防犯カメラの設置位置に悩んだとき、大事なのは「犯人目線」で対策をとること!!

防犯カメラの導入を決めたは良いけれど、どこにどう取り付ければいいか分からない。業者に頼まず自分で設置するとなると、取り付け位置は思いのほか難しいものです。

カメラの効果的な設置位置や設置方法とはどんなものか、以下で詳しく紹介しましょう。

防犯カメラ設置の目的

どこに取りつけるのが効果的なのかを一度考える必要があります。ほとんど効果のない場所に設置しても犯罪を防ぐことはできません。

たとえば住宅の場合、玄関や窓、ベランダ、駐車場などへの設置が主なものでしょう。空き巣の侵入経路は玄関やドアですから、そうした場所にカメラを取りつけるのは何ら不思議ではありません。

マンションだと管理会社を通じて設置することになるためスムーズにはいきませんが、戸建てならばすぐに取り付け可能です。その気になれば侵入経路となり得る場所すべてに設置することだってできます。

では次に店舗の場合。自宅兼店舗という家庭もあるでしょう。入り口や店内、窓、建物の裏手など複数個所に設置し、死角を作らないことが必要です。空き巣に加えて万引きのリスクもあるため、店内だけでも2,3台は取り付けた方がいいと言えます。

自宅と店舗、大きく分けて2つの場合が考えられますが、どちらにも共通するのは「犯罪の防止」である点。もちろんカメラなんてお構いなしに犯行に及ぶケースはあるものの、やはりカメラの有無は犯罪者に心理的プレッシャーを与えることに関係します。

そもそも防犯カメラ設置の目的は「不審者の確認」「状況の撮影」「抑止」の3つ。カメラを取り付けるからにはこれらを想定していることが大前提であるはずです。

効果的な設置場所とは

犯罪者は「絶対見つかってはならない」との考えの下、犯行に及びます。見られることを嫌うため、家主や目撃者、そしてカメラの存在は彼らにとって邪魔でしか有りません。

すなわち「今まさに不審者を撮っているんだぞ」とアピールするような設置場所が重要。犯罪者に示すことで諦めさせられれば、被害に遭わずに済むのです。

効果的な示し方としては、ステッカーで警告すること。「防犯カメラ作動中」などの文字が入ったステッカーを玄関先などに貼り付け、犯罪者の目を引く工夫を凝らすといいでしょう。

「今まさに撮影されている」「もう既に撮影されてしまったかも」と言った意識を持たせ、これ以上はマズイと思わせることが期待できます。

次にセンサーライトや警告音でアピールする方法を紹介します。カメラの近くに人感式のライトやアラームを設置すれば、何らかの異常を検知した際に知らせてくれるため心強いです。

ライトやアラームを設置する最大の目的は「犯罪者により強いプレッシャーを与える」こと。空き巣は光や音を非常に嫌うため、単にカメラを設置しただけよりも高い防犯効果を得られるのです。

この他、ホームセキュリティを導入する方法もあります。24時間365日遠隔で監視しているため、万一以上が発生すれば警備会社がすぐに駆け付けてくれます。当然費用はそれなりにかかりますが、いわば「非常に堅いガード」なのでカメラ単体よりも効果はてきめんです。

設置位置や設置場所の具体例

防犯カメラの設置場所で悩む人が多くいます。死角となる場所に設置しようにも、取り付けにくいため断念せざるを得ないケースも少なくありません。

設置個所に制約があると、そもそもカメラを導入すること自体が不可能。運よく設置場所を見つけても障害物に阻まれてうまく撮影できない、なんてこともあり得ます。

思った以上に難儀するかもしれませんが、設置する場所に何らかの制約がある場合を除き、「基本的に2~3メートル程度の高さ」で取り付けるのがベターとされています。

あまり低い位置に設置してしまうといたずらされたり、空き巣が向きを変えたり、はたまた破壊されてしまったりとリスクが大きいからです。

そこそこ安価で購入できるとは言え、そういくつも買い替えられるほど安い訳でもありません。あらゆるリスクを排除するためには、手の届く高さに設置すべきでないことを意識しましょう。

逆に高すぎる場合も考えものです。撮影範囲は広くなるものの、犯人の顔を鮮明に映すのが困難になるからです。相手がどんな顔なのかを確かめるためのカメラなのに、人相が不鮮明では意味がありません。

低すぎず高すぎず、そしてカメラがあることが誰の目にも明らかになるような位置がもっとも理想的です。

侵入経路となりうる玄関、窓、勝手口などにそれぞれ1台ずつ取り付けると良いでしょう。車上荒らし対策も併せてとるのであれば、駐車場に設置するのも有効です。

適切な位置に設置すれば防犯効果は確実に得られる

防犯カメラを設置したことで犯罪発生率が低下したと言うデータがあります。想像してみれば分かりますが、カメラがそこにあるとなんとなく「監視されているのか……」と後ろめたくなるでしょう。たとえやましいことをしなくとも、その場を離れたくなるかと思います。

防犯カメラのメリットはまさにここにあります。そこにカメラが存在するという事実が心理的プレッシャーとなり、犯罪を思いとどまらせることに繋がる訳です。

しかもこのデータ、日本のみならず世界でも実証されているというから驚き。人間に監視されているのと同じ効果が、防犯カメラによって得られることを表しています。

もちろん100%犯罪を防げるわけではありません。おそらく人が監視していても完全に防げはしないでしょう。けれども、そこに人がいるのと同じ効果が防犯カメラにあることを考えると、適切な位置や場所に設置することによって最大限の犯罪抑止効果を得られるのは明らかです。

おそらくわれわれが思っている以上に犯罪者は身近な場所にいます。もしかしたら今まさに自宅がターゲットにされているかもしれません。

設置場所を十分に吟味し、少しでも犯罪を置きにくくすることが重要。本気で犯罪を防ぎたいと考えるならば、設置場所やカメラの性能はしっかり考慮すべきと言えます。

個人で設置する際は少し注意

業者に依頼せずとも設置できるのは確かですが、素人仕事ではカメラ設置の効果を十分に得られない恐れがあります。

ベテランの空き巣ならば、素人が設置したかどうかすぐにわかるそう。傘で向きを変えられたり、配線を切られたりといともあっさりと監視を突破してしまうようです。

確実に防犯性を高めるならば業者に依頼するのが一番。「こんな時空き巣はどうやって侵入するか」「この位置に設置すれば空き巣の人相をはっきり映せる」など細かく計算しながら取り付けていくため、素人仕事よりもはるかに安心です。

ダミーカメラを設置するのはどうか

防犯カメラに似せて作られたダミーカメラ。防犯カメラほどではないにしろ、ある程度の効果は得られます。

けれど、慣れた空き巣が見ればダミーかどうかの判別はすぐについてしまいます。防犯カメラの知識を持ち合わせているため、「ただのハッタリか」とむしろ安心して侵入するおそれさえあります。

なぜ見破られるかと言うと、本物に比べて安っぽさが目立つから。どんなに本物っぽく作っても色合いや重厚感などにおいて劣るのは確かです。

動作ランプがついていない点も見破られるポイントです。本来ならばランプが灯っているはずですが、ダミーはそもそも通電していません。

どんなに適切な位置に設置したところで、ダミーである以上撮影される事はないし、監視されていないも同然です。安価で済む等のメリットはありますが、やはり本物のカメラを導入した方が安心です。

まとめ

防犯カメラの設置に苦労する人は多いと言われます。カメラは極めて防犯性の高い製品ですが、設置方法を誤ると効果は得られません。

不慣れな手つきで取り付けて後で後悔するより、業者に頼んで確実性を期すほうがずっと賢いと言えます。

カメラの設置位置いかんで空き巣「この家は見かけだけであまりセキュリティが高くない」と思われるのは悔しいもの。ぜひ業者に依頼して適切な位置に取り付けてもらいましょう。

執筆者:Moly編集部

関連記事

  1. 【知ってた?】防犯ブザーは「投げる」もの!被害を最小限に食い止めるコツはこれ!

  2. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  3. 【秋】日が短くなったいま、再確認したい町内パトロールとその効果とは

  4. 【注意】スパイダーマン!?下着を盗むために3階までよじのぼって4階に逃げた男

  5. あなたの新居は大丈夫?【女性必見】新生活で行いたいカギ防犯!

  6. 防犯カメラを設置するべき物件ってどんなところ?気になるギモンを解決!

  7. 海外旅行もこの“6選”さえあれば安心!?防犯にも役立つ便利なアプリとは

  8. その会話、丸聞こえ。盗聴は意外と身近で起きている!狙われやすい環境とは?

  9. 【ドライブレコーダーおすすめ20選】何を重視すればいいの?ドライブレコーダーの選び方を大公開!-No…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP