大切な物を守る「カギ」泥棒に仕事をさせない有効な防犯対策

あなたが泥棒から大切な物を守る為にどんな対策を取っていますか? 現金やクレジットカード、通帳に印鑑などを盗られない為に金庫やカバンなどにカギをかけている人も多いかと思います。
そこで今回は大切な物を守る為に有効的なカギの選び方と防犯対策をご紹介いたします。

どんな場面でカギが必要なのか?

あなたの大切な物を守る為に色々な場面でカギは必要になります。カギはそれぞれの用途に合わせた種類を選びましょう。

自宅で使うカギ

自宅で使うカギの種類と防犯性について見ていきます。

シリンダー錠

カギを差し込んで回転させて解錠します。
最新のディンプルキーは高い防犯性を発揮しますが、それ以外のシリンダー錠は危険です。

プッシュ式

ランダムに番号をパターン化したものを入力して解錠します。
カギを使わないので番号を知っているもの以外は解錠できません。防犯性は高いと言えます。

南京錠

カギを差し込んで解錠するタイプとダイヤル式で解錠するタイプがあり持ち運びができます。
用途によっては便利な南京錠ですが、防犯性は低いです。

ダイヤル式

あらかじめ設定をしてあるパターンでダイヤルを回して解錠します。
ダイヤル式はプロの鍵師でも解錠するのに時間がかかると言われています。金庫などによく使われていて防犯性は高いと言えます。

カード錠

カードがカギになっていて差し込むと解錠できます。
カード錠はピッキング対策には高い防犯性を発揮します。しかしカード式なので欠けたり折れたりすると使えないので注意が必要です。

外出先で使うカギ

外出先で使うカギには以下のものが考えられます。

・カバン
・スーツケース
・キャリーケース

外出先で防犯対策として使うカギは、スリや置き引き、置き忘れ対策に有効なカギを考える必要があります。

その他のカギ

その他のカギには以下のようなものが考えられます。

・家具
カギ付きの家具には、ほとんどの場合シリンダー式のカギが使われています。

・楽器ケース
楽器も大切な物です。中には数百万〜数千万円もする高価な楽器もあり泥棒から守る為にカギを取り付ける人もいます。

・ロッカー
コインロッカーは誰でも利用する身近なカギですよね!駅や勤務先のロッカーにはカギが付いていますが、防犯性は高くないので大切な物を保管するのは危険です。

【防犯対策】大切な物を守る為に有効なカギの選び方

大切な物を守る為に有効なカギの選び方を場面ごとに分けてご説明します。

自宅で防犯に有効なカギ

自宅で大切な物を守る為に防犯性が高いカギへ取り替えることをオススメします。その防犯性に優れたカギが「ディンプルキー」です。
ディンプルキーは、プロの鍵師であっても、解錠するのに10分以上は時間がかかります。泥棒は解錠に5分以上時間がかかると判断した場合は侵入を諦めると言われています。このことから自宅で大切な物を守るのに有効なのは「ディンプルキー」だと言えます。

その中でも特にオススメする防犯性が高いディンプルキーを3つご紹介します。

V–18

このカギはピッキングや鍵穴壊しに対して防犯性の高いカギです。ピッキングや鍵穴壊しの手口で侵入を試みても10分以上の時間がかかります。

PRシリンダー

V–18と同様にピッキングや鍵穴壊しに対して防犯性の高いカギです。ピッキングや鍵穴壊しの手口で侵入を試みても10分以上の時間がかかります。

カバスターネオ

「カバスターネオ」はディンプルキーの中でも特に防犯性が高いカギです。カギ屋さんでも解錠ができません。また登録制シリンダーなので合鍵は簡単に作れません。

外出先で防犯に有効なカギ

外出先で防犯に有効なカギをご紹介します。

セキュリティワイヤーケーブル

バッグをベンチやテーブルなどの固定物にくくりつけロックすることができます。置き引きなどから身を守ることができます。

南京錠

南京錠は持ち歩くバッグのファスナーにつけることでスリから大切な物を守ることができます。ダイヤル式はパスワードを覚えてさえいれば鍵がなくてもあけることができるのでオススメです。

その他のカギ

その他に便利なカギをご紹介します。それが「MAMOEIO」です。

このカギの特徴は、バッグや財布、自宅のカギなど大切な物に付けておくと、うっかり置き忘れたり、見失ってしまっても手元から離れるとすぐにスマートフォンへお知らせをしてくれるので紛失を予防できます。

【防犯対策】泥棒から大切な物を守る3つのポイント

泥棒から大切な物を守るために有効な防犯対策は以下の3つです。

ポイント1:玄関

玄関の対策は重要で泥棒に対して防犯意識の高さを示すことができます。ポイントは以下の通りです。

カギは2つ以上取り付ける

防犯対策の基本はワンドアツーロックです。メインのカギとは別に防犯性が高い補助錠を必ず取り付けてください

センサーライト

玄関にセンサーライトを取りつけると泥棒の動きを感知してライトが点灯します。泥棒は明かりと音を嫌うので犯罪抑止力効果に力を発揮します。

ガードプレートの取り付け

ドアの隙間をバールなどで破壊するこじ破り対策には、ガードプレートを取り付けることで防げますので取り付けるようにしてください。

ポイント2:窓

窓からの侵入を防ぐ為に有効な防犯対策は以下の通りです。

防犯フィルムを貼る

防犯フィルムを貼った窓へ鈍器などを使って叩き割ろうとしても10分程度の時間がかかることがわかっています。泥棒を侵入させない為にトイレや浴室、ベランダや勝手口の窓に貼ってください。

窓用防犯アラーム

泥棒が窓から侵入をしようとしたら、その振動を感知して大きなアラームが鳴り響きます。

ポイント3:死角対策

死角になる場所は最初に泥棒が目を付けるところなので特に強化すべきです。防犯ポイントは以下の通りです。

防犯砂利

家の裏側や2階のベランダなどの死角になる場所にまんべんなくまいてください。泥棒が砂利を踏みつけると大きな音がでますので犯罪抑止力効果が発揮できます。

センサーライト

センサーライトは死角になる場所と暗いとことには必ず取り付けてください。泥棒は音と明かりを嫌うので犯罪抑止力効果を発揮します。

補助錠

カギを複数取り付けるということは泥棒が侵入する時間を長くすることになります。泥棒は5分以上の時間がかかる時は犯行を諦めると言われています。トイレや浴室の窓、ベランダや勝手口には、必ずメインのカギとは別に2つ目のカギとなる補助錠を取り付けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、大切な物を守る「カギ!」について3つの防犯対策をご紹介してきました。泥棒は意外と身近なところにひそんでいます。だから今回お伝えしたことを意識して「大切な物は絶対に守る!!」という強い意志を持って防犯対策を強化してください。

関連記事

  1. 【火種はどこ?】殺人事件にも繋がる「ご近所トラブル」を回避するには

  2. 【恐怖】飛行機を利用した女性客。ある物をきっかけに従業員のストーカー行為に遭遇する

  3. 自分の街を自分たちで守る!防犯パトロール隊の活動手順とは?

  4. 鍵屋さんが教えてくれた侵入窃盗から身を守る防犯対策のポイント

  5. 【しぶこになりたい!】ゴルフを始める時には防犯面も要チェック!

  6. 空き巣に狙われやすい防犯性の弱いカギとは?

  7. 正義の味方みたいでカッコいい!「地域防犯型自動販売機」ってなに?

  8. ストーカーになりやすい人の特徴とは

    女性ストーカーになりやすいタイプとは?その特徴10選

  9. 増え続ける特殊詐欺のバリエーション。オレオレ詐欺の最新情報

    オレオレ詐欺はもう古い?新たな振込め詐欺と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP