注目の記事 PICK UP!

世界一治安の良いディズニーランドはどこ? 夢の国の防犯対策

ディズニーランドは日本も含めて4カ国にあります。海外のディズニーランドに行こうか迷っている方も多いでしょう。本記事では、そんな方達に向けて、海外のディズニーランドのなかからランキング形式で紹介していきます!

ディズニーランドは世界中に7つ!

夢の国として世界中の人々から愛されているディズニーランド。
1955年にカリフォルニア、1971年にフロリダ、1983年に東京に作られました。

その後、パリ(1992年)、香港(1998年)、ハワイ(2011年)、上海(2016年)の順に作られていき、2019年3月現在は全7つになります。
敷地面積やテーマパークの充実度が異なるため、訪れたさいの満足度も異なるでしょう。

せっかく海外旅行に挑戦するのですから、より満足度の高いディズニーランドに行きたいですよね。
下記では、海外のディズニーランドおすすめランキングを発表します。

海外のディズニーランド人気ベスト4位:上海ディズニーリゾート

第4位に選んだのは、2016年にオープンしたばかりの上海ディズニーランドです。
いま最も新しいディズニーランドで、最新技術によってくりだされる大迫力のオリジナルアトラクションが楽しめます。

実際に訪れた方達は、日本よりもアトラクションに優れていてすごかったと、声を揃えて言います。
また、東京ディズニーランドにはシンデレラのお城がありますが、上海にはプリンセス達が全員集まる世界最大のお城があります。

ただし、マナーはあまり良くありません。
トイレでないところで子供に排泄をさせたり、ゴミのポイ捨てや横入りも目立ちます。

今後、運営側がきちんと対応し、キレイな夢の国として心から楽しめるようになれば文句の付け所がありませんね。

海外のディズニーランド人気ベスト3位:ディズニーランド・パリ

ヨーロッパで唯一のディズニーランドが「ディズニーランド・パリ」です。
世界中のプリンセス城のなかでも、最も美しいといわれる「眠れる森の美女の城」が建っています。

ピンクが貴重となった城は、世界最大サイズ。
ヨーロッパらしい雰囲気がたっぷりと味わえる外観に見惚れてしまうでしょう。

人気のアトラクションは「ファイティングニモ」がモチーフの絶叫系アトラクションです。
ウミガメの背中にのり、高速でアップダウンしながら進んでいきます。

油断しているとびっくりしてしまうほど激しいアトラクションです。
他にも、ディズニーランド・パリにしかない、「レミーのおいしいレストラン」のアトラクションが楽しめるのも魅力。

また、フランスの首都というだけあって、ディズニーランド以外にも観光スポットがたくさんあります。
ディズニーランド映画「ノートルダムの鐘」の舞台となっている、ノートルダム大聖堂のある街ですからね。

海外のディズニーランド人気ベスト2位:カリフォルニア・ディズニーランド

世界で1番最初に作られたのが、カリフォルニア・ディズニーランドです。
カリフォルニアならアクセスに優れているので、日本からでも比較的行きやすいスポットですね。

カリフォルニア・ディズニーランドは、なんと言っても「アナと雪の女王」とグリーティング(挨拶)ができます。
日本にはないだけに、アナ好きの方にとってはテンションの上がるポイントでしょう。

アメリカ人はグリーティングにあまり関心がないため、10分ほどで写真を撮ってもらえます。
当初はさすがに2時間ほど並んでいたみたいですけどね。

また、カリフォルニア・アドベンチャーパークには東京ドームと同じ広さを誇る、「カーズランド」があります。
そのなかでも、曲がりくねった道を大迫力で駆け抜ける「ラジエーター・スプリング・レーサー」が人気。

本場のスーパーレーサーになったような気分を味わうことができますよ。
敷地が大きいだけに、他の国ではありえない規模のアトラクションが用意されています。

「グリズリー・リバー・ラン」も人気のアトラクションです。
ゴムボートに乗って滝壺につっこむなど、激流にもまれながら進んでいくウォーター・アトラクション。

現地人からも深く愛されていますが、日本ではありえないほどビシャビシャになってしまうので、格好には十分気をつけましょう。

海外のディズニーランド人気ベスト1位:ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

栄えある1位に輝いたのは、フロリダにある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。
全体の広さは山手線エリアがまるごと2つ分になるほど、大きく広いのだとか。

4つのテーマパークと、2つのウォーターパーク、周辺には20以上の直営ホテルがあります。
「ディズニーランドの王様」といえるほど、フロリダのディズニーランドは充実しているのです。

創設者のウォルト・ディズニーが直接開発に手をかけていましたが、完成に間に合うことなく死去。
それから5年後に完成したのが、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。

あまりに広すぎるため、2日や3日ではすべてを周り切ることはまず不可能。
数回に分けて訪れなければ、満喫したとは言えないかもしれませんね。

もちろん日本にはないアトラクションも充実しています。
たとえば、スタートと同時に時速100キロに到達する「ロックンローラー・コースター」です。

真っ暗闇を猛スピードで駆け抜ける、そのスリルにはまってしまう方が続出しています。
また、花火も毎日おこなっていますが、これも規模が日本とはまるで違うので、是非ご覧になってください。

まとめ

本記事では、海外にあるディズニーランドに行こうと思っている方のために、ランキング形式で上位4つを紹介しました。

どこの国のディズニーランドも素晴らしいですが、やはり規模から言っても時間がある方には「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」がオススメです。
数日間かけてじっくりたっぷり夢の国の素晴らしさと、スケールの大きさを体感してください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【必見】憧れのヨーロッパ旅行はどこへ行く?名所×治安×防犯で選ぶ観光スポット!

  2. ハイジの国スイスは女性の一人旅もできる?治安と防犯対策

  3. 【インスタ映え】タイの首都バンコクのオススメ観光スポット7選+トランプ詐欺対策とは?

  4. 海外旅行に行く人必見。スリにあわないバッグと対策で楽しい旅行を!

  5. パリの主なお祭りを紹介! パリ祭の治安と防犯注意点

  6. 【海外旅行の防犯】ベルギー旅行は「道」で危険度が違う!危険な目に遭わないためにできることとは

  7. イタリアの大都市ナポリの最新治安情報!本当に治安が悪いの?

  8. 【憧れの気球旅】トルコの治安は悪化傾向?最新治安情報と注意するべき犯罪手口とは

  9. 【割れ窓理論】ディズニーリゾートは「徹底した清掃」で、ゲストを善良な人にしている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP