【5月17日の事件】拳銃立てこもり男の目的は妻の奪還…?

5月17日に起きた出来事で愛知長久手町立てこもり発砲事件があります。幾度となく報道されたので覚えている人が多いかもしれません。今回はこの愛知長久町立てこもり発砲事件を紹介するとともに、DV夫や彼氏の特徴と対策も紹介していきます。

愛知長久手町立てこもり発砲事件の詳細

この事件は2007年5月17日から18日にかけて愛知県愛知郡長久町(現在は長久手市)で起きました。この日の午後3時47分頃、民家から警察に「父親が拳銃を持って暴れている」という通報がありました。その後、午後3時49分に再び「父親はもう落ち着いた。警察が来ると興奮するので家には来ないでください。持っている拳銃はおもちゃだ」という通報があります。

長久交番勤務の警察官が現場に駆けつけると、元暴力団員の男が警察官に向けて発砲し警察官はその家の出入り口付近に倒れました。この警察官は2度目の通報から防犯チョッキは着ていなかったそうです。犯人の男は別れた元妻との復縁について家族と話をしていましたが、話し合いが上手くいかないことに腹を立てて銃を持ちだして暴れました。

男は警察官への銃撃とほぼ同時に、息子の左腹部と娘の右足にも発砲し怪我をさせます。息子と娘は家から脱出し、命に別状はありませんでしたが息子は重傷でした。その後犯人の男は元妻を人質にとり立てこもります。警察は現場付近の交通をすべて遮断し、犯人の男に対して説得をしますが男は聞き入れず、なかなか家の出入り口付近で倒れている警察官を救出することができませんでした。

家の敷地内にはセンサーライトが設置されていて倒れている警察官が動くたびにそれが点灯し、また庭に一匹の犬と家の中にも2匹の犬がいて捜査員が民家に近づくたびに吠えていたそうです。午後5時半ごろから6時にかけて愛知県警察刑事部の特殊捜査班(SIT)の隊員が現場に到着しました。

到着直後に防護車両を玄関に突入させて倒れている警察官を救出する作戦を計画しますが実行直前に前線本部からの指示により中止され、その時点で倒れている警察官は「俺はもうだめだ」との言葉を残して無線の呼びかけに応じなくなったそうです。そしてその後、愛知県警察警備部の特殊部隊(SAT)も到着して午後8時20分に倒れている警察官の救出作戦が最終決定します。

SITと機動隊員16人が家の敷地内に入り警察官を担架に乗せて運び出すのを、SAT隊員14人が後方支援するという計画で午後8時54分に作戦が開始されました。犯人の男と娘が電話で話している間に救出部隊は前進を始めます。そして午後9時20分過ぎにSIT、SAT、機動隊員の計25人が民家に近づき、作戦通り倒れている警察官を救出し後方に搬送します。この時犬が鳴いてしまい犯人の男が気づき、家の窓から拳銃を発砲。後方支援のため捜査車両の間から拳銃を構えて警戒していたSAT隊員の1人が左鎖骨部に被弾してしまいます。

撃たれた隊員は防弾チョッキを着用していましたが、銃弾は防弾チョッキの繋ぎ目から体内に入り上行大動脈を貫通しました。すぐに救急車で運ばれましたが外傷による心不全で亡くなりました。救出された警察官は命に別状はなかったものの、外傷性クモ膜下出血などで半身不随の後遺症が残りました。

その後はしばらくこう着状態が続き、翌日5月18日の午後2時50分ごろに犯人の男が電話をしている隙に人質の元妻がトイレの窓から脱出し警察に保護されます。すると犯人の男は次第に態度を軟化させて午後8時過ぎに警察の説得に応じ投降して捜査員に身柄を確保され、殺人の疑いで緊急逮捕されました。

裁判

裁判は2008年10月に名古屋地裁で初公判がおこなわれ、検察側は被告人に対して死刑を求刑しました。そして12月17日に名古屋地裁は被告人に無期懲役を言い渡します。検察と被告人側双方とも控訴しましたが2009年9月に名古屋高裁は棄却。これに対して双方がさらに最高裁に上告しますが2011年3月に最高裁が上告を棄却して無期懲役が確定しました。

DV夫や彼氏の特徴と対策

この事件は元夫の暴挙による事件でした。昨今ここまでではないにしろDV夫や彼氏が問題となっています。DV男の特徴として次のようなことがあげられます。

執拗に束縛したがる。
・ 言葉での説明が下手で怒りやすい。
・ 喧嘩になっても自分の非を認めず、自分からは決して謝らない。
・ 嫉妬深く疑い深い。
・ 車の運転が乱暴。
・ 幼少の頃にDVを見たり体験したりしている。

このすべてに当てはまる男性には気をつけた方がよさそうです。またもしDVの被害に遭ってしまったら、まずDVをされた時の状況をメモや写真にとり証拠を残すようにしましょう。そして自分1人で抱え込まずに信頼できる友達や家族に話し、別れを決断することをおすすめします。この時結婚していて離婚する場合は、特に2人で話し合わずに弁護士などの第3者を入れて話し合う事が大切です。身体的な被害が大きい場合は警察に相談するのも良いでしょう。

まとめ

長期に渡ってDVを受けていたり、専業主婦で社会との接点があまりなかったりする場合は、暴力をふるわれていても自分が悪いのだと考えてしまいがちです。また暴力をふるった後DV男は泣いたり優しくなったりする特徴があり、それに騙されて中々抜け出せない場合もあります。DVを受けたらしっかりと自分は暴力を受けている被害者なのだと自覚し、対策をしていくことが大切です。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【今日の事件簿】突然住宅地にジェット機が墜落!横浜米軍墜落事件とは

  2. 【今日の事件簿】戦後最悪の爆弾テロ事件!三菱重工爆破事件とは

  3. 【7月26日の事件】19人犠牲のやまゆり園事件から3年。襲撃に耐えうる防犯はあるのか

  4. 【4月4日の事件】「パキスタン早大生誘拐事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  5. 札幌で観測史上最も遅い初雪を観測!雪国は冬期の車上荒らしに要注意!

  6. 【5月19日の事件】テレビや映画の中だけじゃない!実際に起きた監禁事件とは

  7. 【8月14日の事件】許されざるゲーム感覚の誘拐。黒磯小2女児誘拐事件とは

  8. 【今日の事件簿】日本初の銀行強盗事件と言われる「赤色ギャング事件」とは

  9. 【今日の事件簿】偽装結婚の末に殺害?千葉少女墓石撲殺事件とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP