【マネーデー】デート中に気をつけるべきデートDVのサイン!

 

みなさん今日12月14日が何の日か知っていますか?恐らく知っている人は少ないかと思います。今日は「マネーデー」という韓国の記念日で、恋人同士に関する記念日だそうです!そのため、今日はその「マネーデー」にちょっとかけて、恋人間の関係についてご紹介したいと思います。

<マネーデーとは>

まず、「マネーデー」とはいったいどんな記念日なのでしょう。
韓国では、毎月14日が恋人に関する記念日があります。

そのなかでも12月14日の「マネーデー」は、

一年間共に過ごした恋人のために男性がお金を使う日。

今日は何の日〜毎日が記念日〜より引用

だそうです。これは、彼女からしたらとても嬉しい日ではないでしょうか?

しかし、世の中の女性全員がこのように男性に尽くされているとは限りません。もしかしたら、女性が男性に尽くしているかもしれません。尽くしているという言葉で表現すると、柔らかく感じますが、もしこれが男性による支配や暴力によっての、尽くさなきゃいけないだとしたら、どうでしょうか。

今日は、この恋人間の「マネーデー」という記念日から、恋人間における「デートDV」についてご紹介します。以前にもMoly.jpでデートDVについての特集を書きました。内容が重複する点もありますが、それだけ皆さんに知って頂きたいということなので、ぜひ、再確認してみてください。

<デートDVについて>

みなさん「デートDV」について知っていますか?
最近は、テレビなどでも耳にすることが多くなってきたと思います。

DVと聞くと、「家庭内暴力」を想像する方が多いと思いますが、婚姻関係にない恋人同士の間でもDVはあります。この恋人間に起きる暴力のことを「デートDV」と呼びます。

DVと聞くと、暴力的な行為を想像してしまうかもしれませんが、必ずしも殴られたなどの身体的暴力だけが、DVではありません。では、どういったことが、「デートDV」に当てはあるのでしょうか?

<5つの暴力>

「デートDV」には、主に5つの暴力にわけることができます。

①社会的隔離
 外出の制限や電話・LINEの監視、家族や友人との交流を絶たせる

②経済的暴力
無理やりものを買わせる、借りたお金を返さない、交際費を常に負担させられる

③身体的暴力
物を投げつける、叩く、殴る、蹴る、髪の毛を引っ張る、腕を強く掴むなど

④精神的暴力
罵声を浴びせられる、無視する、「痩せろ」などの体に対することをいう、物を壊す

⑤性的暴力
無理やり性的行為をする、避妊に協力しない、いやらしい本やビデオを見させられる

上記に当てはまることがあり、それもあなたが我慢していると感じていたら、それはデートDVかもしれません。

<私たちは違う…?>

上記で挙げられた5つの暴力について「あれって暴力だったんだ。」と思い当たる節がある人はいませんでしたか?

身体的に直接暴力を受けるだけがDVではありません。そのため、デートDVを受けている被害者は、自分がデートDVを受けていたと感じていない場合が多いです。「ちょっと束縛がきついだけだと思っていた」や「私が我慢していれば、普段は優しいし」など、気づかぬうちに、当たり前だと感じてはいけないことが、当たり前だと感じてしまうため、被害者はDVに遭っていると感じられないのです。

そのため、もし今この記事を読んで、自分と交際相手の間で少しでも当てはまってたり、我慢していると感じていることがあったら、一歩引いて見つめ直す必要があります。それでも私たちは違うと思いたいけど不安もある場合は、1回勇気をだして周りの友人や家族に、恋人との関係性を相談し、第3者の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

<まとめ>

いかがでしたか?

当てはまりたくないけど、当てはまっているかもと感じた人もいるのではないでしょうか。最初は冗談だったはずなのに、いつの間にかエスカレートして、嫌な気分になることがあるなど、少しでも気になる点があったら、周囲に相談してみましょう。

恋人と交際していれば、いつも楽しいことばかりではないですし、喧嘩もするかもしれません。しかし、喧嘩してお互いが自分たちのことを言い合えるのはいいですが、どちらか一方がずっと我慢をする状況だとしたら見直さなければいけないかもしれません。

ぜひ「今日はこういう記念日があるんだよ」と言って、二人の関係性を話し合ってみてください!

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です