朝日新聞編集幹部の人が知人女性に不適切な言動

連日のようにパワハラというワードがニュースで取り上げられている中、また○○ハラといったニュースが入ってきました。

産経ニュースによると、
朝日新聞編集幹部の男性が、知人女性に飲食店で酒に酔った上で、不適切な言動をしたといいます。
朝日新聞は、男性が就業規則に違反したと認定し、男性は8月末に退社しました。

世間が敏感になっているパワハラやセクハラ。
パワハラやセクハラは多くの場合、その行為をしている本人はそれをパワハラやセクハラだと認識していません。そのため、企業内でハラスメントについてセミナーを開いているところも現在は多いです。

記事の中でもありましたが、朝日新聞では「ハラスメントを許さない環境づくりをしている」最中であったとあります。そのような環境づくりを進めている中での、このニュースは残念です。

Moly.jpでもパワハラ・セクハラとは?ハラスメントへの対策はあるの?といった記事を載せました。

パワハラやセクハラの定義は何か、それらの行為をされた場合はどのような証拠を揃えるべきかなどを紹介しています。
とてもタイムリーな記事となっているので、こちらも合わせてチェックしてください!
女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 【犯罪被害者週間】確認しておきたい、被害者支援機関について

  2. 「10代少女の服を切った疑いで空自2尉を逮捕」というニュースから見る施設内防犯の対策

  3. 小学生による性的暴行はどう扱われるべきか?被害者と加害者のケアについて

  4. 「盗撮罪」新設提案、性犯罪抑止へ

  5. NGT48運営に言いたい。防犯ベルは再発防止策にはなりません。

  6. SNSを悪用した犯罪被害者は16歳がピーク!?

  7. 9/4 車の横を通る時は細心の注意を!

  8. こんな人がストーカーになりやすい! 5つのストーカータイプ診断!

  9. 渋谷ハロウィンのトラック横転犯逮捕!防犯カメラ捜査のプロ「SSBC」とは一体何者??

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP