イギリス女子の悩み…制服が性的嫌がらせの対象になっている?

 

今日は、海外のニュースをご紹介します。
日本でも、多くの子どもが登下校時刻に見知らぬ人に声をかけられたり、つきまとわれたりといった不審者事案が全国各地で起きていますが、海外ではどうでしょうか?

BBC NEWS JAPANによると、

制服で外を歩くとセクハラされる……英国女子の3割超
2018年10月8日

英国の女子の3人に1人が、学校の制服を着て外にいた時に性的嫌がらせを受けたことがあると、民間団体の調査に答えたことが明らかになった。さらに3分の2の女子が、公の場で求めていない性的な言動の対象にされたことがあると答えた。

慈善団体「プラン・インターナショナルUK」は8日、調査報告を発表した。それによると、道端でセクハラを受けるのは「大人になるための通過儀礼」だと女子の多くが受け止めている。このため同団体は、通行人として嫌がらせを目にしたら、割って入ってやめさせるよう呼びかけている。

調査は14歳から21歳の女性1000人を対象にアンケート調査を実施したほか、専門家や女子に聞き取り調査も起こった。

その結果、

  • 英国の女子の66%が公共の場で、求めていないのに性的に注目されたり、性的・身体的接触を経験している
  • 女子の35%が、求めていないのに体を性的に触られたり、まさぐられたり、つかまれたりした
  • わずか8歳の女子も、セクハラを経験ないしは目撃したと回答した
  • 30%以上の女子が、学校の制服を着ている時に、性的に体を触られたり、じろじろ見られたり、ひやかされたり、口笛を吹かれたりしたと答えた
  • 約25%の女子が、他人に無断で動画や写真を撮られたと答えた

報告書には、いくつかの体験談が含まれている。たとえば、英中部バーミンガム在住のマリカさん(19)は、1人で道を歩いていたところ車でずっと追跡されたことがあると話した。続きはこちらから

出典:BCC NEWS JAPAN

いかがでしょうか。
よく性犯罪が多く起こる国として名前が挙がるのが、南アジア周辺の国のため、今回のイギリスのこのニュースは個人的に驚きました。

イギリスというと、紳士的なイメージがありますが、制服で道を歩いているだけで、このような被害を受けてしまうとは、とても悲しいです。

日本でも、制服姿の女子生徒をみて、卑猥な声かけをされるといった事案がありますが、「制服を着ているから」「スカートが短いからしょうがない」ということではないのです。

このような被害に遭った時に「仕方がないよね」で済むような世の中にはなって欲しくありません。

日本だけでなく世界中で、防犯意識を高めることも大事ですが、相手の立場になり、相手を尊重するということの大切さにももっと目を向けて欲しいと思いました。

 

Moly.jpでは「女性のための完全防犯マニュアル」という女性ための防犯対策を網羅したページを公開しています!犯罪種別・季節別・場所別やオススメの防犯グッズなどを全てまとめた、役に立つこと間違いなしのマニュアルです。

みなさん、要チェックです!

【完全版】Moly女性のための完全防犯マニュアル