注目の記事 PICK UP!

【要チェック】あなたの家は大丈夫?犯罪の起きやすいマンションの特徴とは

自分の住むマンションで犯罪が起こるなんて、にわかには考えられませんよね?生活の場である以上は平穏に暮らしたいし、まして自分が犯罪に巻き込まれるのは避けたいところです。

実は、狙われやすいマンションがと言うものが存在します。ウチは大丈夫だろうから、などとは思わず、一度以下の例を読んでみて下さい。気付きがあるかもしれません。

どんなマンションが犯罪の現場になる?

自分は防犯しているつもりでも、あるいは建物自体に何か防犯対策がなされているとしても、残念ながら事件の起こるマンションは存在します。

ここで言う「犯罪」の大部分を占めるのは窃盗。空き巣や居抜き、忍び込みなどの侵入盗を指します。

そして、意外なことにオートロック完備の建物が狙われやすいことが分かっています。ならなら「オートロックがあることで住人の警戒心が薄れ、かえって泥棒を入りやすくしている」から。

「オートロック完備だから防犯はバッチリ」などと物件の広告に書かれているのを目にした人はいるでしょう。たしかにオートロックなしのマンションよりは安全かも知れませんが、100%防犯できないのがその証拠。

オートロックシステムがあることによる安心から、在宅中に施錠しない住人が少なくありません。さすがに外出中は鍵をかけるものの、家にいる時やわずかな外出中(ゴミ出しなど)では一切施錠しない住人がいるのです。

オートロックの過信は禁物。あくまで「オートロックなし物件よりは安心」と言うだけで、全幅の信頼をおけるほど万能ではありません。

住人にくっついて入ればいとも簡単に突破できてしまうのもオートロックの難点。解除番号を知らずとも、住人のふりをしてマンション内に入ってしまえるなんて非常に怖いです。

次に高層階での危険性について。1階がもっとも狙われるのは誰もが知っていますが、実は5階以上の高層階も同様に被害に遭いやすいのです。

理由は、単純に低層階よりも人目に触れるリスクがないこと、また高層階の住人は比較的裕福であることなど。泥棒は行き当たりばったりで犯行を重ねるのではなく、どの階がもっとも仕事しやすいかを常に考えています。

エントランスや外階段から敷地内に入れないと分かると、塀などを足場にしてよじ登りを試みます。塀、フェンス、ハシゴ、脚立などは格好の足場になるし、場合によっては死角にもなるため、泥棒にとって好都合なのです。

先ほどのオートロックと関連しますが、高層階ほどオートロックを過信して鍵をかけないことが多いため、あえて高層階ばかり狙い撃ちにする泥棒もいるほど。「高層階+無施錠」は非常にリスクが高いと言えます。

防犯仕様の窓やドアでない部屋も危険です。サムターン回しやピッキングは古典的ですが、いまだに泥棒が好んで使う侵入方法です。

古いマンションに多く見られる「サムターンが一つしかない」「サムターン・ピッキング対策がされていない」ドアは、外から見てそれとは分からずとも、いざ鍵をいじる段階になってすぐに見破られます。突破までの時間が短くなるので侵入も容易。誰に見つからず短時間で入り込めてしまいます。

同様に窓に補助錠をつけていない部屋も要注意。クレセント錠があるから安心と思ってはいけません。あれは窓の密閉を補強するためのものであり、厳密に言うと鍵ではないのです。

補助錠を設置すれば、たとえ窓を破壊しても開閉できないため、泥棒は諦める可能性が高くなります。

防犯重視のマンションとは?

20年以上前に立てられたマンションは基本的に防犯対策がなされていません。オートロックシステムがある物件はあるようですが、防犯カメラがなかったり、管理人の滞在時間が短かったりと不都合な例が多くみられます

10年以内の築浅ならば、オートロック完備が一般的で、物件によっては二重以上というケースもあります。

よりハイグレードなマンションでは24時間警備員が常駐していることも。このタイプのマンションは防犯上かなり安全です。建物への出入りの際は警備員に顔や姿を見られるため、犯人としては行動しにくいからです。

夜間でもある程度人の多い立地も大事です。駅近や繁華街が近くにある物件は利便性が高く人気。家賃も高い傾向にあります。人が多い=不審者は出にくいと考えられるため、付近のマンションで事件が発生する可能性は低くなります。

女性専用物件も比較的防犯重視です。男性は立ち入り禁止なので不審者自体が出入りできません。それにオートロックが完備されていることが多く、エントランスから侵入するのは困難です。

空き巣はSNSの内容から留守かどうかを判断する

近年急速に普及しているSNS。ツイッターやフェイスブックなどに「今日は○○に行きます」「明日から×日間は出張」などと書きこむと、悪意ある人物に留守の事実がバレてしまいます。

画像付きでツイートしている場合は、背景などから居住先が特定されるおそれも。外出や帰宅に関するツイートはなるべくおこなわないようにしましょう。

いわゆる身バレはこうした形で発生します。氏名や住所、年齢、職場などを示唆する情報をツイートしてしまっていませんか?思い当たる節があればすぐに削除。

SNSが原因で場所が特定されて何かしらの被害に遭うなんて、現代ならではの事件に感じられますが、決して笑い事では済まされません。「誰もこんなツイート見てないから」と考えるのを辞め、画像も含めてツイート内容には注意した方が良いでしょう。

習慣化が防犯対策になる

はじめは面倒だと思っていたことが習慣化すると、それが当たり前になっていきます。防犯対策も同じ。「郵便受けに行くだけなのに鍵をかけるなんて面倒」と思いつつも毎回鍵締めを徹底していれば、それが外出時における動作の一部となっていきます。

実は、防犯対策の多くは習慣化に直結しています。ベランダや窓の鍵をかけるのも然り、周囲を警戒しながらオートロックをくぐるのもしかり、就寝時は鍵締めおよびドアロックで二重に施錠するのもしかり。

慣れると面倒ではなくなるため、むしろその動作をしないと非常に気になります。鍵締めたかな?と不安になって引き返した経験がありますよね?習慣化によって「やらないと気持ち悪い」状態になれば、空き巣などの被害に遭う確率は低くなるでしょう。

防犯対策と言うより「ごく当たり前の日常動作」に位置付けると習慣化するかもしれません。

住人が不審者である可能性

不審者は外部の人間だけとは限りません。同じ建物に住む住人が空き巣をおこなっていた、なんて例は過去にいくつも起きています。

夜間を狙って隣人宅にベランダから忍び込んだ、と言う事件が最近ありました。建物内部の事情をある程度知っているからこそ発生してしまう事件です。

隣や向かいの住人はもしかしたら空き巣かも、などと考える人はまずいません。が、可能性として捨て切れないのも事実です。

住人同士の関係が希薄になった昨今、こうした手口は今後も増えていくと言えるでしょう。

まとめ

犯罪の発生しやすいマンションは、住人1人1人の意識次第で犯罪者が敬遠するマンションになります。

オートロックを過信しない、わずかな外出でも鍵をかけるなどの基本を意識すれば、「あそこも改善しなくちゃ」「次はあれに気を付けよう」と注意点が浮かんでくるかと思います。

犯罪とは無縁のマンションに住めたら、とても快適ではないでしょうか。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 女性が実践したい! 引っ越し前後の防犯対策

  2. 女性にオススメ! インターネットを活用した画期的な防犯サービス

  3. 空き家は危ない!危険性まとめ

  4. 街の防犯対策をより効果的する防犯連絡員とは!?

  5. 【驚愕】突然警察から電話が?実はそれ振り込め詐欺犯の可能性アリ

  6. あなたは大丈夫? 無自覚なストーカーにならないための方法

  7. 旅行ではバッグも防犯に注意して選びましょう

    盗難やスリ被害から身を守るために備えておきたい防犯バッグ

  8. サムターン回し?焼き破り?カギとガラスの関係とは!

  9. 歓送迎会シーズン! 飲み会で起こりがちなトラブルと対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP