【スマート防犯】スマホで防犯対策できるって本当?手軽にスマートに犯罪を防ぐ方法とは

今やスマホは私たちの生活に欠かせない存在。人によっては複数台を所持していることもあり、いかに日常生活に浸透しているかが分かります。

そんなスマホですが、実は防犯対策に利用できるのです。昨今は物騒な犯罪が多いですから日頃からの防犯対策はとても大事です。

今回はスマホを使った防犯対策について説明していきます。

誰でもスマホで防犯対策できる時代

家の中か外かを問わず、いつ犯罪に巻き込まれるか分かりません。いざという時に備えていろいろと防犯対策をしている人もいるでしょう。

たとえば一人暮らしで帰宅が遅い人は、おそらく留守中に泥棒に入られないか心配になることもあるのではないでしょうか。あるいは過去に空き巣被害に遭ったため、不安から防犯カメラを設置したり玄関のカギを二重にしたりしていることでしょう。

そんな防犯上の不安を解消するためにスマホが役立ちます。スマホと連動して遠隔操作できる電化製品をご存知でしょうか?外に居ながらテレビや照明のオンオフを切り替えられる製品が代表例です。こういった製品を使えば、外出中でも家に人がいるように思わせることができ、犯行のターゲットから外されます。

また、古いスマホを使った防犯対策もあります。使わなくなったスマホを監視カメラとして再利用する方法です。

SIMカードを抜いていても無線LANは使用できるため、監視用カメラアプリをインストールすればOK。撮影した画像や映像はパソコンやタブレットで確認できるので便利です。

簡易システムではありますが、誰もいない家の中をリアルタイムでチェックできる優れもの。空き巣対策として十分に活用できます。防犯カメラほどの精度ではもちろんないものの重宝するのは確かです。

アプリつながりで防犯ブザーの役割を果たすものもあります。タップするだけで大音量を発したり、登録したメールアドレスに自動で緊急メールを送信できたりと大変便利。女性の護身用はもちろん、子供向けの防犯アイテムとしても利用できます。

自宅の鍵をスマホで開け閉めすると言う画期的なシステムについても紹介します。これはスマートロックと呼ばれ、無線を使って鍵の開閉をおこなうものです。

専用のシステムを玄関の鍵部分に設置し、スマホと連動させると無線で通信可能。スマホはポケットに入れたままでOKです。鍵の閉め忘れを確認することもでき、たとえ開いたままでも一定時間が経過すると自動で鍵が閉まるようになっています。

スマホがあれば防犯アイテムに変わってしまう訳ですから、以上で紹介した数々のうち1つは試したくなるのではないでしょうか。ちなみに筆者はスマホで鍵の開け閉めができるシステムに興味を持っています。スマホ1つで施錠と解錠ができるなんて格好良いですし、合鍵を作る必要がなくて便利だと思います。

騒音を計測するアプリ

カメラアプリの中には、監視と同時に騒音を計測するものがあります。たとえば窓ガラスを割られた際に発生する騒音を捉えると、アプリが自動的に音量を計測してデータを保存してくれます。

ガラスが割れるほどの音が日常生活で発生することはあまりありません。非常にうるさく感じる音と言えば、大型車や電車が近くを通過した時くらいでしょう。それくらい大きな音が自宅で発生するとなると、空き巣被害を疑うのが普通です。

dBで計測されるため騒音レベルがどれくらいか把握できて嬉しい。ちなみに65~110dBは多くの人が「うるさく」感じるレベルです。

監視と騒音計測を同時におこなえるアプリ、とても便利と思いませんか?

スマホを使った防犯対策にはカメラ関連が多い

試しにネットで「防犯 スマホ」などと検索すると分かりますが、監視カメラとスマホを連動させたもの、あるいはスマホそのものをカメラとして使用するものに関する情報が多いです。

やはり人間の目が届かないところはカメラによって監視するのが一番ですから、誰でも持っていてサイズ的にも丁度良いスマホとの相性がいいのでしょう。決して高画質な映像や画像は得られないものの、便利な小型監視カメラとして活用できる利点は大きいと言えます。

防犯カメラとスマホを連動させた製品も多く見られます。防犯カメラで撮影した映像をリアルタイムでスマホからチェックでき、またカメラのオンオフもスマホでできてしまう手軽さは一昔前には無かったものです。

スマホの普及は防犯の領域まである程度カバーするまでになっており、今後ますますこの領域に進出していくでしょう。

スマホ連動カメラの費用

防犯対策をしようと思った時、気になるのはやはり費用。あまりに高額では躊躇してしまうため、費用を考える際はシビアになりがちです。

以前は10万円ほどするカメラがごく普通に流通していました。が、幸いなことに現在は防犯カメラの価格はそこまで高くありません。スマホ連動するタイプでは7000~8000円程度もあれば購入可能です。

赤外線LED遠隔操作機能を搭載している、あるいはHD録画に対応している製品は2万~3万と値段は上がるものの、高性能であるのは間違いありません。防犯対策にかかる出費をあまり惜しまないならばこれらの製品を選ぶと良いでしょう。

一昔前と比べて防犯カメラの価格はかなり安くなっています。自宅および家族の安全を身守るために、スマホ連動型カメラを導入してみましょう。

スマホをなくしてしまうとアウト

防犯アイテムとしても重宝するスマホですが、紛失してしまうと不都合です。防犯カメラの映像をリアルタイムで確認できない、玄関を解錠できないなどのアクシデントに見舞われてしまいます。

スマホがなければデータの確認も連動端末の管理も不可能。便利な反面、スマホを無くすと途端に不便になります。キーロックに至ってはスマホがないと自宅に入れません。便利さが焦りに一変してしまいます。

通話にメール、ブラウジングなど日常的に使用するものであるだけに、ついうっかり紛失させると「便利な防犯アイテム」どころの話ではなくなってしまいます。

普段と同じかそれ以上にスマホの取り扱いに注意する必要があります。家の鍵と同じく細心の注意を払ってスマホを管理したいものです。

まとめ

防犯対策としてスマホを使う。現代ならではの光景です。何か防犯対策をしなければと思っても何をすればいいのか分からない人が多いです。が、「スマホで手軽にできる」と聞けば、便利だしちょっと面白そうと思うのではないでしょうか。

防犯と言うと仰々しいイメージがあるかもしれません。ですが、今はスマホで「スマートに」防犯できる時代です。防犯の第一歩としてスマホを使った対策を取り入れてみてはどうでしょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 防犯対策もオシャレに! まるでジュエリーな防犯ブザー

  2. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリー会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【2】

  3. うっかりカギのかけ忘れ!リスクと防止グッズのご紹介!!

  4. 思い出を残しながら防犯にも役立つ「TOAST CAM」知ってますか?

  5. 【防犯フィルムおすすめ20選】価格は安くても空き巣に効果的な防犯フィルムを大公開

  6. 【Digi Police】のダウンロードは済んでいますか?必ずダウンロードしておきたい防犯アプリ

  7. 【ブラジャーの日】下着泥棒対策は万全ですか!?

  8. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  9. 侵入窃盗は店舗でも発生する!大切な従業員と売上を守る方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP