【親御さん必見】小学校に携帯の持ち込みができる!?おすすめキッズケータイを紹介!

文部科学大臣が閣議後の記者会見で、小中学校へのスマホ持ち込み「原則禁止」を見直すことを明らかにしました。ついに小中学校にも持ち込みが検討されます。
そこで今回は小中学校へ携帯・スマホ持ち込みによる問題や課題と、小学生におすすめのキッズケータイをご紹介します。

なぜ、小中学校への携帯・スマホ持ち込みを見直すことにしたのか?

小中学校への携帯・スマホ持ち込み許可については、以前から声が挙がっていました。なぜ今回このタイミングで見直しを始めたのでしょうか。
それは2018年6月に大阪府北部で起きた地震が背景にあります。この地震が起きたのは登校時間でした。保護者が子どもの安否を確認したくても、携帯やスマホを持っていないため連絡がとれず、学校に連絡してもなかなか繋がらないという状況が起きていたのです。
地震後、大阪府教育庁には「携帯やスマホの持ち込みを認めてほしい」という保護者からの声が多数寄せられました。府教育庁は検討の末、小中学校へ携帯・スマホ持ち込みを一部解除することに。政府も府教育庁の発表を受けて、携帯・スマホ持ち込みを見直すことにしたのです。

学校への持ち込みによる問題や課題

保管方法

学校への持ち込みが許可されても、使えるのはあくまでも緊急時のみ。授業中や休み時間は使えないように、何かしらの対策をしなければなりません。そうすると必要になってくるのが、保管方法です。
大阪府のガイドラインでは、保管は生徒の「カバン」と明記しています。しかし生徒自身による自己管理は、正直不安です。盗難の恐れ、ルールを守れずに授業中に使ったり、盗撮する可能性もあります。

携帯やスマホ利用についての指導

歩きスマホも大きな社会問題です。その他にも個人情報の流出SNS利用による犯罪被害いじめなど、たくさんの危険が潜んでいます。
大人でも情報モラルが十分に理解できていない人が多いのに、何の指導もなく持たせることは本当に大丈夫でしょうか。子どもたちが事件や事故に巻き込まれないためにも、学校や家庭できちんと指導する必要があります。

いつ頃決定するのか?

政府は「大阪府の動向を注視しつつ、学校をとりまく社会環境や児童生徒の状況変化をふまえ、通知の見直しを検討したい」と述べています。内閣府の調査によると、児童生徒の携帯電話やスマホの所持率は年々上昇2017年には小学生で55.5%、中学生で66.7%という結果でした。
依存症を懸念する声も挙がっているため、現場の教員や有識者、保護者らからの意見を参考に、持ち込みのルールを決めるとのこと。結論が出るのは4月以降といわれています。

携帯大手3社のキッズケータイを紹介!

ここでは携帯大手3社から発売されているキッズケータイの特徴を紹介していきます。

ドコモ「キッズケータイF-03J」

ドコモ「キッズケータイF-03J」

・防犯ブザー機能
・位置情報機能
・キッズケータイの安心に関わる設定は保護者が暗証番号で管理
・防水、防塵、耐衝撃
・子どもの帰宅状況が分かる「おかえり通知」
・保護者と子どもがある一定の距離を離れたら教えてくれる「みまもりアラート」

au「mamorino5」

auの子どもケータイ「mamorino5」

・位置情報機能
・防犯ブザー機能とセコム対応
・習い事や塾などの出発時間を設定しておくと通知してくれる「出かけるよアラーム」
・保護者が電話をかけて応答がなくても、自動的に電話が繋がる「着信自動応答機能」
・防水、防塵、耐衝撃

SoftBank「キッズフォン」「みまもりケータイ4」

Softbank キッズフォン、みまもりケータイ4

・位置情報機能「みまもりマップ」
・防水、防塵、耐衝撃
・プロの警備員駆けつけサービス

キッズスマホなら「トーンモバイル」がおすすめ!

みなさんはキッズスマホをご存じですか?キッズスマホは、大人が使うスマホと見た目に変わりはなく、子どもの成長に合わせてスマホの使える機能を設定することができます。
なかでも、おすすめのキッズスマホはトーンモバイルです。トーンモバイルには以下の特徴があります。
・成長に合わせてスマホの制限が可能→利用時間やアプリのインストールの制限など
・フィルタリング
・移動通知機能→乗り物での移動手段の変化を検知
・位置情報機能
・歩きスマホ防止機能

スマホなので中学生以上になっても、そのまま利用できます。

もちろん携帯大手3社のauとSoftBankでもキッズスマホは発売されています。しかし料金面から見ても、トーンモバイル月額が大体2000円以下に済むのでおすすめです。

小学生には大手3社のキッズケータイがおすすめ!

キッズスマホについてご紹介しましたが、小学校のお子さんに持たせりる場合はキッズケータイをおすすめします。
小学生はまだ力加減がわからず、物を乱暴に扱うことが多いです。そのため、画面が大きいキッズスマホを持たせてしまうと、壊す可能性がかなり高くなります。キッズケータイであれば、防水・防塵・耐衝撃に対応していて、かつ余計な機能は付いていないので、安全性も十分です。

まとめ

政府が発表した小中学校への携帯・スマホの持ち込み。今後の動きに注目ですね。日本では近年、様々な場所で災害が起きています。子どもの安否を確認するためにも、やはり携帯は持たせていたほうがいいでしょう。その際には、きちんと使い方について親子で話し合いをすることも忘れないでください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【恐怖】あなたの写真が勝手に晒されている?Twitterに潜む「晒し垢」とは

  2. 【卑劣な犯行に遭わないために】夏休み中に再確認したい子どもの防犯とは

  3. 【知っ得】ディズニーリゾートは徹底した清掃でゲストのマナー向上を図っている?

  4. 【変態番付】伝説の変態「上履きトレース男」とは!?

  5. きっかけはなに?ボーダーラインが曖昧な「ネグレクト」について

  6. 【子ども防犯】子供を守るためにどういう防犯対策が必要なの?気になる疑問にお答えします

  7. 【鍵を開ける瞬間に注意】子どもに留守を任せるときの鍵の持たせ方とは

  8. 防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

  9. 【今日の事件簿】遺族の思い届かず減刑。神戸長田区小1女児殺害事件とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP