イタリアの大都市ナポリの最新治安情報!本当に治安が悪いの?

  1. 海外

“ナポリを見て死ね”という格言があるほど、観光スポットとして有名な南イタリアの最大都市ナポリ。
とはいえ、ナポリは治安が悪いというウワサが多く、行く気にならないという方も多いでしょう。本記事では、そんなナポリの最新治安情報や、注意点について紹介していきます。

イタリアの三大都市ナポリとは?

イタリアの首都ローマから、大体2、3時間のところに位置するナポリ
ヴェネツィアやフィレンツェ、ローマ同様に多くの観光スポットがある都市です。

大聖堂や教会などの歴史的建築物が多く、古代都市ポンペイ遺跡などを目的に足を運ぶ方も多いでしょう。
世界遺産に登録されているナポリ歴史地区もあるため、イタリアの歴史に興味がある方なら確実に楽しめるスポットです。

とはいえ、ナポリの観光について調べてみると、悪いウワサがかなり目立っています。
あまりにもネガティブな話が多いため、下記ではナポリの治安について詳しく解説していきます。

ナポリの悪い噂は半信半疑で聞け

ナポリについて調べてみると、次のようなウワサが目につきました。

ピアスを身につけていた観光客に対し、現地人が耳たぶをひきちぎってピアスを強奪。
観光は中断し、そのまま病院送りに…。

やはりナポリのなかでも評判の悪いスペイン地域などは、色んなウワサがありました。
ほかにも“腕時計をしていたら盗まれる”などの話も発見しましたが、これらの情報は信憑性がかなり低いです。

スリを生業としている犯罪者は確かにいますが、基本相手にバレてしまうモノを盗むことはありません。
つまり、盗まれるモノとして注意が必要なのは、サイフやカバン、スマホなどです。

とはいえ、スリに注意しなければいけないのはナポリに限らず、ヨーロッパならどこに行ったって変わりません。
防犯意識は大切ですが、ナポリの悪いウワサは、半信半疑だと思ってください。

ナポリの治安の悪いエリアには近寄ってはいけないの?

ナポリには治安の悪いエリアとして、「スパッカ・ナポリ」と「スペイン地区」が挙げられます。
“そんな場所に近寄ってはいけない”や“現地人ですら顔をしかめる”という情報も。

とはいえ、ナポリの治安が悪いといわれる地域でも、楽しく観光することができます。
治安はそこまでよくありませんが、十分に対策をしておけば問題なく観光を楽しむことができるのです。

スパッカ・ナポリ

イタリア語で「ナポリを2つに割った」という意味をもつ「スパッカ・ナポリ」。
ナポリの中心部にあり、スペイン地区からフォルチェッラ地区まで伸びている1キロ以上に渡る長い道です。

現地人でも怖がってあまり歩かないと言われていますが、1キロ以上の道のなかで危険な場所もあれば歩ける場所あります。
事実、スパッカ・ナポリの真ん中には東洋大学などの有名大学があり、昼間はとくに多くの学生で賑わいを見せます。

もちろん、大学に通っている学生達はスパッカ・ナポリの近くに住む人ばかり。
昼間はワイワイしているし、夜も学生達がBARで酒を飲んでいるため、そこまで怖いエリアではありません。

下町感覚が強く、礼拝堂や教会も多いため、観光スポットとしても人気です。
ただし、路地裏など人混みから外れるとスリなどの被害に遭いかねません。

やはり夜遅くまで行動するのは控えたほうが良いでしょう。

スペイン地区

スペイン地区は、おそらくスパッカ・ナポリよりも治安が悪いイメージのあるエリアでしょう。
基本的に夜に出歩くのはオススメしませんが、夏にいけば夜21時ごろでも日が沈まないのでかなり時間にゆとりを持って行動できます。

また、多くの観光客で賑わっているだけに、何かすぐに危険な目に遭ってしまうようなエリアではありません。
出店も多いですし、なによりもイタリア・ナポリで145年間以上愛されているピッツェリア「ダ・ミケーレ」もスペイン地区のエリアです。

大人気店である「ダ・ミケーレ」をナポリの治安の悪さを気にして食べないのは、非常にもったいないと言えます。
ただしスペイン地区のどこか怪しげな雰囲気は、肌で感じるでしょう。

バイクを3人乗りしていたり、怖い顔のオジサマがじっと睨みつけてきたりしますからね。
スペイン地区はあくまでも暗くなる前に行動し、夜は立ち寄らないエリアと認識しておけば大丈夫です。

ナポリに限らず防犯意識は必須

イタリアでは政府の治安対策による取締りのおかげで、年々犯罪認知件数は減り続けています。
ナポリも含めて日本人観光客が暴行をされる等のケースは稀なため、治安を気にして旅行を止める必要はありません。

とはいえ、2016年度のイタリアでは年間スリが約16万件、ひったくりが約1.7万件起きています。
※参照元「外務省 海外安全ホームページ」https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_153.html

それだけにイタリアを訪れるさいには、防犯意識と防犯対策が大切です。
スリをおこなう犯人は、気の緩んでいる観光客ばかり狙います。
警戒心を持つだけでも、スリやひったくりに遭うリスクは大幅に軽減できるのです。

スポンサードサーチ

まとめ

本記事では、ナポリの最新治安情報ついて紹介しました。
結論から言うと、必要最低限の防犯意識と対策をしておけば、ナポリの観光はとても充実した時間になるでしょう。

夜ひとりで行動しない、浮ついた気持ちで歩かない、サイフやスマホを外ポケットに入れておかないなど、当たり前のことをきちんと行うことが大切です。
ナポリには絶景ポイントや歴史的観光スポットが多くあり、イタリアを熟知するためには欠かせないエリア。

ナポリのうつくしさを知らずに死ねないということわざの意味を、是非体感してみてくださいね。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。