【注意】慣れはじめが怖い! 見極めたい不審者の特徴!!

2018年8月9日

不審者対策ヘッダー画像

 

今日から6月です。関東ももう少しで梅雨入りするという予報が出ているようにジメジメとした日増えて来ているように感じます。6月と言えば梅雨の時期、と感じる方が多いかと思いますが、もう1つ少しポイントずらして見てみると、新学期から2ヶ月が経った、慣れが出始める時期と言えるのがこの6月です。

今回はこの慣れの時期が、防犯においていかに気をつけなければいけない時期なのかについて、ご紹介していきます!

<慣れの時期とは?>

大人でも子供でも、4月は新学期や新年度で緊張感に溢れていると思います。新しい環境に移ると、誰しもがその環境に慣れようとします。その緊張感が一番高い時期が4月だとすると、ゴールデンウィークのある5月で一旦リフレッシュし、環境に適応して行きます。そして6月から徐々に慣れが出始めるのです。

この慣れの時期を小学生のお子さんに例えて見ましょう。はじめは入学して、最初は親御さんと一緒に通学路を歩きます。しかし、次第に一緒に歩くのが友達に代わり、分かれ道のあとには1人になります。1人で歩き始めて慣れてくるのが、この時期といえるのではないでしょうか。そして、このように1人で通学路を歩いている子供を狙った不審者がいることを忘れてはいけません。

では、この時期があるということを前提に不審者事案の発生件数を見てみましょう。

こちらは、静岡県警が発表した平成29年の静岡県内で通報受けた1459件の不審者情報の月別の発生件数です。4月から徐々に上がっていき6月の一番件数が多くなっていることがわかります。また学校のない8月は件数が一気に下がり、学校が始まる9月にはぐんと件数が増えていることも注目すべき点です。

<不審者情報の主な内容とは?>

では、不審者事案にはどのような行為が含まれているのでしょうか。

・声かけ
不審者が声をかけて誘ったり、話しかけてくるなどの行為

・わいせつ
性器の露出や痴漢などの行為

・つきまとい
背後からつけてきたり、追いかけてくるなどの行為

・写真撮影
カメラや携帯電話などでの無断で写真を撮る行為

・連れ去り
腕を引っ張るなどして連れ去ろうとする行為

・脅迫暴行
脅す、いきなり殴りつける、物を投げつけるなどの行為

・その他
風呂をのぞかれる、ジロジロ見られる等の上記以外の行為

静岡県警察 不審者事案の発生状況(平成29年)より引用

行為別のグラフで見てみると、声かけ・わいせつ・つきまといの被害が圧倒的に多く、その中でも声かけが目立っています。

<一番狙われる時間帯は?>

それでは、子供が被害に遭いやすい時間帯はいつでしょうか?

以前、こちらの記事でも警視庁から発表された小学生の被害時刻の状況をご紹介しました。今回は、静岡県警から発表された県内の不審者事案の被害時刻の状況を見ていきましょう。


いかがでしょうか?
はやり、下校時刻と重なる15〜18時台の被害件数がダントツで増えています。


また発生場所も圧倒的に道路、つまり路上で起きています。

そして、被害に遭っているときの状況は「1人歩き」のときが70%も占めています。つまり、はじめに述べたように、被害者が帰り道でひとりになった隙を見計らって、不審者は近づいているのです。

<誘いの言葉には要注意!>

不審者事案の行為別のグラフからわかるように、主に声かけで子供に近づく不審者が多いです。しかし、声かけをされた瞬間にすぐにはその声かけが不審者によるものだとは判断しづらいのも事実です。

では、どのような声かけから始まるのか、少し例をあげてみてみましょう。

  • 「お菓子あげるよ」
  • 「こっちに可愛い猫がいるからちょっと来て」
  • 「お母さんの友達だから車で送ってあげるよ」
  • 「○○駅はどこかな?」「駅まで案内してくれるかな?」
  • 「何年生なの?」
  • 「こんにちは〜、かわいいね」

上記の声かけを見るかぎり、一瞬でそれが不審な声かけなのかがわかりません。そのため、声かけをされたら立ち止まって聞いてしまうことの方が多いでしょう。

そこで重要なのが、声かけは聞いたとしても、それに対応しないということです。必要以上に対応せずに、その場をすみやかに離れることが大切なのです。

特に車から声をかけられた場合は、車に近づいて対応しないようにしましょう。

<まとめ>

いかがでしたか?

先日、十数年前の小学生殺傷事件の犯人が逮捕されたニュースがありました。
その事件の発生時刻もちょうど下校時刻でした。
途中まで友達と帰れたとしても、同じ家でない限りは必ずどこかで1人になる場面に遭遇します。

今回は、静岡県県警から発表されたデータを参考に、子供の被害についてご紹介しました。一人歩きが慣れ始めて、道草をするお子さんもいると思います。たとえ慣れたとしても、どのようなルートで帰宅するのか、周りの110番の家はどこなのか、ご家庭で定期的に確認するようにしましょう!

そして「知らない人に声をかけられたら付いて行かない」だけでなく、
上記で紹介したような声かけは要注意であることを、
具体的な内容でぜひお子さんにお伝えください!!