【意外と多い?】置き引きにあったら?知っておきたいその時の対処法とは

日々様々な事件が起こる中で、実際に自分が事件に巻き込まれてしまったらパニックになり、どうしていいかわからなくなりますよね。今回は実際に置き引きにあったらどうすれば良いか、その時の対処法などについてご紹介していきます。

警察に連絡する前にすること

置き引きにあう状況や盗まれる物はそれぞれ違います。今回は財布や財布が入ったかばんが置き引きにあったらという前提で、その時の対処法を紹介します。実際に置き引きにあったらその瞬間パニックなり、すぐにでも警察に連絡したい所ですがその前に落ち着いてすぐにでもやっておくべきことがあります。それはカード類の停止です。

警察に連絡しても1番にすることがカード類の停止になります。交番や警察署に行く間にカードを使われてしまう可能性もゼロではありません。出来れば置き引きにあったらすぐにカード類を止めましょう。

すぐに止めるべきカード

置き引きにあったら被害を拡大させないために真っ先に停めるべきカードがあります。次の2つです。

① キャッシュカード
② クレジットカード

キャッシュカードはATMから出金するのには暗証番号が必要で、簡単には悪用されません。しかしクレジットカードはサイン1つで買い物が出来てしまいます。最近はデビットカード付きのキャッシュカードも増えて来ていますので、この2つのカードは絶対に止めましょう。

カードの止め方は簡単です。カスタマーセンターに電話して機能を止めてもらうだけです。携帯やスマートフォンで銀行名やクレジット会社名を検索してカードの盗難ページに飛び、問い合わせ番号にすぐに電話しましょう。

もし手元に携帯やスマホが無い場合は104で銀行名やクレジット会社名と盗難にあった事を告げ、カスタマーセンターの番号を聞けば正しい番号を教えてくれます。携帯やスマホが一緒に盗まれた場合は携帯会社にも電話して止めてもらいましょう。

またすぐに電話をする術が何もない場合は、公衆電話で110番をするか、誰かに警察に連絡してもらいましょう。

他のカードはどうするの?

置き引きにあったら他のカードはどうするのか、一般的に財布に入っているだろうと思われるカードについて紹介します。

レンタルカード

レンタルDVDなどのカードは借り逃げをされる可能性がありますが、基本的には店舗に行っての手続きになりますので警察への連絡を優先します。

交通系ICカード

残高が多く入っているSuicaなどのカードは、置き引きにあったら使われてしまう場合があります。記名式にしてある場合は駅の窓口に行けば入金残高を保証して再発行の手続きが可能です。しかし身分証明書が無いと手続きができませんので警察への連絡が優先されます。

保険証や免許証

保険証と免許証に関してはどちらも停止という選択肢はなく、再発行の手続きが必要になります。それには警察へ行って手続きが必要になりますので警察への連絡が先となります。

警察に連絡してからのこと

置き引きにあったらまずはカードの停止をして警察に連絡をします。そして置き引きにあったことを伝えたら、あとは警察官の質問に答えるだけです。おそらく最寄りの交番か警察署に行くことになります。そこでは被害届か遺失物届のどちらかを出すように言われます。

被害届と遺失物届どちらを出すべき?

置き引きは犯罪ですので、実際に置き引きにあったら被害届を出すというのが一般的な考えでしょう。しかし置き引きのように犯人が特定できていない場合は、警察官は遺失物届の提出を進めてきます。警察は被害届を出されて受理されれば現場検証をして、捜査を開始しなければならないからです。

その現場に置き引きの証拠がある場合は良いかもしれませんが、特に何もない現場の場合は警察でも手の施しようがないのです。また被害届を出してしまったら財布やかばんが遺失物として警察に届けられても被害届を出す部署とは違うので、持ち主に連絡が来ることはありません。

さらに遺失物届を出して財布が戻ってきた後に、盗難だという事を裏づける証拠や資料が見つかれば盗難届を改めて出すことも可能です。ともあれそれぞれの状況によりますので置き引きにあったら警察官に良く相談してどちらを出すか決めましょう。

後日やるべきこと

警察に行って遺失物届か被害届を出せばあとは待つだけです。しかし財布が置き引きにあったらやることが多くあります。それはカード類の再発行です。財布に何を入れているかで変わってきますが一般的な例を紹介しておきます。

クレジットカードの再発行

クレジットカードの再発行は電話で簡単に出来ます。通常は再発行の手続きから約2週間くらいで手元に届きます。

キャッシュカードの再発行

キャッカードの再発行も電話で出来ます。通常は電話をして再発行用の用紙が郵送されてきます。その用紙を持って口座を作った銀行へ行き手続きすれば完了です。その後1週間くらいで手元に届きます。

免許証の再発行

警察署又は最寄りの免許センターへ行って再発行の手続きをします。その際警察に届けを出していることを伝えて、所定の用紙に記入しましょう。免許センターの場合は通常即日の再発行も可能ですので、遠くてもそちらがおすすめです。

保険証の再発行

国民健康保険の場合は区役所・市役所などの所定の課で、会社勤めの場合は総務などを通して健康保険組合や全国健康保険協会に連絡して再発行してもらいます。

そのほかのカード

レンタルカードや交通系のICカードを始め、病院の受診カード、店のメンバーズカード、ポイントカードなど必要なものを思いだして、それぞれの店や窓口にいって再発行の手続きをします。

置き引きにあわないための防犯対策

ここまで紹介してきたことを見ると置き引きにあってしまったら身体的にも精神的にも本当に疲れ果ててしまいます。1番は置き引きにあわないようにすることです。ここからは置き引きにあわないための防犯対策を紹介していきます。

① 駅構内や空港の待合室など不特定多数の人が集まる場所では、注意が散漫になりがちなので、貴重品が入った荷物から目を離さないようにしましょう。
② 電車内では網棚には貴重品が入ったかばんは置くのをやめましょう。また電車内で寝ないようにして、もし寝てしまいそうなら貴重品が入ったかばんは膝の上に置いて抱え込みましょう。
③ 外出したらなるべくイヤホンで音楽を聞いたり、スマートフォンに集中するのは止めましょう。
④ レストランや映画館では貴重品が入った荷物を置いたまま席を離れないようにしましょう。友人などと一緒でも油断せずに貴重品を管理することが大切です。
⑤ 日頃から「何が起きるかわからない」と思って防犯意識を持ちましょう。

まとめ

置き引きにあったらどうすれば良いか紹介してきましたが確認すると次の通りです。

① 事件当日はキャッシュカードとクレジットカードを停止して警察へ行き、遺失物届か被害届を出しに行きます。
② 事件の後日はキャッシュカードとクレジットカード、免許証と保険証の再発行の手続きをしに行き、その他必要なカードの再発行の手続きもしに行きます。

1番良いのは置き引きにあわないことです。出来る限りの防犯対策をして置き引きにあわないようにしましょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. コロナ休業中のお店を狙った「水泥棒」が出没!お店の外も防犯対策を!

  2. 【SOS】ピザの宅配で九死に一生?〜機転を利かせた勇気ある行動〜

  3. 【恐怖】好意が暴走したストーカー男が取った気持ち悪い行動とは?

  4. 【世界の未解決事件】まるでマネキン…切り裂きジャックの次に恐ろしい!ブラック・ダリア事件…

  5. ひな祭りの由来にちなんで女の子のための防犯対策を!

  6. 一人暮らしこそ知っておきたい怪しい人物の見分け方

  7. 夏におすすめドキッとする泥棒&誘拐映画5選。映画館での防犯対策も確認!

  8. 地域安全の問題に貢献する!防犯パトロール隊の活動と手引き

  9. 【ミニスカートの日】女性がファッションを楽しむための防犯対策!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP