コンビニの利用に注意?ひとり暮らしの女性の防犯対策6選

不審者による痛ましい事件が相次ぐなか、自身を守るためには防犯対策が必須です。
本記事では、コンビニの利用方法を中心に、意識するべき防犯対策を6つに分けて紹介していきます。

ひとり暮らしの女性はコンビニを利用しがち

ひとり暮らしの女性が物件を選ぶさいに、多くの方が「駅+コンビニ」が近くにあることを意識しますよね。
自宅から近い場所にコンビニがあれば、いつでも気軽に買い物ができてるため、生活面でかなり便利です。

公共料金などの支払いも手軽におこなえますね。
そのため、夜に仕事から帰り、荷物を置いて着替えてからコンビニに直行するのが日課になっていませんか?

もし上記の行動をしている方は、本記事に記載されていることに一度目をとおしてください。

コンビニでターゲットを探している不審者がいる

コンビニでは、稀に性的暴行のターゲットを探している不審者がいます。
非常に心が荒む話ですが、これは事実です。

不審者がコンビニでターゲットを探しているのは、コンビニの環境が原因。
自宅から近くのコンビニを利用する女性がほとんどと言えば、多くの方がはっとするのではないでしょうか。

家から数分ということは、自宅がバレる危険も自然と上がってしまうのです。
また、コンビニで販売されている野菜などの商品の多くは、お1人様用で販売されています。

スーパーマーケットよりもコンビニのほうが、ひとり暮らしに適した場所だと知っているのです。
不審者にとって、ひとり暮らしの女性は格好の的。

自宅から近い場所で毎回ひとり暮らしだと分かる買い物をしていると、不審者に目をつけられる危険が高まってしまいます。
コンビニは確かに便利ですが、意識的に利用しなければあなたの身に危険を及ぼしかねません。

防犯意識は高く!コンビニ利用時の防犯対策6選

ここからは、最低限の防犯意識を持つために、コンビニ利用時の対策方法を6つ紹介していきます。

① 同じコンビニを利用しない
コンビニを利用すること自体は、そこまで問題ではありません。
ただ、何も防犯対策を意識せずに行動することが危険なのです。

例えば、同じコンビニで夜ご飯を買って、公共料金も同じコンビニで払い、なにかオヤツが食べたくなった時にも同じ…となっていませんか?
どうしても、同じコンビニばかり利用している女性は不審者の標的になりやすいです。

公共料金をコンビニで支払うだけで、ひとり暮らしだと悟られる危険が上がります。
そのため、最寄りのコンビニを多用することは控えるようにしましょう。

曜日ごとにとは言いませんが、会社近くや駅の近くのコンビニを意識して使い分けることがおすすめです。

② 夜遅くはコンビニ自体の利用を控える
可能であれば、夜遅くにコンビニを利用することは控えましょう。
自宅から近いだけに気軽に通えてしまいますが、それだけ危険な目に遭うリスクも高まります。

最近では24時間営業をおこなっているスーパーも増えていますしね。
毎回購入しているお菓子などがあるなら、事前に買いだめするなどの対策を考えましょう。

③ ひとり暮らし感を出さない
コンビニを利用時にひとり暮らしだと悟らせないことも、立派な防犯対策です。
例えば1本のジュースを買うのではなく、2本買うように意識するだけでも防犯対策になります。

同様にお弁当やお菓子なども、1つではなく2つ購入するようにしましょう。
こうすることで不審者は“この人はひとり暮らしじゃなさそうだ”と思わせることができるのです。

④ 後を付けられていないか確認する
後を付けられていないか確認する行動は、コンビニに限った話ではありません。
ひとりで外出したさいには必ず意識しておこなってほしい防犯対策です。

不審者は夜遅くにコンビニを利用する女性のほとんどが、自宅までの距離があまりないことを悟っています。
そのため、女性側に気づかれないように尾行し、鍵を開けるタイミングで暴行を加えるケースも少なくありません。

まずはコンビニに入った後に、一度周囲の利用客をそれとなく見ておきましょう。
必要な商品を購入し、退店後に振り返り不審な人物が付いてきていないか確認してください。

その都度、一定の間隔で後ろを確認することはもちろん、部屋にはいる前にも十分に周囲を確認してから解錠するようにしましょう。

⑤ 狙われやすい行動をとらない
ターゲットにされやすい女性の特徴として、無警戒だったという点があげられます。
そのため、イヤホンを付けて音楽を聞いたり、スマホを見ながら歩かないようにすることも意識しなければいけません。

また、トボトボと歩くのではなく、早歩きで移動するというのも、1つの防犯対策となっています。
いざという時にすぐに対応ができるように、周囲の状況を確認できるよう行動をとりましょう。

⑥ 部屋着などだらしない格好でコンビニを利用しない
最後に、コンビニを利用するさいの格好についてです。
仕事から帰宅した後にコンビニに行く時は、どうしても格好が部屋着になりがち。

また、バッグを持たずに携帯とお財布だけで外出していませんか?
部屋着でメイクもせず、クロックスを履いて行くと、“近所に住んでいるな”と不審者に目を付けられてしまいます。

コンビニに行くのにちゃんとした服を着るのはめんどくさいと思いますが、最低限の身なりは整えるようにしてください。

ひとり暮らしの女性が意識する防犯対策まとめ

本記事では、コンビニの利用方法について紹介しました。
日常的に防犯対策を意識している女性でも、同じコンビニを利用してしまっている方は少なくありません。

被害に遭うと1番ダメージを負うのは精神面です。
夜道が怖くなり外出できなくなってしまった方も数えきれないほどいます。

「自分のことを大切にしている」ことは、「防犯対策を意識的におこなう」ことと一緒。
改めてコンビニの利用方法を考えてみてください。
女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 泥棒の侵入経路は窓が一番多い?侵入されにくい窓にする防犯対策

  2. QRコードとスマホで、行方不明になった認知症の高齢者を探せる?新たな見守り方法を発見!

  3. 盗撮やのぞきは常習化しやすい?性依存症者が初診にかかるまでの時間とは。

  4. 年末年始は空き巣が増えるって知ってる?空き巣を遠ざけるポイントをチェック

  5. 【注意】不動産業者を装った警察官、女性宅に侵入してわいせつ行為をはたらく

  6. あなたも盗撮されているかも?知っていれば怖くない!盗撮のパターンをご紹介

  7. こんな女性が狙われる! 性犯罪の犯人による防犯対策とは?

  8. 電車内で不審な行動をする「乳首おじさん」その正体とは…

  9. お店の電源を勝手に借りるのは犯罪だった?

    窃盗罪とは?意外と知らない実は○○も窃盗だった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP