【4月8日の事件】「中田厚仁さん射殺事件」が発生した日に学ぶ防犯術

4月8日過去のこの日に、「中田厚仁さん射殺事件」が発生しました。中田さんは国連ボランティアとして活動中、何者かに拘束後殺害されました。このニュースは世界中で報道されましたが、日本国民には大きなショックと衝撃を与えた事件でした。
今回は、「中田厚仁さん射殺事件」に因み、海外で犯罪に巻き込まれない為に必要な準備や防犯グッズをご紹介していきます。

4月8日過去の出来事

1993年(平成5年)4月8日は、「中田厚仁さん射殺事件」が発生した日です。

中田厚仁さん射殺事件とは

1993年(平成5年)4月8日、国際連合カンボジア暫定統治機構が実施したカンボジア総選挙の選挙監視員として活動していた中田厚仁さんが銃撃され殺害されました。

プラサットサンボ郡では殺害直前に中田さんと同僚のガーニーさんが殺害されるという噂が広まりました。実際に中田さんへ「当分の間プラサットサンボ郡に近付かないように」という忠告をした日本人がいたのです。その方は坂井清三さんという日本人文民警察官でした。

ところが、4月8日午前7時頃、中田さんは会議に出席するためコンポントムに向けて車で出発したのです。しかしその後、車付近でうつ伏せになった状態で死亡している中田さんが発見されました。

中田厚仁さんの活動

中田さんは大学卒業後の1992年5月、国際連合カンボジア暫定統治機構が実施したカンボジア総選挙の選挙監視員として採用され7月にカンボジアへ渡りました。

名前:中田厚仁(なかた あつひと)
生年月日:1968年1月10日生まれ(当時25歳)
出身:大阪府東大阪市
活動:国際連合ボランティア(UNV)

当時、カンボジア政府とクメール・ルージュとの衝突が激しい地域へ自ら志願して赴任しています。それから約1年後の1993年(平成5年)4月8日に命を落としてしまったのです。

海外で安心して過ごす為の準備

海外で安心して過ごす為に日本で万全の準備をしておきましょう。

現金は分けておく

現金をひとつにまとめるのは大変危険です。現地ではスリやひったくりが横行しています。もし被害に遭ってしまったら全財産をいっぺんに失うことになるのです。
財布は最低2つ用意して、1〜2万円程度は犠牲にする気持ちでダミーの財布を用意して、取られたくない現金や貴重品はパスポートケースなどに分散させておいてください。

事前に現地の危険地域を調べる

旅行会社やネット検索などで現地の危険地域を入念に調べてから控えを持っておいてください。現地では事前情報をもとに地元の人たちからも情報収集をして危険地域には絶対に近付かないように十分注意を払ってください。

滞在先の習慣を把握する

海外では日本で当り前のことがまったく違うという習慣や風習が多くあります。その土地に入ったら、自分の価値観と異なっていても、その土地の慣習や風俗にあった行動をとるべきです。そのことは特にしっかり頭に入れておいてください。

絶対に海外旅行保険に入っておく

旅行先で病気やケガ、荷物の紛失や窃盗といったトラブルになった際に補償をしてもらえるのが海外旅行保険です。なにかあってからでは手遅れです。絶対に海外旅行保険には入っておいてください。

緊急連絡先を控えておく

日本大使館の場所と連絡先・旅行会社・クレジットカード会社・家族などの連絡先は緊急時に備えて必ず控えておいてください。注意点は携帯電話とは別に、緊急連絡先を紙に書いて貴重品と一緒に持っておくようにしましょう。

パスポートや航空券(eチケット)等のコピーを準備する

荷物を失くしてしまったり、盗まれた時にパスポートや航空券(eチケット)等のコピーが役に立ちます。コピーは必ず2枚ずつ用意して分散して持ち歩くようにしてください

海外で安心して過ごす為の防犯グッズ3選「ホテル編」

海外で安心して過ごす為に滞在先のホテルで役立つ防犯グッズを3つご紹介します。

携帯用センサーアラーム

「携帯用センサーアラーム」はコンパクトサイズなので邪魔になりません。設置も簡単でドアノブに引っ掛けるだけでドアの振動を感知した時、大音量のアラームが鳴り響きます。ホテルの部屋で安心して過ごせるので「携帯用センサーアラーム」は準備しておいてください。

セキュリティワイヤーケーブル

セキュリティワイヤーケーブルはバッグや荷物を動かない固定物にくくり付けてロックできます。海外での置き引き対策として有効なので事前に準備をしておいてください。

南京錠(パッドロック)

ファスナー式のバッグを狙うスリやホテルの部屋に荷物を置きっぱなしにする際の防犯対策に有効です。オススメはダイヤル式のものです。

海外で安心して過ごす為の防犯グッズ5選「外出編」

海外で外出する際に安心して過ごす為に役立つ防犯グッズを5つご紹介します。

ダミーの財布

準備のところでご紹介しましたが、海外で外出する際は必ずダミーの財布を持ち歩いてください。ウエストポーチなどの取り出しやすいものへ入れておくとよいです。強盗に遭遇したらダミーの財布を差し出すのです。
「命と引き換えに数万円を差し出した」という考えを持つことが大事です。メインの現金や貴重品はパスポートケースに入れて常に身につけているので被害は最小限に抑えられます。

防犯ブザー

防犯ブザーを鳴らすことで周囲に緊急事態を知らせることができます。犯罪者の中には大音量に驚いて逃げだすものもいます。防犯ブザーは必ず準備しておいてください。

ウエストポーチ

お腹や脇腹へ身につけることができ黙視ができます。買い物をする際の現金やダミーの財布はウエストポーチを利用してください。

パスポートケース

メインの現金やパスポートなどの貴重品は、パスポートケースに入れて首から下げて自分の服の下へ隠して持ち歩きましょう。準備をする際はスキミング防止素材を使ったものを選ぶことでカード情報などを読み取られないようにできます。

防犯バッグ

防犯バッグは窃盗被害に特化した特殊なバッグです。

・スキミング防止機能
・防刃素材
・セキュリティワイヤーケーブル一体式

スキミング防止機能によってバッグの中に入れているクレジットカード情報を読み取られる心配はありません。また防刃素材によってナイフなどを使う切り裂き窃盗からも身を守れますし、暴漢者の盾として使うこともできるので防犯バッグをオススメします。

まとめ

今回は、「中田厚仁さん射殺事件」が発生した日に因み海外で犯罪に巻き込まれない為に必要な準備や防犯グッズをご紹介していきました。海外は日本の常識とは全く異なります。だから今回お伝えしたことを意識して「防犯意識を高めて!」海外へ滞在する際には出発前に、十分な備えを万全にするようにしましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 3月16日は万国赤十字加盟記念日! 暴行傷害から身を守ろう

  2. 【今日の事件簿】「池袋の通り魔事件を意識した」と供述した、下関通り魔殺人事件とは

  3. 【5月17日の事件】拳銃立てこもり男の目的は妻の奪還…?

  4. 【8月18日の事件】殺人の口封じで無関係の人を拉致、暴行、そして殺害。残虐極まる熊谷男女4人殺傷事件…

  5. 【今日の事件簿】少女の腹部からの出血という歪んだ性癖。津山小3女児殺害事件とは?

  6. 【4月9日過去のこの日】「フセイン政権が崩壊」をした日に学ぶ防犯術

  7. 【7月5日の事件】殺人容疑で異例の釈放?小樽で起きた未解決殺人事件の謎

  8. 仏女って何? 大仏の日に教える仏女と寺院での犯罪について

  9. 【今日の事件簿】事件から14年目に急展開!廿日市女子高生殺人事件とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、ご読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP