注目の記事 PICK UP!

【店舗防犯】コンビニの防犯カメラの映像はどれくらい鮮明なの?お店の防犯対策の実態とは

防犯とは、とにかくそれぞれの家が防犯意識を持ってもすぐに側に隙間を作ってしまうでしょう。街という単位で防犯を考えた場合に、個人単位の防犯対策に隙間ができてしまうとやはり不安です。
それを補うのが、街全体で行う防犯意識です。住人が街の防犯に参加・協力する意識を持つ必要があり、そこに犯罪性ゼロの治安のいい街が作られていくことになります。
今回は街側の防犯、コンビニが行っている防犯対策にスポットを当てました。

コンビニの防犯意識と防犯カメラの活用

女性の方々も夜にコンビニを利用したりすることがあるかもしれないですよね。普段問題なくても、夜の時間、結構コンビニって物騒と思ってしまうのではないでしょうか。そこで防犯対策として有効的に防犯カメラの映像が利用されています。コンビニで防犯カメラ設置がないお店など、最近ではほとんど見つけることができないでしょう。

コンビニでは一番万引き被害が多いです。その対策として、さらに従業員による内引き対策として防犯カメラの映像を利用する率が高かったのですが、最近ではもっといろいろなことに映像は活用されるようになって来ました。
更にコンビニでは、防犯カメラの映像を遠隔監視システムで操作して集客数や商品の売れ行き、お客様の導線をチェックし、販売戦略に役立てているケースもあります。
更に防犯カメラの映像によって、コンビニで仕事をしている人たちの仕事意欲を高めることも出来るでしょう。いちいち厳しくチェックしているということではなく、映像チェックしていい評価をしてもらえれば、もっと仕事を頑張ろうというモチベーションも生まれて来ますよね。

さらにコンビニには、必ずと言っていいほど駐車場もあり、ここも大事なチェックポイントです。深夜、駐車場では、若者が屯したり、違法駐車も後をたたないでしょう。 防犯カメラの映像は、コンビニでは、そのようなシーンでも活躍してくれているのです。
日々、コンビニでそのような防犯意識を持たないことには、集団による万引きなど相当大きな被害に見舞われてしまうかもしれません。 コンビニにおいての防犯カメラの映像は相当大きな期待値があると言っていいでしょう。
深夜不審者が側をうろうろしているのでは、女性の人たちも安心してコンビニの中に入ることができないですよね。 コンビニが犯罪防止に貢献することで、街も治安のいい明るさを取りもどし、女性の人たちが住みやすい街を実現することができます。

そこにあるのは、死角のない町作りです。

コンビニ防犯カメラ設置がもたらすプライバシー侵害

ただしコンビニを利用している人たちもコンビニを利用すれば、いつも防犯カメラで映像が撮られていると思えばあんまり気分良くはないですよね。防犯意識を持つと同時に、私達はプライバシー、個人情報の問題も考えていかなければなりません。

防犯カメラ設置とは別の問題で映像の問題は特別重視しなければならない問題ではないでしょうか。コンビニでの防犯対策としても、映像は重要であり、窃盗や犯罪が起きたとき映像がなくて被害状況が具体的にまとまらないということもあります。それは防犯カメラ設置はあるものの、映像の保存期間などに問題があるのではないでしょうか。

防犯カメラ映像保存の期間

防犯カメラ設置という時には、購入する前に、映像の鮮明さや保存できる量や期間といった点も必ず抑えておきたいです。原則として、防犯カメラを設置して、何日映像を残すかはそれぞれの人たちが勝手に設定可能です。ただし、そうはいうものの、映像データの記録容量には限りがありますよね。
防犯カメラの映像の保存期間があまりにも長かったりすれば、大事な見たいシーンが探しづらいということも起きてしまうかもしれませんし、見たい時にそこの部分が上書きされていた……ということが起きてしまうかもしれません。
防犯カメラを意欲的に設置しているものの、なかなか上手く映像を使いこなすことができない人たちもいるかもしれないですよね。 そして、期間の問題としていろいろなトラブルを回避するために、期間の相場というものもあるので確認しておくといいでしょう。

住宅用の場合は、1週間~10日間あたりです。ATMの場合は1か月~3か月程度と言われています。そしてコンビニの場合は、期間は1週間~1か月程度が相場は言われています。絶対にこれに従わなければならないということでなくあくまでも参考値ということになりますが、コンビニに防犯カメラを設置しようというものの、カメラ自体の性能にも左右されやすいため、相場を意識することも大事では。
市役所や公民館といった公的施設では、市町村ごと映像保存期間のガイドラインがあったりしますが、そのようなものが存在していた方が、防犯カメラをお店の人たちも扱いやすいかもしれないですよね。
だいたいは、防犯カメラの映像は、1か月程度は保存しようという意識は持っているようです。ただし、犯罪性だけでなく、コンビニでも従業員の作業工程などで利用されることもあり、そのときは映像が一年程度のレベルで保管されることもあります。

防犯カメラの性能

防犯カメラ映像保存の期間について考えるなら、防犯用途に扱いやすい期間について考えるとともに、その防犯カメラの機能の限界値についても考えていく必要があります。
おおかた、コンビニで防犯カメラを設置する上でも、バランスを考えてどのような防犯カメラを設置するかという問題になって行くのでしょう。

防犯カメラに期待したい性能は、まず記録媒体の容量です。防犯カメラの映像は、ハードディスクやSDカードと言った媒体に保存することになります。 記録媒体の容量の大きいものを選択すれば、それだけ長い期間の保存を実現することができます。鮮明な映像がいいと思うでしょうけど、それを実現すればデータの容量は必然的に大きくなってしまい、期間は短くなってしまうでしょう。
しかし、映像の画質を落としてしまえば、今度は上手く犯人を特定出来なくなってしまうかもしれないですよね。

カメラのとらえる動画映像というものは、1秒間に何十枚と撮影される連続性のある静止画なのです。設置する人たちには、「フレームレート」も気にして欲しいのですが、フレームレートとは1秒間に何枚の割合で撮影するかを示す数値のことです。
fpsという単位が使用され、5fpsの映像は1秒間に5枚静止映像が撮影される感じです。
コンビニでは、よくカクカクした感じの映像が披露されることがありますが、それは5fps程度の映像が利用されているのでしょう。防犯カメラを設置する人たちが、fpsの高いものを意識すれば、その分データは増えて行ってしまうでしょう。

しかし、コンビニでも防犯対策として、映像を利用するからには、ある程度、fpsを意識して確保するべきではないでしょうか。このようなことを考えると、コンビニでは防犯対策のために、防犯カメラをただ設置すればいいということだけではおさまらなくなって来ます。

しかし、そこまでが私達がしなければならない防犯対策ということができるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。今回コンビニにスポットを当てて、防犯カメラの映像についてお話ししました。防犯カメラについて知ることは、みなさんの生活の上でも、賃貸マンションに住む時などに有効的判断材料に出来るでしょう。
防犯カメラについてもっと知れば奥の深さを感じてしまうことでしょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 警視庁発表の数値から見る防犯対策

  2. 空き巣は窓のガラスを割って侵入!防犯のため窓から外を撮影しよう

  3. 過去の事件に学ぶストーカーへの対処の方法

  4. 気持ち悪い露出魔の被害を最小限に食い止めるために気を付けること

  5. 暖かくなると危険!?露出狂に出くわしたらこう対処しよう!元露出狂がすすめる防犯対策

  6. 放火による火災は立派な犯罪!必要な防犯防災対策とは?

  7. 屋外用防犯カメラの特徴と種類

    屋外に付ける防犯カメラの選び方とオススメ3選

  8. 犯罪被害にあったら防犯カメラは証拠になるのか?

  9. 安全性の高いお店の見分け方は? パトロールに注目してショッピングセンターをチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP