【インスタ映え】タイの首都バンコクのオススメ観光スポット7選+トランプ詐欺対策とは?

ほほ笑みの国として知られているタイ。
本記事ではタイの首都バンコクのオススメ観光スポットを紹介していきます。

タイの首都バンコクのオススメ観光スポット7選

どこか優しい雰囲気が漂う国タイ。
そのなかでもバンコクは、海外旅行初心者の方でもかなり観光が楽しめる街です。

東南アジアの発展国であるシンガポールやマレーシア同様に、目まぐるしい経済成長を遂げているタイは良い刺激になるでしょう。
また、タイの首都バンコクの最新治安情報や注意点についてはコチラ(No.12)をご覧ください。

ワット・アルン(暁の寺)

バンコク三大寺院の1つであるワット・アルン。
ターティアンという船着き場から川を渡り、はしごのような階段を登ってようやく辿り着きますが、そこには幻想的な世界が広がっています。

はしごの上り下りは少し怖いですが、多くの年配者も行き来している場所なので安心してください。
ワット・アルンは2013年から大規模な修理が施され、4年の月日をかけて2017年4月にようやく完成しました。

その姿は白く、日本の姫路城のようです。
完成後の姿には多くの方が驚かれたでしょう。

曇っていると背景と同化してしまうほどですが、夕日が差すとその姿には息を飲むほどの美しい光景が広がります。
また、大体19時~21時まではライトアップもされています。

白い外壁を暖色のライトで輝かせている光景を、是非一度御覧ください。
夜景はナガラピロム公園から見るのが特にオススメですよ。

料金:50バーツ
営業時間:7:30~17:30
住所:34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600.

ワット・プラケオ(王宮)

タイ全土の仏教徒が集まるワット・プラケオ。
日本では「王宮」や「グランドパレス」という呼び名もあります。

タイのなかでも、一番美しく黄金に輝いている寺院です。
白い堀で囲まれた入り口から中に入ると、黄金に輝く仏塔がそびえ立っています。

ワット・プラケオは、タイの自国民でも死ぬまでに一度は目にしておきたいというほどの観光スポットです。

料金:外国人一般500バーツ 身長120センチ以下は無料
営業時間:8:30~15:30 (最終入場)
休業日:国家行事がある場合は一般参観が中止となる
住所:Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn

ワット・ポー

バンコク三大寺院の1つであるワット・ポー。
最大の魅力は、全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏です。

金で作られていることはもちろん、その大きさに圧倒されること間違いありません。
また、ラマ1世が建てた、バンコク最古の寺院としても有名な観光スポットです。

寺院内ではタイの古式マッサージが受けられるほか、その付近には人気のスイーツ店も出店されています。
「ブルーホエール・マハラート」はインスタでも良く写真があげられていますね。

ワット・ポーは男女共に、満喫できる観光スポットだと言えるでしょう。

料金:1人100バーツ
営業時間:8:30~15:30 (最終入場)
住所:2 Sanamchai Road. | Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok 10200, Thailand

タリンチャン水上マーケット

日本ではまず見られない光景が広がっているタリンチャン水上マーケット。
タイに住む現地人の生活が垣間見れる場所です。

バンコク市内にあり、アクセスも便利ですし、ここで働いているおばちゃん達は優しくて活気があります。
また、ただでさえ安いタイの物価ですが、ここはさらに安くなっています。

食べ物も美味しいしので、一度チャレンジしてほしい観光スポットですね。

営業時間:土、日曜の8:00~17:00
住所:324 Chakphra Rd, Bangkok, Thailand

シリラート死体博物館

シリラート死体博物館はその名のとおり、ホルマリン漬けにされた人間の死体が飾られています。
ホラーを想像してしまいますが、実際はそんなことはなく、学術的な展示がされている場所です。

人を殺して食べていた犯罪者のミイラや、病気で壊死してしまった手足、その他にも、顔が2つに連なった赤ちゃんや、顔を割られた成人男性の死体まで飾られています。
医学に興味のある方はもちろん、日本では絶対に見られないだけに、見ごたえは十分です。

興味のある方は一度足を運んでみても良いでしょう。

料金:40バーツ
営業時間:9:00~16:00(12:00~13:00)
休業日:毎週日曜日、年末年始、祝祭日
住所:2 Prannok Rd. Bangkoknoi Bangkok 10700

バンコク現代美術館(MOCA)

日本国内の有名な美術館は、ほとんど見たという造詣な方もいるでしょう。
そのような方でも、バンコク現代美術館は間違いなく楽しめる観光スポットです。

バンコク美術館は2012年3月にオープンした、真新しい美術館。
そこには現代美術や仏教美術、タイの古典美術、何十年前の黒白写真、タイの有名なアーティスト、ヨーロッパの油絵など、世界各国の年代は様々な芸術作品が並んでいます。

建物自体も美しく、木造部屋や宇宙部屋など、飾られている部屋ごとに異空間に飛ばされてしまうよう。
6階まであるため、見るのに時間がかかりますが、カフェも用意されています。

途中で疲れてしまった場合は、ここで糖分を摂取し、再びギャラリーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

料金:大人180バーツ、学割80バーツ、15歳以下無料(親の同伴必要)
営業時間:10:00~18:00
休業日:月曜日
住所:499 Kamphaengphet 6 Rd.

アジアティーク・ザ・リバーフロント

グルメに雑貨、観覧車まで楽しめる、バンコク最大級のショッピングタウンである「アジアティーク・ザ・リバーフロント」。
1500店舗以上のショップと40店舗以上の料理屋が集まっているナイトスポットです。

昔の船着き場を改装していますが、ナイトスポットというだけあってイルミネーションが美しいのが特徴。
レストランはもちろん、ニューハーフショーや人形劇など、どんな方でも楽しめるでしょう。

無料のシャトルボートもあり、BTSサバーンタクシン駅2番出口からすぐの船着き場から出ています。
日没後はかなり込み合うため、早めに向かうようにしてくださいね。

まとめ

本記事では、タイの首都バンコクのオススメ観光スポットを7つ紹介しました。
食べ物は美味しく、物価は安いうえに、日本とは違う文化に多く触れられるため、新たな刺激となるでしょう。

たくさんの観光スポットがありますが、カオサン地域を中心に回れば短い期間でも十分に楽しめるはず。
ただし、防犯面では十分に注意しなければいけません。

日本人はトランプ詐欺などの被害に遭っている方が多くいます。
コチラの記事で、治安状況や軽犯罪の手口について紹介しているので、是非チェックしてください。

 

関連記事

  1. ある日、後ろで私の名前を呼んだのは「ブログにコメントをしていた見知らぬ男でした」。

  2. 【海外のバイトテロ】UbarEATS配達員にご用心!〜悪質な宅配員の行動とは〜

  3. メンタルケア心理士が教える「子どもがSNSを使う心理と危険性、そして家族にできること」

  4. 東京都は防犯パトロール活動が盛ん

  5. ナポリ観光に必要な日数とベストプランとは?+αで治安も要チェック

  6. 天使のささやきの日に子供にも教えたい防犯の合言葉「ひまわり」

  7. 3月21日は春分の日! 春に増える非侵入窃盗とはどんな犯罪?

  8. 日常生活の中で子供を犯罪から遠ざけるためにできること

  9. まだ普通の手袋を使ってるの?緊急時にも大活躍のスマホ用手袋を使うメリットとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP