【旅行に潜む危険】夜行バスに乗るときに注意したいアレコレ

長距離の移動手段として注目の夜行バスですが、車中は夜間の密室であり、女性利用者として痴漢やスリに注意が必要です。ここでは、その対応策について確認してみましょう。

■人気な帰省時の交通手段は?

お正月、お盆の時期、その他実家への帰省はどの交通機関を利用していますか?
選択肢は、飛行機、新幹線、高速バス(夜行バス)、車があり、いずれもメリット・デメリットがありますね。
帰省の方法の人気ランキングなるものもありますが、やはり定時運行で、時間がかからず、快適な移動ができる手段として上位にくるのは、飛行機、新幹線ですね。
それに対して、高速バスは渋滞に巻き込まれることがあり到着時間が読めない、快適性に難ありということで従来の人気はイマイチでした。

しかし、近年では、帰省の時期本来の混雑に加えて、外国人観光客の増加もあいまって、新幹線なども切符がとれなかったり、乗車待ちの長蛇の列にぐったりしてしまったりします。乗車前に疲労もピークなんてことに・・・。

一方の高速バス(夜行バス)ですが、東京では高速バスの起点のバスタ新宿が整備されたこと、また、一部の車両では充実した設備も整備され、人気が高まっています。しかし、やはり高速バスの主体は、東京-大阪間1,600円など料金の安い夜行バスであり、その廉価な料金が魅力ですね。

■密室のバスで起きる犯罪とは?

電車内では、痴漢、スリ、置き引きなどいろいろな犯罪がありますが、夜行バスの中では、どういった犯罪が起きる可能性があるのでしょうか?

電車とは違い、夜行バスに乗車してくるのは限られた人物であるため、犯罪はあまり行われないと思い油断しがちです。

しかし、油断してはなりません。夜行バスにおいても、痴漢、スリは出没します。

夜行バスでは、電車と違い座席が確保されており、よもや隣の席の人物が痴漢などしないだろうと思ってしまいますが、意外にも、普通の人が魔が差すことがあったり、後で捕まってしまうことなど考えずに痴漢行為に及んでしまう者もいるようです.

一方、スリについては、夜間バスの利用者が睡眠中、あるいは、スマホの操作に集中してる隙に、財布など貴重品を奪っていきます。また、犯人は夜間バスの乗客とは限りません。途中のサービスエリアでの休憩時間に、夜行バスに乗り込んできて「一仕事」して去っていくようです。

■バス内で取るべき防犯対策は?

それでは、夜行バス内で起こりうる痴漢やスリなどに対して、私たち利用者ができる防犯対策にはどのようなものがあるでしょうか?

まず、女性の敵、痴漢への対策です。

バス内での対策としていますが、その対策は、すでにバスの乗車前の予約の時点で始まっているのです。
可能であれば、「防犯カメラが設置されたバス」や「3列シートのバス」を予約したいものです。

「防犯カメラの設置されたバス」であれば、痴漢行為があった際に有力な証拠として活用できますし、そもそも、防犯カメラが設置されていることがわかっていれば痴漢行為を抑制する効果もあると思います。

また、「3列シートのバス」であれば、もう一人の乗客が助けてくれる可能性がありますし、この場合も、痴漢行為の抑制効果が期待できるでしょう。

さて、ここからが、バス内での対策となります。

先ず第一に、自席の周囲の人物を確認してください。周囲に男性が乗車しているかや、どんな人物がいるかを見ておいてください。

次に、不必要に痴漢行為を誘発するような胸元が極端に開いている、あるいは、ミニスカートなど肌の露出の多い服装や、薄い布地の服装は避けるべきです。

そして、座席ですが、通路側を確保するようにしましょう。通路側であれば、残念ながら痴漢行為にあってしまってもすぐに避難することができます。一方、窓側に座っていた場合、逃げることができません。

更に、いざというときのために防犯ブザーを携帯しておくこともお勧めです。
実際に鳴らさないまでも、バッグにぶらさげておくなど、傍に置いておくだけでも有効です。(防犯アプリにもブザーがついています。)
実際に被害にあってしまったら、遠慮せず、ブザーを鳴らして、周囲に助けを求める勇気を持ってください。

夜行バスの車内では、痴漢とともに、スリ等の窃盗行為も発生しやすい犯罪です。
それでは、スリ等窃盗行為に対しての防犯対策です。

財布、スマホ等の貴重品類は、ポケットに入れるなど身に着けておきましょう!
その他必要最低限以外の荷物はトランクに預けます。

海外旅行の際にパスポートなどを入れて首からかけるケースがありますが、もはや日本においても、そのようなケースを利用すべきかもしれませんね。

車内持ち込みのバッグ等については、ワイヤーロックで棚に固定してしまいましょう!
また、無防備にもトートバッグなど大きく開いた中の見えるバッグは危険です。ファスナー付のバッグなどを使うようにしましょう。

サービスエリアでの休憩時は、なるべく寝ないようにしましょう!
これにより、サービスエリアを拠点にして夜行バス内の荷物を狙うスリから荷物を守るこ
とができます。

■女性専用を有効活用すべし!

電車では女性専用車両が導入されて久しいですが、この女性専用車両は夜行バスにも存在するのでしょうか?

夜行長距離バスにおいても、女性利用者のみを対象とした、1車両全体を女性専用車として運行している車両と1車両の一部を女性専用席として運行している車両があります。

これらの車両を利用することにより痴漢、スリの被害を無くすことができるでしょう。

余談ですが、女性専用車の場合、安全安心であるばかりでなく、専用のアメニティがある場合もあり、高速バス各社がさまざまなサービスを提供しているようです。

■まとめ

帰省や旅行の際、手軽で便利な交通手段である夜行バスですが、その車中において痴漢・スリなどの被害が発生しています。十分な対策を立てて危険を回避し、安心安全な夜行バスの旅を楽しみましょう!
女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 自転車泥棒をなくすために! 「防犯対策しない甘さ」が「犯罪する甘え」につながっている?

  2. そのアプリ、実は盗撮が目的かも!? 盗撮に用いられるカメラの種類とは

  3. 窃盗症って一体どんな病気?

  4. はじまりました新年度!今日からできる簡単な防犯方法!

  5. 自分のiPhoneから情報漏洩? 知らない人に名前を見られてる?

  6. 泥棒の姿の固定観念を打ち破りしっかり防犯対策

  7. 学校の登下校中は特に要注意!犯罪から子供を守るためには防犯知識が大切

  8. ドアを防犯仕様に。

    ドアを防犯仕様にして犯罪被害を未然に防ぐ!

  9. 犯罪をおかしそうな人物の特徴を見抜いて防犯対策はできる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP