台風時を狙った連続窃盗が発生…災害時だからこそ気をつけたい防犯対策

 

先週末は各地で台風24号の猛威に振るわれましたが、ここ数日はお天気に恵まれて、むしろ暑いくらいです。しかし、この天気の良さも、今日明日までです。
明日4日から5日にかけて沖縄では台風25号接近する予報で、今週末には先週と同じく、本州に向かってくると言われています。

次の25号の台風の威力がまだどのくらいかということはわかりませんが、本州では恐らく先週の24号と同様の強い風が吹き荒れる見込みだそうです。

台風時や災害時は、自分の身を守ることがもちろん第一ですが、防犯という面もしっかりと対策をしなければなりません。

今日はNHK NEWS WEBからこのようなニュースがありました。

台風時を狙った連続窃盗か 商店街で被害相次ぐ 東京 大田区

2018年10月3日 7時58分台風 被害

今週、各地に被害をもたらした台風24号が関東に接近した夜から朝にかけて東京・大田区の商店街で現金が盗まれる被害が相次いでいたことがわかりました。警視庁は、台風の影響でほとんど人がいなくなった商店街を狙った可能性があるとみて捜査しています。

警視庁によりますと1日の朝、東京・大田区の東急池上線・石川台駅前の商店街にある学習塾で、入り口近くのガラスが割られているのを塾の関係者が見つけました。

通報を受けた警視庁が調べたところ、何者かが侵入した跡があり事務室に保管していた現金およそ4万円がなくなっていたということです。

さらに、駅の周辺の半径およそ400メートルの範囲で、同じように入り口のガラスが割られて現金が盗まれる被害が他にも飲食店や会社の事務所で3件相次いでいたことがわかりました。被害額は合わせて数十万円にのぼるということです。

1日の朝にかけて台風24号が関東に接近し、被害に遭った事務所の中には従業員がふだんより早く帰ったところもあったということです。

警視庁は、侵入の手口から同一人物の犯行とみていて、台風の影響でほとんど人がいなくなった商店街を狙った可能性があるとして捜査しています。

出典:NHK NEWS WEB

 

このように、避難をしているということを逆手にとって、窃盗をする人がいるのです。これは台風時だけでなく、震災時にも起きており問題となっています。

地震や急な竜巻などとは違い、台風は接近時から、あらかじめ防犯対策をする時間は十分にあると思います。身を守るための災害バッグなどを用意したあとは、しっかりと戸締まりなどの防犯対策をとりましょう。

Moly.jpでは、災害時防犯についての記事もUPしているので、合わせて確認しておきましょう!
災害時にも防犯対策は必須。火の元だけでなく、戸締まりや性被害にも要注意。

突然の自然災害で必ずやっておくべき災害&防犯対策