3月27日はさくらの日! お花見の時に気を付けたい防犯対策

3月27日はさくらの日です。桜と言えばお花見ですよね。しかし残念ながら美しく楽しいお花見にもトラブルや犯罪の危険性があるのです。今回はさくらの日とお花見スポット、そしてお花見に潜む犯罪とその対策についてご紹介していきます。

さくらの日とは?

私たち日本人にとって花と言えば桜というほど特別な花です。古来桜は「さ=田の神」「くら=神の宿る場所」と意味づけ、稲の神が宿る木とされてきました。そんな神聖な木である桜が、環境破壊が深刻化してきた1964(昭和39)年頃、特に河川敷で衰弱しその数が減ってしまいます。

そしてその年の東京オリンピックをきっかけに日本さくら会が結成されました。全国各地の桜の木を保護し、桜を通じて国際親善を図ってきました。そしてそのさくらの会が1992(平成4)年に毎年3月27日をさくらの日と制定したのです。

ちなみに何故3月27日かと言うと、3×9=27という掛け算式の3×9をさくらと読みその答えである27日が、桜が咲く頃であることから3月27日としたと言われています。

さくらと言えばお花見!日本のお花見スポット10選

日本では桜と言えばお花見ですよね。お花見はもともと貴族や武家の風習でした。桜の散りゆく姿と武士の潔さが重なり、武士たちも桜を愛でるようになりました。豊臣秀吉も山城三宝院や奈良吉野山で花見をおこなったという記録が残っています。

そんな古くから続くお花見ですが、現在全国津々浦々にお花見スポットがあります。ここでは10か所のお花見スポットをご紹介します。

①五稜郭公園(北海道)

塀の内外に植えられた約1600本の桜は咲くと圧巻です。

②北上展勝地(岩手県)

悠然と流れる北上川の河畔にあり、東北有数の桜の名所として有名です。

③白石川堤一目千本桜(宮城県)

白石川堤には隣町まで約8キロにわたって桜並木が続いています。

④鶴ヶ城公園(福島県)

ここには約1000本のソメイヨシノが植えられていて見事な公園となっています。

⑤大宮公園(埼玉県)

広大な敷地内に約1000本の桜の木が作るトンネルは圧巻です。

⑥上野恩賜公園(東京都)

首都東京にある公園で春は桜、その他の季節も美術館や動物園があって楽しめる公園となっています。

⑦大阪城公園(大阪府)

園内に約3000本の桜が咲き都会のオアシスと言われています。

⑧又兵衛桜(奈良県)

樹齢300年とも言われる、しだれ桜が有名です。背景には桃の花も咲きとても綺麗です。

⑨嵐山(京都府)

ここは春の桜、秋の紅葉と代表的な景勝地となっています。

⑩福岡城址・舞鶴公園(福岡県)

約1000本の桜咲き誇り、夜にはライトアップも美しい場所となっています。

お花見で起こるトラブルや事件とは?

日本伝統の春の風物詩であるお花見ですが、残念ながら花見客を狙った犯罪が増加しています。お花見に起こりやすい犯罪は次のようなものがあります。

窃盗

お花見する場所は混雑していることが多く、また知り合いと一緒だという安心感からスリや置き引きに非常に遭いやすくなります。

痴漢・盗撮

お花見会場は不特定多数の人が集まり、痴漢や盗撮の被害に遭う事が多くなります。特に夜桜見物の現場はあたりが暗いために痴漢や、強制わいせつなどの犯罪も増えると言われています。

暴行・傷害

お花見ではお酒を飲むことが多く気分が高揚し、自分たちだけが盛り上がって周囲とトラブルが起きやすくなります。ケンカなどに巻き込まれ暴行されたり怪我を負ってしまったりしてしまうケースもあるのです。

お花見で事件に巻き込まれないための防犯対策

せっかくの楽しいお花見を台無しにしないために、自らの身は自ら守らなければなりません。さらにこの時期はお花見会場だけではなく、留守にしがちの自宅の防犯対策も大切となります。それらを踏まえてこの時期の防犯対策は次の通りになります。

・お花見会場では着ている上着にスマートフォンや財布を入れておかず、肌身離さないようにする。
・デニムなどの後ろポケットにスマホや財布を入れておくと知らぬ間に盗まれる可能性もあるので入れない。
・お花見に行くときは、荷物は最小限にする。
・バッグを持っている場合は前に抱えるように持つ。
・お花見に行くときは服装に気をつける。露出が無い服装にして地面にレジャーシートに座ることが多いため、スカートも避ける。
・夜桜を見に行く時は防犯ブザーなどを持っていく。
・お花見に行くときは自宅の防犯対策をしっかりとして行く。
・特に1人暮らしの場合は自宅に居ない事が分かってしまうため、スマートフォンで桜の写真を撮ってもすぐにSNSに載せないようにする。

まとめ

これからのシーズンは季節も暖かく桜も咲き気持ちが良いですよね。しかしそこにつけ込んでの犯罪を企んでいる輩もいるので十分に気をつけて対策をし、全ての面で楽しい季節にしていきましょう。

関連記事

  1. 【無理がある】授業中に下半身を露出した教師、「覚えていない」で罪を逃れようとする

  2. 【梅雨目前】梅雨入り前に確認したい、雨の日に特に注意すべき防犯ポイントとは

  3. 20代女性は、日本国内でもスリへの対策をしよう!

  4. 夜間の侵入に要注意! 窓ガラスの防犯対策は万全に!!

  5. もう許さない!痴漢が起こるのは混んでいる場所?そこには犯人の罪の認識の甘さもあった

  6. 防犯目線で行うべきプライバシー対策のポイント8選

  7. 痴漢被害に遭わない・遭っても泣き寝入りしないために取れる対策

  8. 台風の被災地で侵入盗被害が発生中。空き巣を理解して犯行を阻止しよう!

  9. 海外旅行は“保険”には入るべき?保険加入も防犯対策のうち!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP