【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜

2018年10月3日

Moly.jpでは普段、女性向けの防犯対策や防犯グッズを紹介しています。
こちらで紹介している対策は、あくまで女性目線の対策です。
今回は、元性犯罪加害者に独自でインタビューをし、加害者側からみて効果的な防犯対策とはどのような行動なのかなどのお話を聞いてきました。このインタビューをきっかけに新たな防犯に対する発見や対策をみなさまにお届けできればと思います。

 

<はじめに>

この元性犯罪加害者をインタビューするというMoly.jpの独自取材は今回で2回目となります。前回の独自取材は強制わいせつ事案(性犯罪加害者の声を聞く〜強制わいせつ編〜) の性犯罪加害者の方でした。

今回インタビューにご協力頂いたのは、元性犯罪加害者の(仮名:Dさん)です。Dさんは、約30年間電車内で痴漢行為を繰り返し、逮捕されたこともある加害者です。

このインタビュー内容は3回に渡って、Moly.jpでご紹介します。
第1弾では、犯行内容・犯行期間・どのような人に対して行っていたか・犯行動機についてお話いただきました。

 

<第1弾>

編集者:はじめにどういった犯行内容だったのか具体的に教えてください。

Dさん:私の場合は、メインはもっぱら痴漢でした。主に電車の中。大学に通うようになってから、ほとんど日常的に。つまり電車通学になってからの18歳から始めました。

編集者:高校生までは電車に乗ることはなかったのですか?

Dさん:高校は所要時間が20分くらいのバス通学でした。

編集者:バスの中では、痴漢はされなかったのですか?

Dさん:全くないわけではありませんでしたが、数える程と言いますか、2回ほど痴漢をしたことがあります。ただ、大学のころから始めた電車での痴漢とは違い、相手が触られているか触られていないかわからなくらいの軽い痴漢をしていました。もちろん、痴漢に軽いも重いもないのですが。ですので、初めて痴漢をしたのは、はっきりとは覚えていないのですが高校3年生のときで、主に痴漢を始めたのは大学生に入った頃からです。

 

編集者:痴漢をしてみようや始めたきっかけなどはありましたか?

Dさん:もともと女性の体には興味があり、触ってみようという気持ちを実行に移したのは、やっぱり興味からだと思います。

編集者:痴漢行為が日常的に行われていたということでしたが、それは毎回衝動的でしたか?それとも計画的でしたか?

Dさん:計画的ということではないですが、触りたくてしょうがなくて触れる環境を自分で用意するといった衝動的というのともまた違うきがするのですが、それよりは状況に応じて、痴漢ができるような状態の時に痴漢をしてみたいとおもい、痴漢をしたといったような気持ちでした。

編集者:そうすると先に物色をして痴漢行為をしたわけではなく、その時の環境に応じて、今なら痴漢ができると感じた時に痴漢行為をするということですね。

Dさん:基本は通学をすることが目的で、その中で痴漢ができる状況のときに痴漢をしてみようとして痴漢をしました。

編集者:通学をすることが目的であったということですと、毎日同じルートの中で痴漢をしていたということですか?

Dさん:そうですね。少なくとも行きの電車では痴漢をしていました。学生の頃の帰りはまっすぐ帰ることもあれば、友達と遊んで帰ったりすることもあったので、大学時代では帰りの電車での痴漢ということはあまりなかったと思います。
しかし、通勤するようになってからは、仕事終わりにまっすぐ帰らずに、電車を乗り継いで痴漢をするといったことはありました。

編集者:大学時代は主に行きの通学時に痴漢をし、会社勤めをはじめてからは、行き帰りの通勤で痴漢をしていたということですね。

Dさん:はい。会社が終わってから家に帰らずに、そのまま電車を往復したり、別の路線に乗り換えたりして痴漢をしていました。

編集者:路線を乗り換えたとおっしゃっていましたが、痴漢をしやすい路線などがあったのですか?

Dさん:いえ、基本的には最終的に家に帰るということが目的なので、家を中心にした路線をメインに行動していました。電車も端から端まで行くこともありましたが、戻る電車の時間を見計らいながら移動していました。

編集者:やはり電車は混んでいる時間帯を狙っているということですか?

Dさん:必ずしも、混んでいるかというのは移動しながらなので、あまり考えていません。空いているから痴漢ができないという訳でもないのです。

編集者:空いているから狙えないわけではなく、できる環境があれば行動にうつしていたということを先ほどおっしゃっていましたが、そうすると自分から車両を選んでいた訳ではないということですか?

Dさん:混んでいる車両と空いている車両があれば、混んでいて女性が乗っていそうな車両を選んでいたと思いますが、電車というのはだいたい混んでいる時は全体的に混んでいて、空いているときは全体的に空いているので、そういった選択よりも、物色になりますが今乗っている電車で車両を移動しながら痴漢をできる環境を探していました。通学や通勤のときは、定時に学校や会社に着かなければいけないので、車両を選んだりすることはできないですが、帰りは車両内を往復したりなど時間をかけられるので、痴漢ができる状況を探して彷徨っていました。

 

編集者:先ほど電車通学になった18歳から痴漢行為を始めたおしゃっていましたが、何歳まで痴漢行為を続けていたのでしょうか?

Dさん:18歳から始めて、逮捕されたり、服役して強制的に痴漢行為ができなかった時期もありましたが、それも含めて30年程ほとんど毎日痴漢行為を繰り返していました。もちろん何度も捕まって、その度に自粛をしようとはしていたのですが、繰り返していました。

編集者:例えば自分のタイプの女性や、露出が多く触りやすい格好をしている女性など、どのような女性を狙って痴漢をしていましたか?

Dさん:私の場合は、特に女性の好みや服装の好みといったことでは選んでいませんでした。もちろん、露出度が高ければ性的興奮は感じますが、それと痴漢がしたいといった行動と直接連動しません。痴漢ができるということと、性的魅力を感じるということは、次元が違う話になってしまいます。痴漢は痴漢ができる状況、例えば近くに立っていられるか、相手が警戒していないかといったことが重要なので、相手が可愛いかや服装が触りやすいかということは、根本的な問題ではないのです。

編集者:それでは、スカートだから触られて、ズボンだから大丈夫といったことではないとうことですね?

Dさん:そうですね。でも、全く関係ないということではなくて、よっぽど体を触っている感覚が得られないような服装でなければ、普通の格好であれば関係ないです。また、相手の顔を見ずに痴漢をすることもあるので、容姿も関係がないです。

 

編集者:少し話が痴漢行為をしたきっかけに戻るのですが、先ほどほぼ毎日痴漢をするとおしゃっていましたが、痴漢をするタイミングというのは、どういったときなのでしょうか?痴漢ができる環境と状況にいるからではなく、例えばストレスが溜まっていたり、彼女がいなくむしゃくしゃしていたり、何かに我慢をしていたからなどの気持ち的な要因はありましたか?

Dさん:よく痴漢をしてしまったときはストレスが溜まっていたからかと聞かれることが多いのですが、私の場合は違います。そもそも私が痴漢を始めたきっかけといいますか、私の理解の中では、小学校の時に2歳年下の妹の体を毎日夜に触っていたということがあります。中学生にあがってからは、妹の体を触るといった行為はやめたのですが、その延長線上で痴漢をしていた感覚がありました。自分としては、しっかりとした動機があるというよりは、どっちかというと、妹を触っていた時も、性的興奮ということよりも、最初はもっぱら興味本意でしたが、触ることによって安心感やぬくもりを得ていたので、その感覚を再現しようとしていたのだと思います。とはいえ、仕事のプレッシャーや彼女と喧嘩したときに痴漢行為をストレス解消の道具にしようと思って行動したこともないでもありません。

編集者:触るということに対して性的興奮というものはなかったということでしょうか?

Dさん:全く性的興奮と関係がないかというとそうでもないのです。私の場合は性欲が収まれば痴漢を続けようという気持ちがなくなってしまうのです。性欲と関係なく、ストレスで痴漢をするという人もいますが、全く関係ないとも言えないのではとおもいます。ストレスかどうかということでいうと、ストレスとか、恋人との関係が上手くいかないなどの社会的要因や自分の問題のコーピングとして痴漢をするという段階は、私が考えるに、かなり進んでいる段階であると思います。

 

編集者:次に痴漢行為をしたあとのことをお聞きしたいのですが、痴漢をしたあとに何度か逮捕をされたとおっしゃっていましたが、痴漢行為をしていた時に逮捕されるかもしれないということが頭によぎると思うのですが、その考えは頭をよぎりましたか?

Dさん:よぎらないです。痴漢しているときには、捕まることは無意識には考えていたかもしれませんが、意識的には考えていませんでした。捕まらないように周到に用意して痴漢をしていた訳ではなく、私の場合は痴漢をしているときに捕まるかもしれないというような意識は全く頭によぎっていないです。もし、頭に捕まるかもしれないということがよぎっていたら、痴漢はしていないと思います。

編集者:痴漢をしている最中に逮捕されるかもしれないと頭によぎらないということは、この状況や行為が将来の自分の人生にどのように影響してしまうかということも全く考えていなくて、その時はその状況だけということでしょうか?

Dさん:そうですね、全く考えませんでしたね。

 

編集者:Dさんは自分が痴漢をしている最中は安心感を求めていたとおっしゃっていたのですが、つまり相手の反応とか快楽には関係ないということでしょうか。例えば相手が痴漢をされて嫌そうな態度をしている顔を見ると興奮が増すというような訳ではなく、自分の望みを満たしているだけで相手の反応に満たされているということではないということですか?

Dさん:私の場合は、相手の迎合する反応には興奮しています。反対に、相手が拒否する反応をされると触ることをやめるので、嫌がっているなといった反応がわかれば痴漢行為はやめます。ただ、相手が嫌がっているなといった明確な意思表示がされないときに嫌がっていないと思うのは、認知が歪んでいると言われればそれまでなのですが、私の場合は、許されていると思って痴漢行為をしていました。例えば、体を触っていた腕を掴まれて、その腕が緩んで放置されるといいますか、抵抗されなくなると、受け入れてくれたのだなと認識をして、そのまま痴漢行為を続けていました。

編集者:拒否をされると痴漢行為をやめるということは、はじめからしっかり抵抗すれば痴漢をしないということですか?

Dさん:しっかり抵抗するといいますか、体に触れた瞬間に「何?」といったように見られただけでも、痴漢はやめます。

第2弾につづく

 

いかがでしたか?
この第1弾のインタビューで私自身が感じたことは、電車内という狭い空間の中だけだから、これだけは気をつけておけば大丈夫といった対策では足りないということです。

例えば、スカートやパンツスタイルの女性がいた場合、スカート姿の女性に痴漢をするのかと思っていましたが、Dさんにとっては服装といった見かけではなく、痴漢ができるシチュエーションかが重要だという場合もあるということがわかりました。

また、じっとして対応せず(無視をする)にいれば痴漢行為をやめてくれるのではないか、といった考えもありましたが、実はしっかりとした拒否の意思表示をしなければ、相手が嫌がっているとは認識せず、むしろ痴漢行為を受け入れてくれていると認識される場合もあるということがわかりました。

このように、痴漢対策といっても、加害者のタイプによって当てはまる場合と、当てはまらない場合があるということに気づかされました。

 

次回の第2弾では、Dさんの痴漢行為をしていたときの心情と逮捕時の心情についてお伝えします。

 

【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜第2弾

【独自取材】性犯罪加害者の声を聞く〜電車内痴漢編〜第3弾