【5月18日の事件】令和に知る、昭和に起きた男女のもつれによる大事件とは?

5月18日に起きた出来事で有名なのが阿部定事件です。昭和に起きた事件なので、もしかしたら知らないという人がいるかもしれません。今回は阿部定事件を紹介するとともに、阿部定事件から学ぶ男女のもつれから起こる犯罪とその対策について紹介していきます。

阿部定事件の概要

阿部定事件は、1936(昭和11)年5月18日仲居であった阿部定(当時30歳)が東京市荒川区尾久の待合で性行中に男性を絞殺し、男性の局部を切り取ったという事件です。待合とは、当時待ち合わせや会合のために場所を提供する貸席業があり、主に芸妓との遊興や食事のために使用されていました。

この阿部定事件は、あまりにも猟奇的だったために事件発覚後と阿部定逮捕の際には号外が出されるほどでした。当時、阿部定は芸者や娼婦などをしながら転々として暮らしていました。ある時知人の紹介で東京・中野にある割烹料理屋を紹介され、そこで女中として働き始めそこの店主に惹かれてしまいます。

店主も次第に阿部定に惹かれていき、2人は関係を持つようになり周囲に気づかれないように店を離れてたびたび会うようになりました。その後2人は駆け落ちし、待合を転々とし尾久の待合旅館に滞在するようになります。そこでの2人の性行為は徐々にエスカレートしていき首を締めながら楽しむようになり、5月18日午前2時頃、店主が眠っている時に阿部定は2回腰ひもで店主の首を締めて殺害しました。

そして包丁で店主の局部を切断し、雑誌の表紙に包み逮捕されるまでの間持ち歩いたそうです。さらに彼女は血でシーツと店主の左太ももに自分の名と店主の名、そして「二人きり」という文字を書き、店主の左腕には刃物のようなもので「定」と刻みました。定はその後、午前8時に宿の人間に「店主は良く寝ているから起きるまでそのままで」というような言葉をかけ宿を後にします。

5月20日、阿部定は大阪へ逃亡するつもりで品川駅近くの旅館に偽名を使って宿泊していました。そこへこの辺りを捜査していた高輪署の刑事が、この偽名の身元が取れない事を不思議に思い調査に訪れます。そこで定が「誰かお探しかい?阿部定を探しているんでしょ?あたしがお探しの阿部定ですよ」とさらりと言い、その場で逮捕されました。

その後の調べで阿部定は「彼を非常に愛していたので彼の全てが欲しかった」と供述し、局部を切り取った理由としては「彼の体の一部と一緒に居たかった」というような供述しています。

裁判の阿部定とその後

第1回の公判では傍聴希望者が前夜から列をなす事態となりました。1936(昭和11)年、東京地裁の裁判で事件は痴情のもつれと判断されます。そして阿部定は懲役6年の判決を受けました。服役後の阿部定は「吉井昌子」と名前を変えて一般人として生活をしていましたが、終戦直後に出版された自分を題材にした本をめぐって著者と出版社を告訴します。その頃彼女は埼玉のサラリーマンと事実婚のような関係でしたが、阿部定だということが知られその男性と破局してしまいます。

その後は再び各地で様々な仕事を転々としていましたが、1971(昭和46)年に置き手紙を残して失踪しその後の消息は不明となりました。

男女のもつれから起こる犯罪とその対策

この事件は男女のもつれから起こった事件で、女性が加害者となりました。現在でも男女のもつれから起こる犯罪は多く起き、特に女性が被害に遭ってしまうケースが多々あります。暴行傷害、強制わいせつや強制性行等、盗撮や殺人、ストーカー行為など様々な犯罪が起きています。これらを防ぐためには次のような対策が必要です。

普段から男性に対して勘違いされるような態度を避け、自分の振る舞いに気を付けるようにする。
・自分の好みではない男性に対しては、心身共に一定の距離を置くようにする。
・様々な飲み会などで、気のない男性にはボディタッチやその他男性に勘違いされるような言動を避ける。
・特に気のない男性の前では酔うほどお酒を飲みすぎない。
・恋人と別れる時には細心の注意を払って、相手のプライドを傷つけないよう丁寧に話し合いをして別れる努力をする。
・恋人と別れて合かぎを渡していたら、話し合いをして返してもらうようにする。どうしても返してもらえないようなら玄関のカギを変える。
・何かトラブルが起きて自分だけでは解決できないと思ったら、無理に1人で解決しようとせずに信頼できる友人や家族に相談する。それでも解決しないようなら、なるべく早く弁護士や警察に相談する。
・自分は犯罪には巻き込まれるはずがないなどと思わず、常に防犯意識を持つようにする。

まとめ

男女のもつれは意外と軽視されやすい傾向があります。しかし現実は男女のもつれから犯罪に巻き込まれてしまうケースが多々あるのです。男女間のもつれを軽視せずに普段から気をつけてできる限りの防犯対策をし、より良い生活を送っていきましょう。

関連記事

  1. 【今日の事件簿】犯人はどこへ。動機は?何も盗られていない愛知豊明母子4人殺人放火事件とは

  2. 【今日の事件簿】クラブのVIPルームで起きた「人違い殺人」の恐ろしさ

  3. 【8月10日の事件】名前が覚えやすかったから狙われた?甲府信金OL誘拐殺人事件の真相

  4. 【今日の事件簿】遺体なき殺人。被害者は4人、完全犯罪をもくろんだ「埼玉愛犬家連続殺人事件」とは

  5. 【8月18日の事件】殺人の口封じで無関係の人を拉致、暴行、そして殺害。残虐極まる熊谷男女4人殺傷事件…

  6. 【4月5日過去のこの日】「北朝鮮がミサイル発射実験」をした日に学ぶ防犯術

  7. 【4月8日の事件】「中田厚仁さん射殺事件」が発生した日に学ぶ防犯術

  8. 【7月8日の事件】誘拐→通り魔→立てこもり。ひとりの男が次々に起こした事件の結末は?

  9. 仏女って何? 大仏の日に教える仏女と寺院での犯罪について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP