仏女って何? 大仏の日に教える仏女と寺院での犯罪について

  1. ニュース

4月9日は大仏の日です。世の中には様々な女子がいますよね。こけしに魅了されたこけし女子や、登山好きの山ガールなど。昨今仏女というのも存在するのはご存じでしょうか。
今回は大仏の日と言うことで、仏女と寺院で起こる罰当たりな犯罪について紹介します。

そもそも大仏の日って?

大仏の日は752(天平勝宝4)年4月9日に奈良の東大寺の大仏開眼供養がおこなわれたことに由来しています。時の天皇であった聖武天皇が743(天平15)年に国家の安寧と民の幸福を祈願して東大寺に大仏を作ろうと大仏造立の詔を発しました。そして9年の歳月をかけて完成し、大仏開眼供養がおこなわれたのです。

ちなみに大仏のあのポーズと、おでこのホクロみたいなものの意味って知っていますか? 大仏が右手の手のひらを見せるようにしていますが、あれは施無畏(せむい)と呼ばれ、人々に力を与えて畏れることのない状態をあらわすそうです。また左手は与願印(よがんいん)と呼ばれ、色々な人の願いを叶えると言う意味があります。

大仏のおでこにある大きいホクロのようなものですが、あれは白毫(びゃくごう)と呼ばれるもので産毛の一種とされていてホクロではありません。全世界の隅々まで慈悲の光を届かせて、悩みや苦しみの中にいる人々を救うという意味があります。

仏女って何?

仏女とは仏教徒であるなしにかかわらず仏像や仏教的な事柄を好み、仏教の世界観に親しむ女子のことを言います。仏女は主に仏閣を巡り護朱印を集めたり、パワースポットや名所を巡って仏像鑑賞をしたりします。

これであなたも仏女? 仏像の基本知識

仏女によると仏像には独特な魅力があるようで、自分好みのイケメンな仏像に出会うと思わずときめいてしまうそうです。仏像の基本知識として仏像は大きく次の4つの種類に分けられます。

如来

如来とは悟りを開いた仏様のことです。大まかな特徴として大体が太っていることと、頭にぶつぶつがあります。例として釈迦如来、阿弥陀如来があります。

菩薩

菩薩とは如来になろうと修行している身であるという意味になります。その特徴は、ほとんどが身はシュッとしていて、装飾品がたくさんついています。例として弥勒菩薩や地蔵菩薩があります。

明王

明王は如来の教えに刃向う輩を凝らしめます。特徴として、だいたいが怒った表情をしています。例として不動明王や孔雀明王があります。

天部

天部とは仏法の世界を護る守護神になります。これはインドから来た色々な意味をもつ神様で、その特徴も様々です。例として梵天や帝釈天などがあります。

仏像は、本来は奥が深いものですが以上のことを知って鑑賞するだけで、十分楽しめます。これを機に仏像に興味を持ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

寺院での罰当たりな犯罪と対策

寺院は仏像が祀られている神聖は場所ですが、残念ながらここでも多くの犯罪が起きています。その理由としては観光客や参拝客を装って下見が簡単にできるということがあげられます。また寺院は樹木に囲まれていることが多く、道路などの外部からの見通りが悪いことや夜間には暗がりがあり、犯行に及びやすい場所でもあるのです。

寺院で起きやすい犯罪

寺院で最も起きやすい犯罪は窃盗です。貴重な仏像はもちろん狛犬や掛け軸、仏具入れなどの盗難が多く発生しています。また賽銭箱からお金を盗み取ったり建物壁などを壊したり落書きしたりする犯罪も起き、さらには絵馬や納札所、建物の裏などを放火するという事件も起きています。

寺院での犯罪は女性には関係がないと思われがちですが、実際に女性が被害に遭う事件も起きています。寺院の夜は暗く人気が無くなり見通しも悪くなります。さらに誰でも入れるのでそれらを利用し、女性を連れ込んで性的な乱暴を加えるといった犯罪が起きているのです。

また昼間でも多くの観光客がいること利用して、カメラで女性を盗撮するという事件も多く発生しています。

寺院での防犯対策

神聖なる寺院でも犯罪が起きているのが現状で、寺院での防犯対策は次の通りとなります。

・無施錠の場所から侵入されるケースが多いため、破壊工作にも強い錠前を付けて必ず施錠するようにする。
・夜間など敷地内への侵入を検知するセンサーなどを取り付ける。
・地域住民や門徒、氏子などと連携を取りながら地域でも防犯パトロールを実施する。
・万が一盗難に遭ってしまったことを考えて仏像、狛犬、掛け軸などの写真を撮って特徴などを記録しておく。
・放火対策として燃えやすい物を建物周辺には置かないようにする。
・壁などのいたずらは防犯意識が低いと思われないように放置しない。
・女性は夜には暗く人気の少ない寺院にはいかない。
・昼間寺院などに行くときは服装に気をつける。肌の露出が多い服は着て行かない。
・常日頃から何が起きるかわからないことを頭の隅に置いておく。

まとめ

大仏の日ということで仏像と寺院での犯罪について紹介してきましたが、寺院での犯罪は罰当たりですよね。しかし実際に起きているのが現状ですので、しっかりと対策をして日本の伝統文化としての宝しっかりと護りましょう。さらに女性に対する犯罪も起きていますので、そこもしっかりと対策をして観光を楽しみましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。