注目の記事 PICK UP!

【大活躍グッズ】日常生活にも防犯対策にも便利な宅配ボックスを上手に利用する方法は?

宅配ボックスの需要が近年高まっています。比較的新築のマンションにはたいてい設置されているため、今まさにそうしたマンションに住んでいると言う人も多いでしょう。逆に「宅配ボックスが気になっているけど導入していいものか」と悩んでいる人もいるかも知れません。

実は、宅配ボックスは防犯対策としてとても役立ちます。どんな点で有用なのか以下で紹介していきましょう。

防犯対策の一環として重宝する宅配ボックス

一人暮らし女性にとってとても助かるのが宅配ボックス。日中不在でも、業者がボックスに荷物を投函していくので再配達を依頼する手間が省けます。

また、たとえ在宅でもわざわざ応対することなく荷物を受け取れるのも便利。ドアを開けたら訪問販売だったなんて経験、あるのではないでしょうか。

見知らぬ人と対面するのはとてもリスキーです。しかもセールスだとなかなか帰らないことも多いため非常に迷惑。それに昨今は配達業者を装った犯罪が増えているため、安易にドアを開けてしまうのは危険です。ドアチェーンをかけたままの応対でももちろん良いのですが、できれば顔を合わせずに受け取りたいですよね。

インターホン越しに「その場に荷物を置いて欲しい」と頼む方法もあるとは言え、それはそれで不用心。宅配ボックスに入れてもらった方が安心です。

築浅のマンションでは初めから宅配ボックスが備わっていることが多く、不在がちの人にとっては便利。時間を気にせず、また見知らぬ相手と対面することなく荷物を受け取れて便利です。

一人暮らし女性が物件を選ぶ際に重視する点としてオートロック完備かどうかが挙げられますが、それと同じくらい宅配ボックス完備の物件は居住者にとって安心安全。不在時でも荷物を受け取れるメリットだけでなく、先に述べたように知らない人と対面せずに済むと言う安全性も確保できるからです。

たとえ日中誰かしら在宅しているとしても、今のご時世、玄関ドアを開けるのは安全とは言いがたいです。宅配ボックスがあれば配達業者としても楽だし、印鑑をボックス内に入れておけば「対面で受け取った」ことと同じなので双方にメリットが生まれます。

居住者視点で言えば、宅配ボックスは単に便利なツールと言うよりむしろ、防犯上とても重宝する存在。インターホンを押した人物すべてが不審なんてことはもちろんないものの、安易に応対してしまうのは安全面からリスキーです。

宅配ボックスがないマンションではどうする

築年数の経過したマンションにはもともと宅配ボックスがありません。不便と思いつつ再配達を依頼したり、インターホンが鳴るたびに応対したりしている人には煩わしいでしょう。

そんな時は、簡易型の宅配ボックスを購入すると便利。通販やホームセンターなどで入手できます(事前に管理人などに設置の許可をもらう必要はあるかもしれません)。

宅配ボックスがないマンションだから……と嘆かずとも、数千円程度~の出費で手軽さと防犯性の両方を入手できるわけですから、検討に値します。

宅配ボックスの中身が狙われる心配

不在時や女性の一人暮らしにとても便利な宅配ボックスですが、実は、荷物を盗まれる被害が発生しています。

宅配ボックスを破壊するなどして中身を奪う手口は古典的ではありますが、利用者としては気が気ではありません。空き巣が室内に侵入するついでに荷物を盗んでいくケースもあるため、決して安全ではないのです。

いわば性善説に基づいている宅配ボックス。防犯上有効と説明しましたが、ボックス本体を壊されては、さすがに中身の防犯まではできないことを表しています。

荷物を溜めこまないよう常にボックス内をカラにするなどし、被害を最小限に抑える必要があるでしょう。

ボックス近くに防犯カメラを設置する方法もあります。ただこれは個人で設置したボックスに対してのみ有効。個人的に玄関前に設置したボックス付近に防犯カメラを取り付けておけば、たとえ荷物を盗まれても犯人の特定が容易になります。

宅配ボックスとは言え、室外に私物がある状態はリスキー。防犯カメラで常に監視すれば盗難被害を食い止めることが期待できるでしょう。

子供の留守中にも効果を発揮

子供がいる場合、インターホンが鳴っても決して応対してはいけないと指導していることと思います。確かに誰がどんな目的で来るか分からない以上、子供にドアを開けさせるのは危険です。

そうした場合にも宅配ボックスは重宝します。荷物を確実に受け取れるし、大切なわが子を危険な目に遭わせずに済むからです。

なるべく宅配ボックスありの物件を選ぶようにする

引っ越しを考えている人には、ぜひとも宅配ボックスが装備されている物件を推奨します。やはり見知らぬ人と対面しての応対はリスクが大きいからです。なるべく他人と顔を合わさずに荷物を受け取りたいと考える女性ならなおさら、宅配ボックスのある物件の方が住みやすいと言えるでしょう。

頻繁に通販を利用する人もやはり宅配ボックスありの方が良いと言えます。インターホンが鳴るたびに毎回応対するのは煩わしいですし、外部の人間と顔を合わせるのはやはり危険が付いて回ります。

「通販はほとんど利用しないから宅配ボックスなんて不要」と考える人にも、宅配ボックスを推奨します。その物件に住んでいる間、ただの一度として荷物を受け取らないと言うのはちょっと考えられないし、不審者が宅配業者を装ってやってくるかも知れません。

通販の利用頻度はあまり関係なく、「安心安全に荷物を受け取る」ことを第一に考えた方が良いでしょう。

宅配ボックスありの賃貸物件は、なしの物件より若干家賃が高めに設定されていることがあります。ほとんど通販を利用しないから無駄な費用と考えたくなりますが、なるべく宅配ボックスあり物件を選ぶべきと言えます。

一人暮らし世帯こそ宅配ボックスを導入しよう

今後ますます宅配を利用する人が増えていくと思われます。単身世帯は日中不在であることが多いため、スムーズに荷物を受け取れるとは限りません。コンビニ受け取り指定もできるとはいえ、利便性を考えるとあまり積極的には利用したいとは思わないでしょう。

一人暮らしの女性や子供が小さくて在宅していても毎度応対するのが難しい家庭は、宅配ボックスに荷物を入れてもらうととても助かります。手軽さもそうですが、やはり防犯の観点から、見知らぬ人と接触するのを避けられるのは安心安全です。

ちなみに、宅配ボックスを設置していないマンション(特に賃貸)では、業者への設置要望が多いのだとか。単身向け物件ならばなおさらそうした声は多いことでしょう。住民からの要望が増えれば増えるほど管理会社は導入を検討すると考えられます。

設置スペースなどの問題はありますが、まずは管理会社に要望を出してみると良いかも知れません。

まとめ

昨今、需要が高まっている宅配ボックス。利便性と防犯性の両方を備えており、一人暮らし世帯におすすめです。特に防犯面で言えば業者と直接のやり取りがなくなるので安心ですし、また在宅時でも「手が離せないので宅配ボックスに入れて下さい」と頼めば済んでしまいます。

一人暮らしは何かと防犯面で気を使う場面が多いです。知らない人との接触を避けたい人にとって宅配ボックスは、多少費用がかかっても利用すべきツールと言えるでしょう。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 侵入犯罪の発生ペースは7分に1回!防犯対策や防犯知識を紹介

  2. 【意識改革】泥棒を敬遠させる一番の防犯対策は高い防犯意識から!

  3. 【要チェック】あなたの家は大丈夫?犯罪の起きやすいマンションの特徴とは

  4. 泥棒の手に鍵が…渡らないために今すぐやるべきこととは?

  5. 空き巣は下見をしている!どこを見ているのか知って被害を防ぎましよう!

  6. 【お役立ち】オススメの防犯カメラ! 1人暮らしの女性も安心、簡単防犯カメラガイド!

  7. 【ストップ】110番するまえに、自分でデキる夜間の防犯対策のポイントとは?

  8. 【秋到来】夏で終わりじゃない、性犯罪は秋でも要注意!!!

  9. 【自宅警備が重要】自宅にいても犯罪に巻き込まれる?部屋の防犯対策をおこなうべき理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP