相次ぐSNS上でのチケット販売の詐欺被害、被害対象は女子中高生たち!?

ここ一年ほど、ライブのチケットの転売が大きな問題となっており、著名な歌手などのチケットは、転売防止として身分証明書の呈示などが求められる会場が増えています。

今回のニュースは、女子中高生たちがSNSを通じて詐欺に遭っているといった内容です。
読売新聞によると、

「Kポップ欺」女子中高生ら泣き寝入り相次ぐ

2018年11月13日 10時24分

韓国の「Kポップ」アイドルを巡り、日本の女子中高生らがツイッターなどのSNSを通じ、グッズやコンサートチケット名目で金をだまし取られる詐欺被害が相次いでいる。1回あたりの被害額は数千円から数万円程度と少額のため、泣き寝入りするケースも多いという。韓国の詐欺グループが関与しているとみられ、韓国の警察当局は摘発を強化している。

出典:読売新聞

 

詐欺被害というと、オレオレ詐欺のような特殊詐欺を思い浮かべる方が多いかと思います。また、特殊詐欺は高齢者が騙される詐欺だと言う認識があるかと思います。しかし、今回ご紹介したニュースは女子中高生たちが被害者です。

いまでは多くの中高生が利用している、SNSを狙った手段による詐欺がとても多いです。手軽にやり取りができる分、信頼性は低く、慎重にやり取りをしないといけません。
SNS上でのやり取りの危険性として挙げられるのが、相手の正体が不確かであることと、仲介となる会社や人がいないということです。

せっかく、自分が頑張って働いて貯めたお金を、騙されて奪い取られてしまっては悲しいです。このような被害に遭わないためにも、見ず知らずの人とのやり取りはやめて、公式のサイトなどでグッズやチケットを手に入れるようにしましょう。

Moly.jpでは、女性のための防犯マニュアルを公開しています。インターネットやSNSにまつわる防犯対策などもご紹介しているので、ぜひチェックしてください!