまう問題もありますが、防犯カメラの設置によって犯罪率軽減に繋げることができ、抑止力にもすることができるでしょう。

ただし、エレベーターに防犯カメラ設置で、住人のプライバシーが侵害されるという問題も同時に考えていく必要があります。プライバシーの問題は考えていかなければならない大事なことですが、プライバシー問題を優先して子どもの防犯対策を後手に回すべきでは決してありません。それは子どもが社会的弱者であるから、大人たちはいろいろな手段を使ってでも守っていかなければならないからです。
防犯カメラをエレベーターに設置すれば100%犯罪から守られたという言い方も正解ではありませんので、大人たちは防犯カメラの存在をあまりにも過信し過ぎない意識が必要でしょう。

まとめ

何もかも満たされた居心地のいい社会ってなかなか構築出来ないかもしれません。子どもの防犯対策を意識すれば、何かを犠牲にしなければならないでしょう。
子どもにあいさつしあうことを禁止すれば、その分社会は何かギスギスした感じになってしまうでしょう。しかし、現状、それが良くないことだとは誰も否定出来ないでしょう。
それだけ子どもの防犯対策は必要だからです。ですから、なおさら私達大人は、社会がギスギスして行かないようにコミュニティの意識を持って向きあう必要があるのではないでしょうか。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 防犯情報サイトを上手に利用して安心と安全を得る方法を身に着けて!

  2. 4月5日はヘアカットの日! 髪の話とショッピングモールでの防犯対策

  3. 地域の防犯パトロールは安全の入り口!空き巣対策から子供の見守りまで

  4. 女性の防犯対策

    女性が日常生活で実践すべき防犯対策

  5. 【奇跡】盲目の男性を救ったNY地下鉄でのお話-ホーム転落時の対処方法とは-

  6. 4割以上が無施錠!? 高層階だから「安心」ではなく「用心深く」!!

  7. 【事後報告がカギ】手口を知って防犯対策!侵入窃盗犯はこうしてSNSを悪用している!

  8. 網戸の防犯

    【徹底検証】網戸の防犯性における落ち度は問題解決出来るのか!!網戸こそがセキュリティーの盲点だった!…

  9. 窃盗症って一体どんな病気?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP