【確認】GWはすぐそこ! トラブルや犯罪に巻き込まれずに楽しむ準備は万端ですか!?

2018年8月9日

 

暖かい日も増えて、上着がいらないと感じることも多くなりましたね。もうすぐゴールデンウィークです。みなさんはどのように過ごしますか?久々の大型連休に少し遠出してみるのもいいかもしれませんね。今回はゴールデンウィークに潜む危険について紹介していきます!

<ゴールデンウィーク中、多発するのが交通事故!>

大型連休を使って家族で旅行なんて方も多いのではないでしょうか。そんな時に多く発生するのが交通事故です。普段はあまり運転をしないけど…という方も多いとか。なんといっても交通渋滞が悩みどころのゴールデンウィークの道路。安全運転でいきたい所ですね。

渋滞中に多いのが追突事故です。どうしても手持ち無沙汰な時間が増えてしまう渋滞中、つい携帯を触りながらの運転をしていませんか?前方不注意になるだけでなく、前の車が動き出していることに気づかず、車間距離が空いたすきに別車線の車両が入るなんてこともあります。それ自体は悪いことではないのですが、車間距離を開けてしまった車両に対して後継車がクラクションを鳴らすことがありますよね。そうするとクラクションを鳴らされた側は焦って発進してしまいます。そんなタイミングで車線変更してきた車両があれば追突事故が起こるのは想像に難くありません。ちょっとした不注意から起こる事故ですから、注意を怠らず、携帯を触りながら運転をしない。それだけのことなのですが、なかなかそうもいきませんよね。運転する人をこまめに代えたり、同乗者と話をしたり、ノリのいい曲をかけたりするのもいいのではないでしょうか。

<サービスエリアでの忘れ物に注意!>

高速道路で必ずと言っていいほど利用するのがサービスエリアですよね。ちょっとしたご飯休憩や、お手洗い休憩などで立ち寄ることの多いサービスエリア。もし忘れ物をしてしまった時はどう対処をするべきなのでしょうか。

まずは、お客様センターに相談をしましょう。サービスエリア内での忘れ物や落し物をした時は、そのサービスエリアのインフォメーションや売店に電話をします。ただし、インフォメーションなどで預かってくれるのは一時だけです。その後はその付近の警察署に届けられますので、その場合は警察署に問い合わせを行います。本人確認のため、直接出向く必要があるそうですが、困難な場合は連絡した際に相談することが可能なようです。

なにより、忘れ物をしないことが一番ですよね、車を出る時の持ち物は最低限にする、ウエストポーチなどの身につけられるバッグにするといった工夫も重要です。

<空き巣に注意!>

大型連休ですから、旅行だけでなく実家に帰るなんて方もいらっしゃると思います。家を長い間開けることになるので、気をつけたいのは空き巣や戸の閉め忘れです。

空き巣は留守だと分かる家を狙います。重要なのは留守ではないと思わせることです。郵便物をためない、電気をつけたままにする、この二点を行うだけでかなり効果はあります。

新聞や郵便は一時的に停止させることができます。自宅への郵便物等の配達を行う郵便局もしくは自宅の最寄りの郵便局で手続き可能で、本人確認できる資料(健康保険証、運転免許証など)を用意して不在届を提出すると、その期間内の郵便物は、提出期間終了後に配達してもらえます。(外部サイト日本郵便へ移動)

一日程度の外出であれば電気の付けっぱなしもいいですが、長期間の外出には留守番センサー付きのライトを設置するという方法もあります。例えばテレビの明かりを再現するものがあり、チカチカと光ってテレビのライトを再現します。日中は待機状態、夕方から夜にかけて動作を開始し、深夜から早朝は自動でオフになるというもので電気代もテレビと比べて100分の1以下と省エネです。空き巣は人がいる気配を嫌うので、このゴールデンウィークを機につけてみるのもいいのではないでしょうか。

オススメの留守番センサーはこちらから(外部サイトへ移動しします)

<お子さんの熱中症にも要注意!>

外で遊ぶ機会がぐっと増えるゴールデンウィーク、気をつけたいのは熱中症です。また、外だけではなく移動時の車中など、子どもが寝ているからと少しだけと思って車を離れたりするのもとても危険です。いくら少しの時間だとしても、子ども車中に残すことは禁物です。だからといって、家の中でも安心はできません。この時期はどこでも熱中症は起こりうることを覚えておきましょう。

こまめな水分補給と、車内や家の空気の入れ替えをするようにしましょう!

<まとめ>

今年のゴールデンウィークは平日を2日間挟みますが、明日からお休みが始まり9連休もある企業も多くあります。9連休を楽しみにしてきたのに、気づいたら事故や事件に巻き込まれてしまってはせっかくのお休みが台無しになってしまいます。

全力で大型連休を楽しむためにも、油断は禁物です!

家を出る時の戸締まりから、車の運転の仕方、外出先での過ごし方など、ぜひもう一度ご家族で確認し合って、楽しいゴールデンウィークを迎えてください!!!