意外と知らない? ひな祭りの由来と、春に起こる犯罪と防犯対策

3月3日はひな祭りです。ひな祭りというと女の子の行事とかひな人形、桃の節句などをイメージしますが、意外と本当の意味とか由来とかを知らない人が多いのではないでしょうか。今回はひな祭りの由来と、このひな祭りの季節に起きやすい犯罪についてご紹介していきます。

ひな祭りの由来

ひな祭りは桃の節句と言われていますが、本来は古代中国から伝わった五節句という行事の1つ「上巳の節句」の事を言います。この節句という言葉の節は季節の変わり目という意味で、昔から季節の変わり目には邪気が入りやすいとされてきました。

その邪気が入りやすい季節の変わり目に無病息災や豊作などを願い、お供え物をしたり邪気を祓う行事が行われるようになったことから五節句ができ、ひな祭りの由来でもある上巳の節句もできました。

中国の上巳では川で身を清める習慣がありましたが、日本では紙などで作った人形で自分の身体を撫でて穢れを移し、川に流すことで邪気祓いをする行事が広まりました。この風習が現在でも残るひな祭りの行事「流し雛」とルーツと言われています。

またこの上巳が日本でも広まり始めた頃に平安時代の貴族の子どもたちの間で「雛あそび」と呼ばれる人形遊びが流行しました。現在のおままごとに近い遊びで、その人形と流し雛が結びついて現在のひな人形ができたと言われています。

ともあれひな祭りはもともと季節の変わり目に入りやすい邪気を祓う行事です。それが時を経て女の子の邪気を祓うのに加え、女の子の成長も願う行事になったのではないかと言われています。

ひな人形ってそもそも何の人形なの?

ひな人形自体の由来は前述しましたが、昨今よくある7段飾りのひな人形にはどんな意味があるのでしょうか。実は1番上の豪華な衣装を着たお内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)は日本の天皇陛下と皇后さまをあらわしているのです。

その下の3人官女はお内裏様とお雛様に仕える3人の賢い侍女です。その下の5人囃子は能楽のお囃子を奏でる5人の男の子、さらにその下の2人はお内裏様とお雛様を守る用心棒です。向かって左が若者の用心棒、右が年寄の用心棒となっています。そして1番下に居る3人は仕丁と言って、お内裏様とお雛様にお仕えする雑用係です。

春に起こる犯罪

ひな祭りはもともと邪気を祓う行事とのことでしたが、日本ではひな祭りの時期に起こりやすい犯罪があります。よく暖かくなる春先に不審車や変質者が出ると言われ、女性が狙われる犯罪が増えてきます。痴漢、公然わいせつ、強制わいせつなどの犯罪です。

その原因の1つとして春先という季節が考えられます。春の時期は木の芽時と言われ、木の芽や虫が冬を超え動き出す季節です。人間にとってもこの季節は様々な環境の変化が起きる季節で自律神経のバランスが崩れ、精神的に不安定になりやすいと言われています。そのためストレスの解放を求めて女性を狙った犯罪は増えると言われているのです。

女性を狙う犯罪から身を守る防犯対策

ここからは春先に起こる女性を狙った犯罪、痴漢や強制わいせつ罪などを防ぐ防犯対策を紹介していきます。まずは電車での痴漢を防ぐ対策です。

1.電車に乗る時は周囲に気を配り、不審な人がいる車両は避ける。
2.女性専用車両がある場合はなるべくその車両に乗る。
3.混んでいる車両に乗る時はなるべく女性の隣や前など、安全な立ち位置を確保して乗る。
4.電車に乗る時はなるべく服装に気をつけ、露出度の少ないものを着る。
5.万が一痴漢に遭遇してしまった場合は勇気をだして声をだす。出来れば犯人の触っている手を捕まえて上にあげる。

次に公然わいせつや強制わいせつに遭わないための路上においての防犯対策です。

1.夜間の1人歩きはできるだけ避ける。
2.駅から家までの道のりを複数把握しておき、夜間に歩く時は人通りが多く明るい道を歩くようにする。
3.停車している車の中に人がいるのを発見したら、中に引きこまれない程度の距離を取る。
4.夜間に暗い道を歩くことになったら携帯電話で話すふりをして、何かあったらいつでも誰かに連絡できることをアピールする。
5.防犯ブザーやホイッスルを携帯し、常に鳴らせる状態にしておく。

最後に最近マンションなどのエレベータの中で女性が被害に遭う事件が起こっていますので、エレベータ内での防犯対策も紹介しておきます。

1.エレベータ内は密室で危険となるために、乗る前は周囲を確認して乗るようにする。
2.1人で乗っていたにもかかわらず途中で誰か乗ってきて、怪しい人と2人きりになってしまったらすぐに次の階で降りる。
3.エレベータに乗るときはいつでも停止ボタンや緊急ボタンを押せるように、操作ボタンの近くに立ち位置を取るようにする。
4.少しでも怖いと思ったらボタンをすべて押して止まった階で降りる。

まとめ

もともと邪気を祓ったり厄を祓ったりするという意味のひな祭りですが、この春先の同じ時期に女性を狙う犯罪が増えるのは偶然とは思えません。暖かくなると気持ちも緩んできますので、油断するとなくしっかりと防犯対策をして楽しい春を迎えましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 今さら聞けない窃盗と刑罰・懲役などについての基礎知識

  2. インスタ映え注意!海外旅行では撮影中にスキありっ!

  3. 設置していた防犯カメラに男性が映っていたら?

  4. 後悔をしない物件選びのポイント!

  5. 不審者対策ヘッダー画像

    【注意】慣れはじめが怖い! 見極めたい不審者の特徴!!

  6. 天使のささやきの日に子供にも教えたい防犯の合言葉「ひまわり」

  7. 【ワースト5】海外旅行で足を踏み入れてはいけない都市とは・・・?

  8. 防犯設備士ってどんな資格? どうすれば取れるの?

    防犯設備士とはどんな資格なの?試験費用や取得するまでの流れを解説

  9. 防犯グッズは値段ではなく、自身が使いやすいものを!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP