空き家は危ない!危険性まとめ

高齢化に伴い、空き家は年々増加の傾向にあります。
そんな空き家が悪用されるパターンをご紹介します。

増加する空き家

少子高齢化や人口減少が原因で、住宅の供給が多すぎる自体になっています。
実際に資料では、
“総務省の「平成 25 年住宅・土地統計調査」(平成 27 年 2 月 26 日公表)2 によると、平成 25 年 10 月 1 日時点における全国の空き家総数は約 820 万戸に上り、全国の住宅総数(6063 万戸) に占める空き家率は 13.5%と過去最高となった。”
(引用)国⽴国会図書館
(http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11045312_po_0997.pdf?contentNo=1)
と記載されており、住宅がたくさん余っていることがわかります。
そのため、空き家が増加しているのです。

また、倒壊などが発生する危険性がありつつも撤去の進まない空き家が存在します。
原因は、撤去作業にかかる100〜200万円の費用でしょう。
市町村が代行して除却を行うこともありますが、私有財産の代行作業は慎重に行う傾向が強く、
放置されるケースも少なくはないそうです。
震災で倒壊が起きる可能性が残された状態での放置は、地域住民にとって恐ろしいことだと言えます。

近隣住民への被害

空き家が地域にあることで、被害が出ることがあります。
どんな被害があるのか、確認しましょう。


・倒壊
老朽化による倒壊によって、隣の家に空き家が倒れることがあります。
この場合には、損害額を要求することができますが、建て直し期間などを考えると損です。

・火災
放火や侵入によるタバコのポイ捨てによって、火災が発生することがあります。
枯れ木や落ち葉に燃え移ることで大きな火災になる可能性が高く、非常に危険です。
隣家に燃え移ることもあります。

・ゴミ
空き家への不法侵入などポイ捨てによって、ゴミが溜まってしまう場合があります。
この場合、異臭問題や景観問題が発生します。
また、枯葉、落ち葉などが隣家に落ちることで問題になるケースもあります。

・犯罪多発
景観の悪い空き家があることで、その地域で犯罪が発生し始めます。
なぜなら、個人のこと以外に無頓着な人間の集まった地域と判断されてしまうためです。
他人に無頓着ならば、犯行現場を見られる危険性が減る、ということです。
空き巣被害の対象になったり、ストーカー被害が発生する点にも注意が必要です。
犯罪のターゲット地域にならないように、景観を整える必要があります。

・溜まり場化
空き家のスペースを利用して、溜まり場となってしまう場合があります。
不良が団体で不法侵入し、夜遅くまでわいわいと騒いでいたり、
昼間から改造バイクがブンブンと鳴り続けていたらノイローゼになってしまうかもしれません。
また、ホームレスが寝床として利用する場合もあります。

・犯罪現場化
殺人現場、死体遺棄現場などの、現場として利用されてしまう場合があります。
事件後では、所有者が土地を売ることも難航するため、
空き家の状態が続いたり、買い手のつかない土地となってしまう悪循環が起きます。

以上のように、近隣住民への被害が大きいです。
いくら個人的に防犯のための対策を日頃から行っていても、
狙われやすい地域に住んでいたのでは、危険性は高いままです。
安心に暮らすための対策をその地域で行うのであれば、元凶をどうにかするしかありません。
または、よその地域への引越しを考えるべきでしょう。
このように、空き家問題は近隣住民への負担の大きな問題となっています。

お子さんを近づかせない

近隣住民の方々は、お子さんに空き家へ近づかないように教えることがオススメです。

理由としては、
・お子さんが空き家に入った際、犯罪者と鉢合わせて殺害される
・秘密基地としての利用中に倒壊し、下敷きになった結果大怪我を負う
・水道もあるし、と花火をしていたら、家に燃え移って大火事になる
・敷地内で遊んでいたら、目撃者のいない状態で行方不明になる
・理由なく他人の住居のある敷地内に侵入することで、住居侵入罪として捕まる
・家に落書きや傷をつけることで、器物破損が成立して捕まる
などが挙げられます。

空き家は危険には、危険な面が多いことがわかっています。
子供だから犯罪者として認められない、なんてことも起こらないので、
知らぬ間にお子さんが犯罪者として捕まってしまうことも起こり得ます。

親御さんが責任を持って、お子さんに空き家に入ってはいけないこと、近づかない方が良いことを
言い聞かせましょう。
犯罪に巻き込まれたり、犯罪を犯すことへの対策になります。

町内会での見回り活動

どうしても所有者が対応してくれない場合には、町内会で見回りを行うことがオススメです。
定期または不定期であっても、巡回場所とすることで人よけの効果があります。

まとめ

空き家の状態は、恐ろしいです。
一番良いのは、所有者がしっかりと空き家を管理することでしょう。
しかし、実際には処分にかかる金額があまりに大きく、結果的に放置される場合が多いです。

反対に、子孫が使わないこともあり、売りに出す人が増えています。
ご自身が空き家を所有していて大変なのであれば、お子さんが所有者になった際にもきっと大変です。
持て余しているのであれば、事件や事故が起きて費用が嵩んだり売れなくなる前に、処分してしまいましょう。

最近は、空き家バンクを利用したカフェや保育施設が誕生しています。
空き家の状態で放置されることで様々な危険が発生するのではなく、
人の憩いの場所と変化するならば、近隣住民も嬉しいものです。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 繁華街の防犯対策ってどうなってるの?東京都の防犯カメラ事情とは

  2. 【ゲレンデマジックを起こすために】スキー場ではまず防犯対策でストレッチ!

  3. インターネットを使う時に忘れてはいけない防犯意識

  4. 【大型台風接近中】災害時の対策をまとめてチェック

  5. 出張や旅行で利用するホテルで安心して宿泊するための防犯対策

  6. 盗聴器のせいでプライバシーがダダ洩れ!直ちに発見して処分するために行うべき方法とは

  7. 家の防犯性能を高めたい!そんな方は玄関や窓のカギを交換してみましょう

  8. 【悪質】ウィルスを撒く?防護服を装ってイタズラ動画を撮影した二人組

  9. 被害に遭わないために!知っておきたい空き巣の手口!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP