済んでいますか? 家の自転車の【防犯登録】 その意義と効果を再確認!

家の中で考えるべき防犯対策として、【自転車の防犯登録】をしておく認識は既に多くの人たちがお持ちでしょう。このように家でも私達は既に防犯対策と向きあっている訳ですが、あまりに当たり前過ぎる認識によって手抜きが起きてしまっているかもしれませんので、再度しっかりチェックするのも大事です。
自転車の防犯登録は、自転車が盗まれないためのものであり、盗まれてしまっても取り返すための手段と考えていいでしょう。ここでは自転車の防犯登録の意義について検証します。

自転車の防犯登録はしなければならない?

私達は日常生活の中で、自転車の防犯登録程度のものはして当たり前という流れの中で生活をしているかもしれません。しかし、敢えてふと「自転車の防犯登録ってしなければならないものなの?」ということを考えてしまうことがあるかもしれないですよね。
そして、当然してあるものと思っていた防犯登録が、確認すればされていなかったということもあるかもしれません。
家に対して、様々な防犯対策について、再度チェックする必要があります。そこで、「家の自転車の防犯登録をしたほうがいいかな?」という考え自体が間違いです。

家の自転車の防犯登録は、「自転車の安全利用の促進および自転車等の注射対策の総合的推進にかんする法律」第12条に関わる義務です。
ですから、「しようかな?」というのではなく、防犯登録は絶対にしなければならないものです。
ただし、家の自転車を防犯登録しないでも罰則規定がある訳ではありませんので、ここあたりは微妙……と思っている人たちもいるかもしれませんが。
自転車の防犯登録を行えば、ステッカーが付与されることになります。実際には、ステッカーの色やデザインは都道府県で違いがあります。基本、黄色やオレンジといった色合いが多いですが、シルバーを採用しているところもあります。さらに楕円形の形が多いですが、 四角や五角形というところもあります。
家の自転車の防犯登録の管轄は、警察というケースが多いですが、 自転車防犯登録協会という場合もあります。
そこには、警視庁、県警、警察 と言った文言の記載があり、一見このようなものでも、充分犯罪の抑止力を持たせることができると考えることができるのではないでしょうか。
ただし防犯登録をしてもらう場所は、基本警察ではなく、家の近くの自転車屋さんです。

自転車の防犯登録に必要な書類と費用と

みなさんが自転車を購入したら、登録所の指定のある自転車屋さんで防犯登録を行ってください。料金は地域によって違いがありますが、例えば神奈川県では、550円のお金が必要です。
保障証または販売証明書・身分証明書と言った書類が必要になって来ます。防犯登録の書類には、自転車のメーカー、車体番号、車種、タイヤサイズ、カラー、購入者情報、販売会社と言った情報が記入されます。

インターネットで自転車を購入した場合の防犯登録

家の近くの自転車屋さんで自転車を購入すればもっとことはスムーズに進行して行くのかもしれませんが、いまはインターネットを利用して自転車を購入する人たちもいます。
そのような人たちもしっかり防犯登録の意識と向きあう必要があります。

購入した自転車とパスポート・保険証・免許証と言った身分証明を持って、 登録所の指定を受けている自転車販売店で手続きをするようにしてください。自転車の納品書があれば、もっと防犯登録をスムーズに行うことができます。
逆に言えば家の自転車を誰かに売ろうということもおこるでしょう。そのときは、いままであった防犯登録を抹消させる必要があります。抹消手続きの際は登録カードと身分証を持参してください。そして、今度は自転車を購入した人たちが再び防犯登録をする必要があります。
譲渡のシーンでは、 譲渡証明書を作成する必要があります。書き方は自由なのですが、そこでは、譲渡する人と受け取る人の名前、どの自転車を譲渡するのかなどが記載されます。あと必要なのは、自転車防犯登録の控えカード、登録抹消手続きをしたときに渡される自転車防犯登録変更届です。

自転車を買取してもらう

防犯登録についていろいろなシーンを想定することができ、実際にそのようなケースでどう対処していいかわからないと思っている人たちも多くいます。

リサイクルショップで家の自転車を買取してもらうケースも、最近では結構あるのかもしれないですよね。そのようなシーンにおいても、防犯登録は抹消しなければ、買取はNGであるお店が多くあります。
ただし、防犯登録がそのままになっている状態でも買取してくれるお店もあります。ただしそのような時、買取価格が、2,000円近くも下がってしまう場合があるので、やっぱり防犯登録抹消はしなければならない手続きと考えるべきでしょう。
つまりリサイクルショップでは、自転車を再販するためには、防犯登録抹消は必須だから、お店が取る手数料という感じでしょうか。

防犯登録・抹消の意識が曖昧であれば、例えば、あなたの家の自転車をリサイクルショップで買取して誰かがまた購入しますよね。その人が犯罪を起こしたとします。警察も移動手段には自転車が使用されるケースを非常に警戒しているので、ほとんどの場合、自転車が手がかりにされるでしょう。
そのとき、リサイクルショップに売った全然犯罪とは関係のないあなたが、窃盗事件などの犯人に疑われて取り調べを受けるハメになります。実際には潔白はすぐに証明されるでしょうけど、こんな面倒くさい手間は、明確にされてませんが結構の率で起きているようです。
中には、それほど信用できないリサイクルショップもあって、防犯登録抹消なしでそのまま売られてしまうことがないとは限らないので、家の自転車を売ろうと思っているあなた自身がしっかり防犯登録抹消と向きあう必要があるのではないでしょうか。

家の自転車が盗まれてしまった

しっかり防犯登録をしている家の自転車が盗まれてしまった……ということもあるかもしれません。自転車が盗難されてしまった時には、即盗難にあった場所の最寄りの警察署または交番に届を出してください。
自転車防犯登録をしたときに渡された自転車防犯登録控えの「自転車防犯登録甲カード」を持参しますが、紛失してしまった場合でも防犯登録自体はしっかりされているので、 自転車防犯登録所に確認してみましょう。

盗難被害にあった日時、場所、正確な状況などを書類に記入します。
警察からいろいろヒアリングを受けて、盗難届が受理されることになります。だいたい時間は、30分程度かかる場合がほとんどです。

自転車盗難 警察は何をしてくれるの?

家の自転車が盗まれてしまった……。そのとき、結構泣き寝入りをしている女性の方々も多くいらっしゃるようです。
まず、私達がしなければならないのは、家の自転車が盗まれてしまったとき、警察に被害届を出すことです。

そのような意味でも私達は、家の自転車の防犯登録に対して「マスト」という認識を持つ必要があります。
防犯登録によって、家の自転車が戻ってくる可能性も高くすることができ、プラスα犯人を捕まえることができる可能性も高めることができます。
警察では、被害届をみなさんが届けることで、その自転車を使用している人物を発見したら現行犯で逮捕することができます。
盗難届けは結構あっさり受理されるので、本当に警察が何かをしてくれるのか不安な思いをしている人たちもいるかもしれませんね。
警察が、その自転車のために動くということはないのかもしれませんが、警察のデータベース上で情報共有されることになります。そのようなネットワークによって、自転車が見つかれば、あなたに直接連絡は入るでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。家の自転車に対して防犯登録をする大事な意味を再認識していただけたでしょうか。家の中で、あまりにも当たり前過ぎる部分にも、しっかりこのような防犯対策の目が向けられて私達の生活が守られていると言っていいのではないでしょうか。

そのためにも私達は些細な防犯対策ともしっかり向きあう必要があります。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 防犯カメラは目的と設置場所に応じて選びましょう

    防犯カメラのDIYは簡単!購入から設置方法まで3つのポイント

  2. アメリカで急増!カップル同士で行われる「セクスティング」とは?

  3. 【7月28日の事件】関東連続少女殺人事件とは。絶対的な天敵が逮捕された日。

  4. 初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記 その⑫初めての一人暮らしに向けて

  5. 空き巣対策には補助カギで「イラッ」とさせるのが有効!

  6. 【注意】いたずら?ナンパ ?変質者?突然マフラーを引っ張られる被害が増えている!

  7. 【旅行に潜む危険】夜行バスに乗るときに注意したいアレコレ

  8. 空き巣は「窓」からやってくる!空き巣が嫌いな窓ってどんな窓?

  9. 【店舗防犯】コンビニの防犯カメラの映像はどれくらい鮮明なの?お店の防犯対策の実態とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP