【MolyNews#5】「ナンパ指導」塾長の男を逮捕

今日の注目ニュースは、
「リアルナンパアカデミー」という塾の塾長が逮捕されたというニュースです。
この塾は以前から塾生が逮捕されたこともあり、問題となっていました。

時事ドットコムニュースによると、

女性を酔わせて乱暴したとして、警視庁新宿署は11日までに、準強制性交容疑で、会社役員渡部泰介(42)=東京都新宿区歌舞伎町=、無職大滝真輝(29)=住所不定=両容疑者を逮捕した。渡部容疑者は容疑を否認しているが、大滝容疑者は認めているという。
同署によると、渡部容疑者は女性の誘い方を教える「リアルナンパアカデミー」の塾長で、大滝容疑者は塾生だった。
逮捕容疑は昨年11月13日午前3時ごろ、新宿区内のホテルの部屋で20代女性に多量の酒を飲ませて抵抗不能にさせ、わいせつな行為をした疑い。
同署によると、両容疑者は同12日深夜に路上で女性に声を掛け、ダーツバーでテキーラを一気飲みさせたり、罰ゲームと称してホテルでカクテル4、5杯を飲ませたりしたという。

今年の5月には、このリアルナンパアカデミーの塾生である東京メトロの社員が、
準強制性交の疑いで逮捕をされていました。
こういったニュースを見ていると、ナンパなのだから付いていった女性にも非がある
といったコメントを見かけますが、付いていったからといって暴行をされていいわけでは
決してありません。被害として出ている時点で、合意のもとで行われた行為ではないのです。

実際にこのリアルナンパアカデミーのHPをみましたが、
本当にこのような塾が存在しているのかという事に驚きました。
出会いかたは人それぞれなので、ナンパを否定するつもりはありません。
しかし、今回のような性犯罪に繋がってしまうことがあるということを、
ぜひみなさんには知っておいて欲しいです。

 

また、今日はもうひとつ、下記のようなニュースもありました。
上記のリアルナンパアカデミーとは少し違いますが、
関連があると感じたので、ご一緒に紹介します。

中京テレビNEWSによると、

女性を狙った卑劣な犯行が後を絶ちません。みなさんは、「デートレイプドラッグ」という言葉をご存知でしょうか。睡眠薬などの薬を知らぬ間に飲まされてしまう危険。実は、身近なところに危険は潜んでいました。

「被害の8割強が顔見知り。全く知らない人っていうのは実は1割ちょっと」(性暴力救護センター日赤なごや なごみ 片岡笑美子 センター長)

内閣府が行った調査で、性的暴行の被害にあった女性と加害者との関係性は、「まったく知らない人」は1割。それに対し、元交際相手などの、「顔見知り」からの犯行は“8割以上”にものぼるといいます。

 

このように、強いお酒を大量に飲ませて酔わせるだけでなく、
お酒に薬を混入させて意識を失わせるといった卑劣な手口が横行しています。
強いお酒を飲まされた場合は、ちょっと酔ってしまったかもしれないということが、
自分でのまだ認識できる可能性がありますが、薬として混入されてしまうと、自覚しづらいです。
また、デートレイプドラッグはお酒だけに限らず、普通の飲み物にも混入されることが可能なので、
ますます被害に遭っているとは気がつきません。

ですので、お酒の席ではもちろんのこと、異性のいる食事の席では、
できるだけ飲み物を残したまま席を離れないや、自分の飲み物は自分で頼むなどの注意が必要です。

Moly.jpでは⇒デートレイプドラッグについて詳しい記事をUPしているので、
ぜひ合わせてチェックしてください!

 

北海道では、先週震度6強の地震が発生しました。
今後も余震が続く恐れがありますので、付近にお住まいの方はお気をつけ下さい。

Moly.jpでは【災害時防犯】についての記事をUPしました。
ぜひ、こちらも合わせて読んで役立ててください。

また、震災被害後には、義援金詐欺や点検商法などの震災被害に便乗した犯罪が横行します。
心当たりのない勧誘がきた場合は、相手にしない、警察に通報するようにしましょう。