【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

【即実践】これで通勤通学は怖くない、電車内での痴漢対策!

最近、痴漢を疑われて線路に飛び降りて逃げると言ったニュースを多く目にします。通勤・通学時間を狙った痴漢、どのような対策をすれば、痴漢被害を減らせるでしょうか。今回は痴漢行為に対する防犯対策についてご紹介します。

<電車内における痴漢>

まず、電車内における痴漢がどういったことかを説明します。

電車内等におけるいわゆる痴漢事犯は,各都道府県の迷惑防止条例違反の痴漢事犯,又は強制わいせつ事犯として,認知・検挙されている。各都道府県は,「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」等の名称で,いわゆる迷惑防止条例を制定し,同条例において,「人を著しく羞恥させ,又は人に不安を覚えさせるような行為であり,公共の場所又は公共の乗物において,衣服等の上から,又は直接人の身体に触れる」などの行為を痴漢行為として禁止し,罰則を設けている。ここでいう迷惑防止条例違反の痴漢事犯とは,前記禁止規定に違反したものをいう。 平成27年版 犯罪白書より

つまり、痴漢は公共の場所や乗り物において、人を羞恥や不安を覚えさせる行為であり、これは立派な犯罪ということです。

平成27年度の犯罪白書によると、迷惑防止条例の痴漢事犯と電車内における強制わいせつ事犯は、平成25年から減少しつつあるそうです。

このグラフを見るとわかりますが、たしかに件数が減ってはいるものの、平成26年では283件も痴漢が起きています。2日に一回以上は起きているということになります。また、痴漢も他の性犯罪同様に、被害者が被害に遭ったことを申告しないケースが多いです。ですので、認知件数は減っていますが、実際は痴漢の被害はもっと多いと予想できます。

▶関連記事
なんで痴漢なんてするの!?moly独自取材による加害者インタビューはこちら!!

<痴漢に遭いやすい時間は?>

痴漢に遭いやすい時間帯は何時でしょうか?

これは、みなさんの想像している時間の通りだと思います。
痴漢の犯人もわざわざ痴漢行為がバレるような電車がガラ空きの時間帯は狙いません。

そうです、つまり痴漢の犯人が狙う時間は…

通勤ラッシュ時帰宅ラッシュ時です。

この時間が一番痴漢に遭いやすいのです。この時間帯は電車内だけでなく、駅構内も混雑しています。そのため、痴漢をした犯人が行き交う人の中をどさくさにまぎれて逃げることもでき、捕まえにくくするために選んだ時間とも言えます。しかし、この通勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間をずらすと、朝早く起きなければいけないや、定時より前に帰ることはできないのに帰宅ラッシュを避ける為に定時を大幅に過ぎて帰るのは帰宅時間が遅くなってしまうなど、この時間を避けることが難しいのもたしかです。そのため、この二つの時間帯を狙った痴漢が多いと考えられます。

▶関連記事
【ご用心】夜行バスの痴漢の手口!知っておきたい防犯対策!

<痴漢に遭いやすい場所は?>

痴漢に遭いやすい乗車位置はあるのでしょうか?

これから紹介する乗車位置はあくまでも痴漢に遭いやすい位置であり、その他の場所では痴漢に遭わないや、痴漢に遭いやすい位置では必ず痴漢に遭うといったことではないです。

①改札や階段近くの乗車口

降りるときに改札や階段に近い車両を選んで、乗車する人も多いと思います。そうすれば乗り換えの時間かスムーズになるなど、便利な面はあります。しかし、思い出してみてください。あなたが選んで乗っているその便利な車両は、他の車両より混雑していませんか?他の人も、その車両が便利だと思って乗ってきているので混雑しています。そして、そこを痴漢の犯人は狙っているのです。混雑しているということは痴漢をしてもバレにくいということと、もう一つは改札や階段近くで逃げやすいということです。もし痴漢に遭っていて、あなたは次の停車駅で犯人を連れ降ろそうと思ったとします。でもそれが、混雑した車内で、なおかつ人が多く降りる駅で過視察や階段が近いとしたら、きっと犯人はスルスルッと抜けて逃げてしまうでしょう。これはあなたが犯人を見ていたとしても、見ていなかったとしても同じです。つまり乗車口付近で、なおかつ降りたらすぐに改札や階段があるような乗車口は犯人が一番痴漢しやすく、逃げやすい場所なのです。

②ドアの付近

こちらは先ほどの①と似ていますが、改札や階段の近く出なくても乗車口付近に立つのはよくないです。乗車口の両端や乗車口のドアにピッタリと体を付けて乗っていたします。この状態は、反対側に人は居ません。つまり、あなたは片方を塞がれて、しかももう片方は痴漢の犯人が壁を作っている状況になるのです。そうすると他の乗客からは死角になり、あなたの被害に気づいてくれる人がいないかもしれません。また、隅に立っているあなたは、身動きも取れず、逃げることもできないのです。そして①と同様に、扉が開いた瞬間に、犯人はすぐに逃げることが可能になってしまいます。

③車両と車両の連結部分

満員電車時、人が多く車両の奥に押し込まれることがあります。痴漢はこのような車両の奥に人波にまぎれてわざと押し込むことがあります。なぜなら、奥であれば、他の乗客の死角になり、被害者も身動きが取れず逃げられないからです。

④端っこの席

電車内での痴漢は立っているときだけと思われがちかもしれませんが、実は座っているときにも痴漢が起きています。座っている時の犯行手段ですが、横に座ってカバンを抱えているフリをして隣に座っている女性に触るといったケースがあります。そしてこのケース場合、被害女性の多くは一番端っこの席に座っています。これは先ほどの車両と隅っこや乗車口の近くと同様に、被害女性の反対側は壁になり塞がっているため、犯行に遭いやすくなってしまうからです。

▶関連記事
【徹底解剖】痴漢はどこで起きている!?路上・施設内・電車内など場所別痴漢発生場所

ページ:

1

2

関連記事

  1. 大人も使える、LEDグッズ特集!

  2. 防犯イラストにはどんな効果を生み出す作用がある?

  3. 【権力には屈しない】 パワハラの定義と対策を要チェック!

  4. 小学生による性的暴行はどう扱われるべきか?被害者と加害者のケアについて

  5. 今日は何の日?国民食の「カレーライスの日」に防犯を考える

  6. 網戸の防犯

    【徹底検証】網戸の防犯性における落ち度は問題解決出来るのか!!網戸こそがセキュリティーの盲点だった!…

  7. 日本不審者情報センター

    【活用】生活拠点などにおける不審者の有無は不審者情報センターで調べてみよう!

  8. 【Paskel】創業73年。老舗のアクセサリ会社がオシャレな防犯ブザーを作った理由【3】

  9. 【アパート記念日】教えます、引っ越し後にやるべき防犯対策!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP