【海外旅行好きの人必見】タイの首都バンコクの最新治安情報と軽犯罪4選!

東南アジアのゲートウェイことタイの首都バンコクですが、治安は日本よりも悪いです。
そこで本記事では、2019年時点での最新治安情報や軽犯罪の被害を5つに分けて紹介します。

タイの首都バンコクの最新治安情報

タイは日本人にも人気の高い観光スポットです。
ストレスがたまって海外旅行に一人旅したい女性も、多くの方がタイの首都バンコクを選択肢にあげるでしょう。

結論から言って、バンコクの治安は日本よりは悪いものの、旅へ行くのを諦めるほどではありません。
事実、外務省もバンコクへの注意勧告はレベル1の「十分注意してください」のまま継続しています。
参照:外務省 海外安全ホームページ タイ

少なくとも、バンコクは日中なら女性の一人歩きも安心なレベルです。
ただし、十分な防犯意識とバンコクの基本情報は頭に入れておく必要があります。

バンコクの危険なエリアは2つ

バンコクにも治安の悪いエリアが2つあります。
それは、パッポン通りと王宮・エメラルド寺院の2つです。

観光したいという方は、少なくとも夜に移動をしないことを意識しましょう。

パッポン通り

パッポン通りは夜の繁華街として有名なバンコクの観光スポット。
これは日本でも同様ですが、夜の繁華街はぼったくりに注意しなければいけません。

見た目は普通の飲み屋でも、法外な代金を請求されることがあります。
また、女性一人で夜道を歩くのはやはり危険です。

ナンパやつきまといなどのトラブルに巻き込まれないためにも、十分注意して行動しなければいけません。

王宮・エメラルド寺院

バンコクの観光名所として名高い王宮・エメラルド寺院。
毎日多くの観光客で賑わうだけに、スリや置き引きに気をつける必要があります。

集団でスリを行うプロの集団もいるため、不用心な観光客はまずカモにされるでしょう。
日本人は特に自国の治安が良いだけに、防犯意識が低い方が多く居ます。

ターゲットにされないためにも、スリ対策は必要不可欠です。
海外旅行時のスリ対策は下記の記事からチェックしてください。

バンコクのテロ状況は2015年以降起きていない

タイの首都バンコクでは、2015年の8月に爆発テロが発生しています。
最初はヒンズー教寺院のエラワン廟で発生し、2回目はサパーンタクシン駅前の船置き場で発生しました。

最初のエラワン廟では死者20人、そのなかには日本人も1人含まれていたとのことです。
このテロ事件は、同年7月に起きたイスラム教徒のウイグル族100人を強制的にタイ自国から送還したことが原因だと囁かれています。

とはいえ、それ以降はテロによる事件が発生していません。
もちろん不測の事態に巻き込まれないように、最新情報はいつでも抑えておく必要がありますが、現状ではテロを恐れて旅行をストップするほどではないでしょう。

タイで発生している犯罪4選

タイではスリ・トランプ詐欺・ぼったくり被害・睡眠強盗・わいせつ犯罪の5つの犯罪が起きています。
“やっぱり危険じゃん!”と思われるかもしれません。

しかし、ちゃんと対策しておけば被害に遭うリスクは低いです。
下記ではタイで犯罪被害に遭わないために、手口と対策をそれぞれ解説していきます。

スリ

世界中で発生している軽犯罪の代表スリ。
タイでは日本よりも犯罪発生件数が多いため、より注意しなければいけません。

人が賑わう観光スポットはもちろん、公共機関も同じです。
また、タイ特有の「抱きつきスリ」にも注意しましょう。

日本でいうニューハーフの方が抱きついて、“私と遊ばない?”と誘惑しているように見せかけ、貴重品を盗むという手口です。
対策方法はやはり外ポケットに財布を入れないこと。

内ポケットを利用するなど、必要最低限の対策は必要です。
また、チェーン付きの財布を使うなども、有効な対策手段ですね。

トランプ詐欺

東南アジアを中心に被害が発生しているのがトランプ詐欺です。
手口はカンタンで、現地人にトランプゲームで賭けをしないか?と提案されます。

もちろんイカサマをしているため、結果的には高額な現金を奪われてしまうのです。
最初は妹が日本に留学するから、家に来て文化について教えてほしいなどと声をかけてきます。

夕飯をともにするなど、ある程度親密になってから提案してくるので、日本人もかなりの被害者が出ています。
対策としては、とにかく街中で声をかけられても応じないことですね。

よほどのことが無い限りは、すべて無視するのが一番安全です。

ぼったくり被害

タイでは飲食店だけでなく、タクシー業者もぼったくりをすることがあります。
日本同様に、タイもメーターに応じて料金が加算しますが、ぼったくり運転手はそもそもメーターを回しません。

とくにプーケットあたりは要注意です。
メーターを帽子で隠すなど、上手く気づかれないようにしている業者はすぐに降りるようにしてください。

わいせつ犯罪

わいせつ犯罪は、近年女性だけでなく男性も被害に遭っているとのことです。
タクシーの運転手に性的暴行をされたというケースも相次いでいます。

少なくとも夜人通りが少ない時間帯に、一人でタクシーを利用するのは危険です。
なにかあってからでは遅いため、事前にトラブルを避ける動きを取りましょう。

細い路地や歓楽街、タクシーの客引きには特に注意してください。

まとめ

本記事ではタイの首都バンコクの最新治安情報と、被害に遭いやすい犯罪を4つ紹介しました。
結論として、バンコクは治安の悪さから旅行を諦めるような場所ではありません。

しっかりと防犯対策と意識を高めることで、トラブルに巻き込まれずに旅行を楽しめるでしょう。
ただし、夜道の一人歩きは男女限らず危険です。

“俺は男だから大丈夫!”なんて安易なことを考えずに、夜の繁華街はほどほどにしてくださいね。
女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 新生活を始める人へ! 女性一人暮らしの防犯対策

  2. 玄関のカギをかけるだけじゃダメ!!防犯対策のために行っておきたいこととは?

  3. 【驚愕】突然警察から電話が?実はそれ振り込め詐欺犯の可能性アリ

  4. 驚くべきプロの手口!プロの空き巣に対抗するため知っておくこと

  5. 防犯カメラに不審者が!?どこに連絡する?

  6. 【必見】巧妙な盗撮用カメラから身を守る方法

  7. 【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

  8. 【自己防衛】女性のための年末年始の防犯対策と護身術

  9. アパートの空き巣被害!狙われやすい立地や対策をご紹介します

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP