防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

皆さんは警察署などにある防犯イラストがポスターをご覧になったことがございますか?
例えば泥棒の絵やパトカーをもじったデザインなどを見かけるかと思います。

正直防犯のイラストに犯罪抑止効果とは言わないまでも、本当に『防犯』の効果などがあるのでしょうか?
防犯イラストにはどんな効果を生み出すのかをご紹介していきます。

防犯イラストにはどんな種類がある?

防犯イラストにはたくさん種類がございます。
どんなものがあるのか少し紹介しますと、防犯カメラのイラストや警備員のイラスト、警察官とパトカーのイラストで防犯面を強調したものまで様々あります。
とにかくたくさん種類がありすぎて、どれが防犯面に効果的なのかわからなくなるかもしれません。

外部サイト:イラストAC 防犯(検索結果)
https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=%E9%98%B2%E7%8A%AF

防犯イラストがもたらす効果とは

防犯イラストを描いて世間に知ってもらうことにどんな効果があるのでしょうか?
主だったものをまとめて紹介していきます。

犯罪の抑止または事前の防犯における啓発活動

一般的に多くの人が感じる防犯イラストがもたらす効果だと思います。
防犯イラストで危険を知らせたり、犯罪行為の瞬間が描写されたもので事の重大さを伝えたりなど犯罪の抑止や事前の防犯において役に立ちます。
言葉だけで犯罪行為を止めることができない場合、『百聞は一見に如かず』ということであえてイラストを使って防犯対策に取り組むことがあります。
またイラストに標語を載せている場合があり、特に子供向けに【いかのおすし】は代表的な防犯標語として知られています。

防犯面を考慮したまちづくり計画などで用いられまちの景色の一部になる

地方自治体などで取り込まれている防犯まちづくり計画の中に防犯イラストを使って行っている場合があります。
窃盗犯がすぐに捕まるようなイラストや女性が夜遅く一人で出歩いても街灯を灯して明るいイラストなどを使ってまちづくり計画の中で安心して住めるようにうまく工夫されています。

参考:佐賀県防犯あんしん計画・指針
http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00354022/index.html

防犯イラストのコンペコンテスト開催で参加者が自然と防犯意識を高めあう

警察が世間に対して防犯イラストを公募することがあります。
警視庁や大阪府警、京都府警などが募集をかけて採用した実績があります。
募集元やその時の状況によって最優秀賞の品が変わってきますので、一概に同じものとは断言できません。
また民間のサイトでも防犯イラストやポスターなどのコンペを開催されていますので、最優秀賞に輝くとお金がもらえたり、副賞として粗品ももらえたりしますので、募集元のお題に即したイラストを描けば採用されるかと思います。

参考:Twitterより
https://twitter.com/ThemeParkJP/status/948060057148604416

防犯イラストにより子供の健全な教育につながる

上記で少し触れましたが、防犯イラストをうまく利用すれば子供の防犯教育にも活かせます。
先ほどの例で挙げた【いかのおすし】の場合、“「いかない、のらない、おおきなこえをだす、すぐにげる、しらせる」”ということを道徳の授業などで子供に教え、犯罪に巻き込まれないように注意喚起するのと同時に、人形劇やイラストを使って今後どんな展開になるのかといった紙芝居など授業の仕方によっては、より子供たちに防犯意識を持たせることが可能になります。

引用:防犯標語 「いかのおすし」のルーツを探る!
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/tokyo/tabid/422/Default.aspx
参考:防犯対策紙芝居 はなちゃんのかえりみち~いかのおすし~
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/tokyo/tabid/418/Default.aspx

様々なイラストの中で最も防犯面で効果的なイラストとは何?

いろんな種類の防犯イラストがある中で『目』のイラストが防犯面で効果的だとされています。(A4サイズフルで大きく目のイラストを描いたと仮定する)
その理由としては数メートル離れた先でも見えて、そこに監視カメラがあるかもしれないと思わせて[見られている]と感じさせ、結果的に見られているなら犯罪に手を染めることに対して躊躇させる効果があるからです。
またスーパーなど不特定多数の人が行き来する場所で[見られている]このイラストを目にすれば、万引きしようとしても監視カメラの他に『誰が私服警備員』なのか意識させて、そこの店では行わないという防犯効果が期待できるのです。
あくまで一般論ですが、監視カメラのイラストだと私服警備員という存在まで行きつかないし、逆に警備員のイラストなら隠し監視カメラの存在まで行きつかないので、『目』のイラストはそういった意味で十分に防犯効果が期待できると考えます。

防犯イラストを掲げる場所によって効果が変わってくる!?

防犯効果を下げないためには防犯イラストを掲げる場所にも一定の工夫が必要になります。
コンビニに置かれている商品でかつ小さくて単価の高いモノが盗まれれば経営者にとっては大きな損失となります。
それを防ぐためには単に目立つところに防犯イラストを掲げるよりも、その商品周辺に必ず目にするところに防犯イラストを掲げたほうが万引きのリスクが減る可能性が高くなります。
これは論外ですが、防犯イラストを掲げても全くお客様に見えないようでは何もないのと同じですので、その辺は注意しなければなりません。

まとめ

たかが防犯イラストだと思っていても、それ以上に防犯効果を得られる場合があります。
また防犯イラストはコンテストなどが開かれていて、『目』のイラストが効果的と上記で説明しましたが、優秀な作品を出品者が切磋琢磨してアイディアを出していて、それが今後防犯イラストに使われることになるかと思います。
そして防犯イラストは子供たちの防犯教育にも活用されているのです。

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【ニュース】愛知県県警が防犯ブザーを開発!?

  2. 【リュックは大丈夫?】必ずしなければならないスリ対策!!

  3. そのカギは泥棒に入られる可能性が高い?防犯性に優れた鍵の選び方とは

  4. GW対策イメージ

    GWの防犯対策! 気をつけたい5つのコト!

  5. 変質者による事件から身を守るために必要なこととは?

  6. 【今日の事件簿】鬼畜すら霞んで見える卑劣な犯行。異例尽くしの仙台女児連続暴行事件

  7. 声かけ被害に遭いやすい大人の女性こそ、「いかのおすし」を確認しよう!

  8. 【被害にあわない】振り込め詐欺のニュースが横行!大事なのは逮捕する意識かも

  9. 【ロックの日】そのカギのかけ方で大丈夫?あらゆるカギを強化して安全に暮らそう!

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP