思い出を残しながら防犯にも役立つ「TOAST CAM」知ってますか?

今回Moly.jp編集部は、防犯カメラの機能も備えつつ、大切な家族との思い出の共有にも使用できる防犯見守りカメラ「TOAST CAM」を製造、販売するNHN株式会社の恩田さんにインタビューをしました。

TOAST CAMについて

編集者:まず、「TOAST CAM」はどういった製品なのでしょうか?

恩田さん:TOAST CAMは防犯見守りカメラという位置付けの製品で、従来こういった製品は「監視カメラ」という表現が使われていて、「見守り」という表現は使われていませんでした。そういった背景もあり、今回は「見守りカメラ」を商品名のサブテーマとしています。

「家の見守りから、思い出時間の共有まで」ということで、ただ警備のみを目的としてだけでなく、色んな遊びもできるというところも訴求して、現在展開しています。

その中で、オススメできるポイントは、まずはフルハイビジョンで撮影されるため映像が綺麗という点です。警備の観点からも、映像がぼやけてしまうと意味がありませんよね。そのため、綺麗な映像を撮れるというところがこのカメラのポイントです。

また、夜間モードも対応しています。他社でも夜間モードに対応しているカメラは多いので、もちろん当社も搭載しています。また、当社のカメラは画角が130°で、広角で撮ることができます。そのため、部屋の窓のところに置いたとしても、かなり広い範囲の撮影が可能です。

夜間モードでもはっきりと見える。小さな異変でも見逃す心配はなさそう。また、1台でかなり広い範囲を撮影できている。

その他のポイントは、撮影したデータをクラウドに保存することです。クラウドに保存をしているので、例えばストーカーが家の中に入ってきてしまった場合、今までのカメラだとそのカメラを壊してしまったり、カメラに内蔵しているSDカードを持って行かれてしまったら、撮影した映像が全てなくなってしまうということが起こります。それに対して、こちらはクラウドに保存しているため、カメラを持って行かれたとしてもクラウドには映像が残っています。そのため、警備面でも非常に有効です。

また、「家族出入り通知」という機能があるのですが、アプリをスマホにインストールしてもらい、そのアプリが入っているスマホをカメラと連携して登録しておくと、帰宅したときに、登録している家族に通知が届くといったサービスもあります。例えば、親御さんが外で働きに出ていて、子どもが帰って来ているか心配になったときに、通知が来るので安心できます。そして、通知だけでなく家の映像も確認できるので、見守りもできます。

防犯カメラの弱点はデータごと盗まれたり壊されたりすることだが、その心配がないのは心強い。証拠を残しておくことは事件に巻き込まれたときに大切なこと。

あとは、「クリップ&タイムラプス」という機能があるのですが、これは面白いなと思った映像をすぐにSNSなどにシェアできるものになっており、遊び心も備えているカメラになってます。

オーディオチャットができる点も特徴的です。映像を見るだけでなく、オーディオで実際に話ができるので、お子さんやペットに話しかけることができます。「冷蔵庫のあれ食べていい?」など、日常会話もできます。

それと、私が営業をしていて皆さんが気にしていらっしゃるなと感じるのは、録画された映像の保存先についてです。他社製品だと映像の保存先に海外のサーバを使用するケースが多いのですが、「自分の録画した映像が海外に出てしまうのは嫌だ」というお客さまが多いです。弊社の場合は、データの保存先が都内にありますので、その面でも安心してご利用いただけると思います。

あとは、モーションエリア設定機能があり、例えばドアの部分にエリアを設定し、家にいないときに設定したエリアに動きがあった場合は、スマホに通知がリアルタイムに来るようになっています。何かあったときにすぐに知ることができるという点もこのカメラのオススメポイントだと思います。

弊社ではドア上部にモーションエリアを設定しているが、さすがに会社だと出入りが激しくて通知がすごい。また、何かあった際には大音量のアラートを出せるようになっており、被害を最小限に食い止めることができると思う。

編集者:リアルタイムですぐに通知が来る点がいいですね。たとえば、今日一日こういった動きがありましたという通知が来たとしても、起きた後に確認しても、もう遅いですもんね。

恩田さん:そうなんです。それがリアルタイムで知れる上に、映像も一緒に見ることができます。また、スマホに通知がきて映像もその場で見れるので、家にいなくても警察に通報をすることもできます。

このカメラは見守りを強化しながらも、カメラを使って遊べる機能もつけているので、友達が遊びにきてホームパーティーをする時にはその風景の撮影をして友達とシェアすることもできます。ただの監視カメラではない、遊びもできるカメラであることがウリです。

他社との違いとは?

編集者:もっとも他社と違うところは何ですか?

恩田さん:やはり、フルハイビジョンというところがウリです。実はフルハイビジョンで撮れる防犯カメラというのは、あまりないんです。それに加え、このカメラは130°の広角の画角で撮れる。

よくある防犯カメラはカクカクしたり映像が粗かったりするが、TOAST CAMはこれだけ鮮明に撮影できる。

あとは他社にはないオーディオチャット機能なのですが、他社製品ですと「トランシーバー方式」で、ボタンを押している時に喋って、相手の声を聞く時にはボタンを離して聞くという、トランシーバーと同じような方式が多いのですが、こちらの製品は、ボタンを押せば普通の会話と同じように話すことができるので、ここはオススメです。あとは、「家族出入り通知」です。これも他社にはあまりない機能です。

編集者:たしかに、片方の音声しか聞けないのは不便ですよね。ペットに話しかけるだけなら片方でもいいかもしれませんが、家族に対しては、双方で話せるほうが便利ですね。

恩田さん:たとえば、通知で泥棒が家に入って来たのが分かれば、「何やってるんですか、警察を呼びますよ!」と泥棒に直接言えるんです。

編集者:それはいいですね!カメラの形自体がカメラっぽくないので、泥棒が油断しているときに声までかけられたら、びっくりでしょうね。

商品に対する想い

編集者:この商品を販売するにあたっての想いを聞かせてください。

恩田さん:そうですね、このカメラを店頭に並べてしまうと、数多くある監視カメラや防犯カメラの中の1つとして埋もれてしまうかもしれないのですが、このカメラは遊び心を備えているので、そこをもっとアピールしていきたいですね。

例えば、この商品のリーフレットもまず「遊べるんだよ!」ということを前面に出しています。そして、その遊べるカメラの中にも従来のような監視や見守りの機能があるんですよ、といった説明を付け加えています。

右側ではカメラの楽しい使い方を紹介している。従来の防犯カメラとは違う切り口での紹介になっている。

編集者:たしかに、普通の監視カメラの紹介ですと、見守り機能や防犯対策がしっかりできる点を強く訴求しますよね。

恩田さん:そうなんですよ。なので、「遊べる」というところをどんどんアピールしていきたいと思っています。

編集者:防犯カメラや見守りカメラと聞くと、ちょっと重いイメージがありますし、遊び心をアピールすれば、手に取りづらいイメージが払拭できそうですね。

恩田さん:そうなんです。軽い感じのイメージで訴えつつ、でも機能は一番良い機能を揃えていたりもするので、もっと皆さんに気軽に使ってほしいと思っています。

編集者:弊社でも防犯グッズを探す機会が多いのですが、商品を探す上で、あまり防犯グッズ感の強くないものといいますか、堅いものではなく、「これが防犯にも役立つの?」というようなものを探しているんです。例えば女性が持ってもダサくない、オシャレな防犯グッズなども探しています。それこそ普通の防犯カメラとかだと、いかにも「防犯カメラです!」といった堅苦しいものが多いんですよね。なので、それを念頭に置いて商品を探していた時に、こちらの商品を見つけたときは、あまりのスタイリッシュさに驚きました。「これが本当にカメラなの?」と思いました。

PIXARのオープニングに登場してもおかしくない可愛さ。次世代型目玉オヤジのようだ。

恩田さん:とてもいいファーストインプレッションをありがとうございます。

私も家にこのカメラを置いているんですが、朝早くに出社をするため子どもと顔を合わせないんですね。なので、何時頃に起きているのかなとか、学校に何時に行ったのかなとかを確認したりしています。そういった、今まで自分が見ることのなかった子どもの姿を見れたり、知れたりするのもいいなと思っています。

編集者:家族ならではの新たなコミュニケーションのツールとしても使えるのは面白いですね。

恩田さん:あとは、電話の代わりに「冷蔵庫にビール入れといて」なんてことも、オーディオチャットを使って言ったりしてます(笑)

編集者:それ、とてもいい使い方ですね。わざわざ連絡ツールを開かなくても、そこに映っているときに話しかければ、簡単に会話もできますね。急に雨が降って来たら「洗濯物入れて!」ってすぐに言えますね(笑)

どのような人に使ってほしいか

編集者:このTOAST CAMは、どのような人の手に渡ってほしいですか?

今のお話を聞いていると、用途によって、幅広い人に使ってもらえるカメラだと思うのですが。

恩田さん:そうですね、ペットを飼っている人にペットの見守りにも使ってもらえますし、高齢の両親の家に置いて、子どもたちが様子を見ることもできますし、Molyさんがおっしゃるように、一人暮らしの女性にも使っていただけます

また、撮った映像で遊ぶこともできるので、「このターゲットに売りたい!」というよりは、人によって色々な使い方ができるので、みなさんの手に渡ってほしいですね。

どこで手に入るの?

編集者:現在はどこで販売されているのですか?

恩田さん:インターネットでも販売されていますが、実際に手に取って商品を確かめたい場合は、現在はビックカメラで実店舗販売しています。

編集者:本日は長時間に渡り、ありがとうございました。

弊社で2週間程度使用してみた感想

恩田さんからお借りしたTOAST CAMを実際に弊社に設置して、2週間程度使用してみました。

自宅で使うのとはまた違った視点からのレビューになりますが、気づいたことや役に立ったことを書いていきます。

セキュリティを強化できる

遊び心も兼ね備えたTOAST CAMですが、セキュリティ面は非常にしっかりしていると思います。撮影した動画はサーバーに暗号化して分散保存されているというだけでもかなりセキュリティレベルが高いなと思いますが、アプリの「カメラ設定」→「動作設定」で録画映像に追加でパスワードを設定することが可能です。

サーバー側でも強力なセキュリティを、自分でさらに強化することができるというのはかなり良いなと思いました。

モーションエリア機能の使いやすさが抜群

モーションエリア機能は、カメラに映っている範囲で何か動作があった際にそれを検知して通知してくれたりマークして後でその部分だけ見返すことができる機能です。

設定が大変なのでは、と思う方もいらっしゃると思いますが、直感的な操作で設定できます。また、精度も高く、ちょっとした動きでも反応して通知が来ます。

反応がいいため、通知の数も多くなるのが難点(会社で使っていて出入りが多いからかもしれません)ですが、通知はオフにできるのでそこまで面倒には思いませんでした。

カメラのON/OFF切り替えが簡単

外出時だけカメラを起動させておきたいという方も多いと思いますが、ON/OFFの切り替えは2回タップするだけで完了します。また、どこからでもオンオフを切り替えることができるため、消し忘れやつけ忘れの心配もありません。その場ですぐに設定できます。

作業効率が良くなる

見られている意識からか、集中力が上がった気がします。リビングで勉強するのと同じ感覚で、スマホをいじったりして時間を浪費することがなくなりました。

業務効率が上がったので、残業することも少なくなった気がします!

「天の声」で遊べる

弊社はリモートワークが認められている会社なので、会社に行く日と行かない日があります。そんなとき、会話機能を使って同僚とコミュニケーションをとって遊んだりしています。もちろん、作業の指示を出すのも簡単です。テレビ電話のような感覚で使用できるので楽しいです。

【まとめ】

TOAST CAMは小さくておしゃれなデザインなのに、かなり高性能なカメラだと思います。防犯に使えるもので可愛くてスタイリッシュなのは珍しいので、ぜひチェックしてみてくださいね。

TOAST CAMホームページ:https://cam.toast.com/#/

Moly編集部

関連記事

  1. 【ご用心】そんなところに盗聴器!?今からでも遅くない盗聴対策!!

  2. 防犯グッズ大集合「SECURITY SHOW」潜入レポート

  3. 賃貸でも防犯対策! 補助錠が犯罪率を低下させるって本当のところどうなの?

  4. 【深刻】介護施設で窃盗被害が横行!? 人目がある施設内でも戸締まり必須

  5. 4割以上が無施錠!? 高層階だから「安心」ではなく「用心深く」!!

  6. 日が延びても夜の一人歩きは危険!夜に起きやすい犯罪とは

  7. 【電車内での痴漢に効果的なのは】安全ピン?ハンコ?いやいや抑止バッジです!

  8. 【大検証】おすすめの防犯ブザーの中から“カワイイ”のと“使いやすさ”を試してみた

  9. 防犯カメラの設置位置に悩んだとき、大事なのは「犯人目線」で対策をとること!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP