注目の記事 PICK UP!

【パリは夏がオススメ】パリの行くべき観光スポットと知っておくべきコト

パリは観光スポットとして、世界的にも人気の高い街です。
本記事では、パリ観光前に知っておくべきことや、オススメの観光スポットについて紹介していきます。

パリ観光前に知っておくべきこと

パリを最大限に楽しむためには、事前に知っておくべきことがいくつかあります。
たとえば、ポケットWi-Fiについてです。

海外旅行には必要だと考えられているポケットWi-Fiですが、パリに限り必要ないとも言えます。
フランスではWi-Fiが普及しており、大型施設はもちろん、カフェやレストランでも無料で利用できるのです。

あまりインターネットを使わない方は特に、パリ旅行のためにポケットWi-Fiを購入もしくはレンタルする必要はないでしょう。

パリのオススメ観光時期

パリの観光時期は夏がオススメです。
気候も爽やかで半袖でも動きやすく、また8月下旬からはセールが開始されます。

お得に洋服が購入できるので、ショッピングをしたい方にも夏の時期がオススメですよ。
また、冬は寒さが厳しくなりますが、クリスマス時期になると、セーヌ川にはイルミネーションが彩られます。

パリのエリアはセーヌ川を境にしている

パリのエリアは20区に分かれていて、セーヌ川を隔ててパリ左岸とパリ右岸と呼んでいます。
パリ左岸とはセーヌ川の南に位置する地区のことで、5~7区、13~15区が該当地区です。

また、北に位置するパリ右岸は、上記の区以外のすべてに該当します。

パリ祭は7月14日に行われる

フランスで最も大きなお祭りといえば、パリ祭です。
絶対君主制が終わり、フランス共和国が誕生したことを祝う祭りで、毎年一番日が長い夏至の7月14日におこなわれます。

日本では見られないリズムにあわせた花火など、パリ独特の雰囲気に圧倒されるコト間違いなし。
また、毎年開催日が異なりますが、パリの街がアートで埋め尽くされる「白夜祭」もあります。

その名のとおり、夜が更けてもお祭りは続くため、本気で楽しむなら動きやすい格好をしましょう。
名門の美術学校や美術館が無料解放されていたり、映画芸術や写真、パフォーマンスアートなど、色んな芸術を色んな場所で楽しめます。

フランスの首都パリのオススメ観光地5選!

フランスの首都パリに訪れたさいに、かならず見ておきたい観光スポットを5つ紹介します。

ルーヴル美術館(Musee du Louvre)

世界でも最大級の大きさを誇るルーヴル美術館。
パリ右岸に位置し、観光名所として多くの方が知っているスポットです。

もともとはフランス王の要塞として作られましたが、1793年から美術館としてオープン。
「ダ・ヴィンチのモナリザ」や「ミロのビーナス」など、誰もが知っている芸術作品が数多く展示されています。

・住所:Mus?e du Louvre, 75058 Paris, France
・営業時間:月・木・土・日は9:00-18:00/水・金は9:00-21:45

オルセー美術館

フランスでは歴代の大統領がそれぞれ美術館や博物館を建てています。
オルセー美術館は、ジスカールデスタン大統領が発案しました。

ルーヴル美術館よりも新しい絵画などが、多く展示されているオルセー美術館。
有名な絵画としては、「ゴッホの自画像」「モネのヒナゲシ」「ルノワールのムーラン・ド・ラ・ギャレット」が展示されています。

現在の館長の意向で写真撮影はNGですが、芸術好きの方は是非コチラにも足を運んでみてください。
ミュージアムパスを事前にとっておくと、スムーズに館内にはいることができますよ。

・住所:62 rue de Lille 75343 Paris cedex 07 France
・営業時間:9:30-18:00、木曜日9:30-21:45

オペラ ガルニエ(Opera Garnier)

通称「オペラ座」と呼ばれている、オペラ・ガルニエ。
9区に位置し、大階段やテラス、ハリーポッターの学校のような図書館、グラン・フォワイエ(大広間)、劇場内などが短い時間で一気に堪能できます。

まるでヴェルサイユ宮殿かのような、キラキラと光る大広間に感動すること間違いなし。
天井にうめつくされた画と、二段になっているシャンデリアも是非御覧ください。

・住所:8 Rue Scribe 75009 Paris, France
・営業時間:毎日10:00~16:00、7月中旬から9月中旬は18:00まで

ディズニーランド・パーク・パリ

日本でも絶大な人気をほこっているディズニーランド。
パリ近郊のマルヌ・ラ・ヴァレにも、ディズニー・パーク・パリがあります。

ヨーロッパで唯一のディズニーランドで、日本とは違い「眠れる森の美女の城」が一番のシンボル。
もちろん、パリ特有のアトラクションも多数あるため、ディズニーランド好きの方は必見です。

これを気に世界中のディズニーランドに訪れてみてはいかがでしょうか?

・住所:77777 Marne-la-Vall?e
・営業時間:年中無休

ノートルダム大聖堂

パリで有名な観光スポットといえば、ノートルダム大聖堂を思い浮かべる方も多いでしょう。
ノートルダム大聖堂はシテ駅から歩いてすぐの場所にあり、ユネスコ世界遺産にも選ばれています。

ルーヴル美術館やマレ地区からも近いため、アクセスの良さも魅力の一つです。
建物内にはバラ窓や宗教美術、ディズニー映画になった「ノートルダムの鐘」があり、15分おきに時報として美しいハーモニーを響かせてくれますよ。

・住所:Rue du cloitre Notre-Dame 75004 Paris
・営業時間:8:00~18:45、土・日曜日は19:15

まとめ

本記事では、はじめてパリ旅行に行く前に知っておくべき点や、オススメの観光スポットを紹介しました。
パリはディズニーとの関係性が深い街なので、ディズニーめぐりを目的に足を運んでも楽しめると思います。

また、ヨーロッパは近年テロが進んでいますよね。
パリの最新治安情報については、コチラでまとめていますので、是非チェックしてください。


Moly.jp編集部

 

関連記事

  1. 【注目ランキング】同意のない性行為は重大な犯罪!性犯罪の処罰が重い国1位はどこ?

  2. 【海外旅行者必見】南米旅行はどこがオススメ?治安の良い観光地+防犯対策とは

  3. スイス観光で注意したい防犯ポイントは?自然や文化遺産を安全に楽しもう!

  4. 海外旅行に行くなら防犯対策は必須!スリにあいにくいバッグとは?

  5. ハイジの国スイスは女性の一人旅もできる?治安と防犯対策

  6. イタリアの大都市ナポリの最新治安情報!本当に治安が悪いの?

  7. 海外旅行! ショルダーバッグにどのような防犯意識が必要? こんな些細な心構えがリスクを最小限に留めて…

  8. 【ヨーロッパ旅行】知らないとやばい?イタリアの楽しみ方や注意点を教えます!

  9. 【旅行と言えばココ】フランスの首都パリの治安情報!治安の悪い地域や注意すべき犯罪とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP