暮らしの防犯!犯罪被害の通報窓口一覧

犯罪や事件が発生していなくても、ストーカーやDV行為、近隣住民のトラブルなどに悩んでいる方もいるはずです。
本記事では、犯罪に巻き込まれないための防犯対策として、各専門相談窓口や通報先などを紹介していきます。

犯罪が起きる前に!生活の不安は#9110に通報

日々の生活のなかで、どうしても治安や人間関係での不安がある。
そんな時、警察に110番通報して良いか迷ってしまいますよね。

まだ犯罪や事件が起きたわけではない場合、まずは通報ではなく、警察の相談窓口を利用することをおすすめします。
警察はそれぞれ警察総合相談室という部署を設けていて、そこに住む方達の不安を取り除くべく、幅広い内容の相談を受け付けているのです。

警察の相談窓口は最寄りの警察署に足を運ぶのはもちろん、電話からでも相談できます。
その際の電話番号は#9110です。

受付時間は平日8:30~17:15分までとなっています。

#9110と110番通報との違いは?

犯罪や事件が起きていない段階で利用する番号が#9110。
一方で、すぐに駆けつけなければいけない緊急性の高い状況下では110番通報を利用します。

意外と110番通報の正しい使い分けがされていないのが現状です。
年間の通報件数は900万件を越えていますが、その中には免許更新や違法サイトからの督促状など、緊急性のない内容が全体の5分の1、つまり180万件が110番通報ではなく#9110に相談する内容だと言えます。

平成27年度は約3.4秒に1度のペースで通報を受理していました。
それだけ、本来緊急を要する事件や事故への対応が遅くなるリスクもあるのです。

あくまでも110番通報は緊急時、#9110は未然に防ぐための防犯対策として利用しましょう。

#9110に相談してからの流れ

#9110の相談窓口に在籍しているのは、警察安全相談員などの専門職員です。
相談者のプライバシーについてはもちろん、精神状況などの心情にも配慮しながら応対してくれます。

ここでの主な対応は以下のとおりです。
? 相談内容が専門的な内容であった場合は、より特化した相談先を紹介してくれる
? 正しい防犯対策の指導や、相手方への警告など、未然に犯罪を防ぐ防犯活動

#9110に対する相談内容は多岐に渡ります。
相談内容が専門的であればあるほど、正しい対応をするためには、知識や経験が必要不可欠です。

そのため、#9110は性犯罪被害者を対象とした専用の相談窓口や、消費者センターなどへの引き継ぎの役目も担っています。

#9110に集まる相談内容

#9110やその他の相談窓口を介して、警察が対応した相談内容は平成27年時で200万件を越えました。
年々増加傾向にあり、防犯対策や近所トラブルなどの人間関係、刑事事件に関する相談が増えています。

特に防犯についての相談が多く、男女間の暴力や迷惑電話、変質者の出没情報等など多岐に渡ります。
犯罪被害に遭う前に相談することで、防犯対策に繋がっているのです。

事実、相談者の近隣のパトロールを強化したことにより、条例違反として不審者を検挙したケースも少なくありません。
自身を守るためにも勇気を出して相談窓口に相談してください。

警察内の主な専門窓口

警察は#9110以外にも、専門的なケースに対応するために、正しい知識を持った相談窓口を設けています。
ここでは、その専門的な相談機関をそれぞれ紹介していきます。

① 性犯罪被害者相談電話
性犯罪に遭われた方が相談しやすい環境を整備する目的で、性犯罪被害者相談電話が設けられました。
全国どこでもつながる短縮ダイヤル番号(#8103)にかけることで、発信した地域を管轄する専門窓口につながります。

都道府県によって受付時間は変わります。
詳しい情報は、コチラ(https://www.npa.go.jp/higaisya/seihanzai/seihanzai.html)からご確認ください。

② 匿名通報ダイヤル
匿名通報ダイヤルとは、性犯罪の被害に遭っている方の早期保護等を図る目的で、警察庁から委託された民間団体が市民からの通報やメールを受け、その情報を警察に提供し捜査や防犯に役立てるというものです。
自己の特定や刑事手続への協力を敬遠し、通報をためらっていた方達からの有益な情報を集める目的で作られました。

電話番号は0120-924-839、受付時間は平日の9時30分~18時15分となっています。

③ 犯罪被害者支援ダイヤル(法テラス)
法テラスは犯罪被害に遭った方やその家族が、最も適切な支援を受けられるように被害内容や現在の状況、ニーズに応じた支援情報を提供する相談窓口です。
場合によっては弁護士費用援助制度の案内など、幅広い対応を実現しています。

電話番号は0570-079714、受付時間は平日9時00分~21時00分、土曜9時00分~17時00分です。

④ 薬物乱用防止相談窓口機関一覧
あなたや友人、家族、恋人が薬物乱用による問題を抱えている場合は、精神保健福祉センターや保健所、もしくは近くの薬物乱用専門の相談窓口に相談してください。
薬物のみではなく、アルコールなどの依存症についても同様です。

もちろん、ここでの情報はすべて守秘義務となっています。
都道府県別に設けられているので、詳しくはコチラ(https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/other/madoguchi.html)から確認してください。

⑤ サイバー犯罪相談窓口
インターネットの発達により、生活面での利便性が向上しました。
しかし、それにより新たな犯罪も多方面で発生し、ネットを介して起きる犯罪を「サイバー犯罪」と呼んでいます。

サイバー犯罪とは大きくわけて「コンピュター犯罪」「ネットワーク利用犯罪」「不正アクセス」の3つです。
ウィルスを送りサーバーをダウンさせたり、ネット上でわいせつ物を載せたり、覚醒剤を売ることも該当します。

サイバー犯罪相談窓口では、防犯意識を高めるための「教育・啓発活動」「相談応対」「捜査」の取り組みを実施。
インターネットを使用していれば誰でも巻き込まれる危険があります。

都道府県別に連絡先が分かれていますので、詳しくはコチラ(https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm)で確認してください。

⑥ 拳銃110番報奨制度
拳銃110番報酬制度とは、「拳銃を持っている人物を見た」や「インターネットで拳銃が売られている」という情報を受け付け、通報の情報によって拳銃が押収され、なおかつ被疑者が検挙された場合、1丁につき10万円を目安とした報奨金が振り込まれるという制度です。

過去10年間で5,000丁以上の拳銃が押収されている現実を危惧し、拳銃による被害者をこれ以上生まないために設けられました。
電話番号は0120-10-3774(じゅう みななし)です。

犯罪被害の相談窓口まとめ

本記事では、すでに起きた犯罪やまだ何も起きていないけれど悩んでいる方が相談するべき相談窓口を紹介しました。
#9110は警察が備えた相談窓口の顔のような存在です。

内容によっては警察への通報を進められたり、より専門的な窓口を紹介されます。
緊急性を要していないけれど、不安や悩みを抱えているという方はとりあえず#9110に相談してみてください。

プライバシーの観点はもちろん重視したうえで、適切なアドバイスが受けられますよ。
また、最初から相談するべき専門窓口が分かっているのなら、そちらに相談しても良いでしょう。

自身の安全や防犯性を高めるためにも、気軽に各相談窓口を利用してくださいね。

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 事件も犯罪も近づけない! 女性のための防犯対策の「イ・ロ・ハ」を再認識

  2. 【7月26日の事件】19人犠牲のやまゆり園事件から3年。襲撃に耐えうる防犯はあるのか

  3. あなたの家の窓ガラス、空き巣は狙いやすいって気づいてるかも!?

  4. マンションも空き巣に狙われている!危険な場所や時間帯は?

  5. 【権力には屈しない】 パワハラの定義と対策を要チェック!

  6. 【女子大生の日】一人暮らしの女性必見、プチプラ防犯対策グッズ!!

  7. 【今日の事件簿】三鷹ストーカー事件から6年。被害者は「二度」殺された。

  8. 窃盗と強盗の違いって? 犯人の手口はどんなものがある?

  9. 地域住民で協力して防犯情報を収集すれば効果的な防犯対策ができる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP