朝日新聞編集幹部の人が知人女性に不適切な言動

2018年10月3日

連日のようにパワハラというワードがニュースで取り上げられている中、また○○ハラといったニュースが入ってきました。

産経ニュースによると、
朝日新聞編集幹部の男性が、知人女性に飲食店で酒に酔った上で、不適切な言動をしたといいます。
朝日新聞は、男性が就業規則に違反したと認定し、男性は8月末に退社しました。

世間が敏感になっているパワハラやセクハラ。
パワハラやセクハラは多くの場合、その行為をしている本人はそれをパワハラやセクハラだと認識していません。そのため、企業内でハラスメントについてセミナーを開いているところも現在は多いです。

記事の中でもありましたが、朝日新聞では「ハラスメントを許さない環境づくりをしている」最中であったとあります。そのような環境づくりを進めている中での、このニュースは残念です。

Moly.jpでもつい昨日、パワハラ・セクハラとは?ハラスメントへの対策はあるの?といった記事を載せました。
パワハラやセクハラの定義は何か、それらの行為をされた場合はどのような証拠を揃えるべきかなどを紹介しています。とてもタイムリーな記事となっているので、こちらも合わせてチェックしてください!