防犯カメラがエレベーターにあると安心! 密室でも心配いらず

公共施設やマンションなどでごくふつうに設置されている防犯カメラ。事件や事故が発生した際に有力な証拠となり、とても心強いです。
エレベーターのような密室空間にこそ設置すべき防犯カメラ。ここでは、エレベーター内で防犯カメラがどれほど役立つかや、安全な載り方などを紹介します。

防犯カメラはあるとないとで大違い

ひとたびエレベーターに乗ると、外からは完全に見えない密室空間になります。しかも見知らぬ人と一緒になるわけですから、万一のことを考えると気が気ではありません。
近年ではマンションや商業施設などのエレベーターに防犯カメラが設置される機会が多くなりましたが、設置率100%ではない以上、安心ではないのは事実です。

とは言え、カメラの有無は大きな差異をもたらします。不幸にもエレベーター内で事件や事故が発生した際、当時の状況を確認する手段として防犯カメラの映像は非常に有効。解像度の高いカメラならば狭い庫内でも鮮明に映してくれます。

犯罪抑止につながる

マンションを例に挙げると、空き巣犯による侵入強盗は空き巣被害の中で上位に位置します。万一被害に遭ってしまってもカメラの映像を解析して犯人を特定できれば逮捕につながるため、未設置のマンションはすぐに導入すべきと言えます。

「常に監視している」と言う心理的プレッシャーは、犯人を諦めさせるのに役立ちます。たとえそれがダミーカメラであれ、そこにカメラがあると思わせられれば被害者が生まれることはなくなります。

エレベーターと言う密室空間では、見知らぬ人と一緒になること自体がリスキー。仮に何も事件に巻き込まれなくとも、やはり不安になります。
カメラがあれば犯罪を全て防げるわけではないものの、「カメラが監視している」以上は犯人も容易に手出しできなくなります。

エレベーターにカメラがあるか確認しよう

おそらく10人いたら10人が意識していないことですが、エレベーター内に防犯カメラが設置されていないのはリスクが高いです。
古い建物はマンションや商業施設などを問わずカメラが未設置という場合が多く、利用者としては不安を感じざるを得ません。
防犯カメラが設置されていなくとも法的には何の問題も無いため、あえて導入しないと言うケースもあるでしょう。防犯の観点から決して好ましいとは言えず、万一事件が発生しても証拠を残せません。

引っ越しの際にマンションを検討している人は、ぜひそのエレベーターに防犯カメラがあるか確認しましょう。1階に住む予定だからと言う場合を除き、基本的に上階の人はエレベーターを使うはずです。
デパートなどの商業施設と違い、マンションのエレベーターは常に人でいっぱいと言う状況はまずありません。何かされても助けを求めることもできないし、密室である以上すぐに逃げることも不可能です。
防犯カメラは言わば「目」ですから、その「目」がない状況はリスキー。過去にエレベーター犯罪が頻発したことから、今ではエレベーターにカメラが設置されているのは「常識」とされています。エレベーターを使う可能性がある以上は、やはりカメラを導入している物件に住む方が良いと言えるでしょう。

エレベーター内で発生しうる犯罪

見知らぬ人と密室で一緒になる状況はそう多くありません。エレベーターはその代表といってもいいでしょう。
悪意ある人物と同じエレベーターに乗り合わせてしまえば、どんな被害に遭うか分かりません。

庫内で起こりうる犯罪としては、抱きつき、スリ、暴行、盗撮など。中でもスリや盗撮は相手に気づかれずにおこなえてしまえるため、犯人としてはやりやすいのです。
良く言われるように「ドアに近い場所を選ぶ」「すぐにボタンを押せる位置に立つ」ことが基本。なるべく背中を見せないようにすることも重要です。
スマホを操作しながら載るのは避けた方が良いでしょう。無防備になるためいざという時に対処できません。同様にヘッドホンを着けたままの状態も避けるべきです。

「知らない人と一緒になるとは言っても、エレベーターに乗っている時間は短いから平気でしょ」と思うかもしれません。が、たとえばスリ犯は一瞬のスキをついて犯行に及ぶため、時間をほとんど要しません。
短時間だからと油断してはいけないことが分かったでしょうか。むしろ短時間だからこそ「相手は油断しているはずだ」と思われている可能性もあります。

ところで、マンションのエレベーターは商業施設のそれと違い、狭いのが普通です。少人数しか乗れないため、互いに至近距離に位置することになります。
狭い個室かつ密室ですから、痴漢や盗撮、強姦などの性犯罪が発生しやすい環境と言えます。ゆったりしていて人が多く乗り合わせていれば安心と言う話ではないものの、こと性被害に関して女性は十分注意する必要があります。

乗り降りする際の注意点

なるべく一人で乗るようにしましょう。乗り合わせた相手が無害とは限りません。またそのマンションの住民と言う保証もありません。
乗る前にまず、周囲に人がいないか確認しましょう。同性ならばまだ安心ですが、男性がいる場合は要注意です。
自分の他に乗る人がいないことを確かめたら、そのまま「閉」で目的階に向かいましょう。

先述しましたが、エレベーター内ではボタンの近くに立つことが大切です。万一の際は、地震発生時と同じくすべての階のボタンを押すこと。そうすれば最寄りの階で止まります。
では、一度は他人と乗り合わせたもののやはり不安になった時はどうでしょうか。たとえば携帯電話が鳴ったふりをして最寄りの階で降りるなどの工夫をすると安全です。
非常ベルのあるエレベーターならば、すぐにボタンを押せる位置をキープ。壁を背にして相手に背中を見せないようにしましょう。
非常時は冷静な判断ができず後ずさったりしてしまいがち。そうなれば相手の思うつぼです。なるべくボタン付近に立つよう心掛け、もし不安を感じたら相手に遠慮せず全てのボタンを押してしまうくらいの行動が必要です。

実は、一部の県警では男性との乗り合わせに注意するよう、公式サイトで呼びかけています。男性視点からすれば不快に感じる面もあるでしょうが、女性が身の安全を確保するためにはこの方法しかないということです。
閉まりかかったドアを無理矢理開けて入ってくる男性がいますが、そうした場合も注意です。強引にドアを開ける光景だけでも引いてしまう上に、もしかしたら何かされるんじゃないかと余計な心配をしてしまうからです。その際は思い切って降り、次を待つ方がずっと安全と言えます。
男性とは絶対に載らない、譲られても乗り過ごすなどしてうまく危険を回避するのがポイントです。

まとめ

エレベーターは昼夜を問わず密室であり、犯罪を起こそうと思えば容易に起こせてしまえる環境です。
女性が単独でエレベーターに乗る際は、「男性がいるなら絶対に乗り合わせない」「譲られても断る」「それでも乗る時はボタン付近を死守」など徹底する必要があります。
短時間とは言え見知らぬ男性と同室するのはリスキー。男性全てを疑うのは気が引けるかもしれませんが、身を守るには必要なことです。
疲れている時、急いでいる時にとても便利なエレベーター。けれど、利用する前に本当に安全か意識することも大切です。知らない人とは一緒に載らない。これだけでも徹底すると防犯意識が高まります。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【台湾】怪しすぎるだろ!車の下に隠れて盗撮する人を女子高生が発見

  2. 女性のための完全防犯マニュアル

    【完全版】Moly女性のための完全防犯マニュアル

  3. マンションの中も油断大敵? エレベーターでの犯罪から子どもを守る防犯対策

  4. 【オドロキ事件簿】エスカレーターで起きた、盗撮よりも気持ち悪い犯罪とは…?

  5. 【要チェック】あなたの家は大丈夫?犯罪の起きやすいマンションの特徴とは

  6. 防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

  7. えっ!? 防犯カメラ映像の解析技術でこんなことまでできゃうの!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP