11月は児童虐待防止推進月間です!「189(いちはやく)」という番号を知っていますか?

みなさん、11月が「児童虐待推進月間」の月であるということを知っていましたか?11月は他の月と比べて、大きなイベントごとはないですが、厚生労働省では毎年11月を「児童虐待推進月間」と定めています。
児童虐待はあまりMoly.jpには関係がないのでは?と思うかもしれませんが、児童虐待はさまざな犯罪に繋がる可能性があります。また、児童虐待の中には性的な虐待も含まれています。

今日は、この「児童虐待推進月間」という機会から、児童虐待にはどのような行為が含まれているのか、児童虐待を目撃した又は自分が虐待をしてしまいそうな時はどこに相談すればいいのかといった内容をご紹介します。

児童虐待防止推進月間とは

厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施します。

出典:厚生労働省

児童虐待とは

ニュースでよく目にする児童虐待ですが、具体的にどのような行為が児童虐待と呼ばれているか知っていますか?詳しくみてみましょう。

身体的虐待:殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだす など

性的虐待:子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト:乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置する など

心理的虐待:言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

出典:厚生労働省

まとめ

いかがでしたか?
私自身、心理的虐待の中に含まれている「きょうだい間で差別的な扱いをする」や「子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)」が児童虐待に当てはまるのだということを、初めて知りました。
ご家庭の中では、「しつけ」として子どもが悪いことをしたら叱ることがあるかと思いますが、「しつけ」が行き過ぎてしまうと、それが叱るではなく、怒るに変化し「暴力や暴言」に変わってしまうことがあります。自分ではそのつもりがなかったとしても、子どもや第三者からみると、その行為が児童虐待に当てはまってしまっていると言ったケースがあるということを、しっかりと確認しなければいけません。

この「児童虐待防止推進月間」は虐待を受けている子どもを守るためだけの啓発活動ではありません。「虐待をしてしまいそう」「虐待をしてしまっている」「虐待をされているのを見ているのにどうすればいいかわからない」といった親御さんへの啓発活動でもあります。

ほんの少しでも不安があれば、周りに相談をするようにしましょう。
虐待を受けていると思われる児童を見かけたり、自分自身が悩みや不安があったら、迷わず下記の番号に連絡をしてください。
189(いちはやく)
こちらに連絡をすると地域の児童相談所に繋がります。
連絡時は匿名でも可能で、内容についても秘密を守ってもらえます。
ぜひ、不安を抱えている方がいらっしゃったら、活用してください。

一人でも多くの子どもと、周囲の親御さんが助かりますように。

 

Moly.jpでは女性のための完全防犯マニュアルを公開しています。この記事では、女性から子どもまで幅広い人たちのための防犯対策をご紹介しているので、合わせてご覧ください。