札幌で観測史上最も遅い初雪を観測!雪国は冬期の車上荒らしに要注意!

今年はつい最近まで汗がでるほどの暑さが続いて、いつになったら新しく買ったダウンジャケットが着れるのかと思っていたところ、昨日からぐっと気温が下がりましたね。

関東は11月中旬まで暖かさが続きました。関東に住んでいる私は、北海道や東北は例年通りそろそろ雪も積もり始める頃かと思っていましたが、実は今日やっと札幌で初雪が観測されたそうです!

毎日新聞によると、

札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く

札幌管区気象台は20日未明、札幌市中心部で初雪を観測したと発表した。1890年と並んで観測史上、最も遅い。

気象台によると、北海道上空1500メートル付近に平地で雪が降る目安とされる氷点下6度以下の寒気が流れ込み、午前0時50分ごろに雨からみぞれに変わった。

出典:毎日新聞

 

今年は全国各地で暑さの影響から、気候は少しずれてしまっているのかもしれません。

北海道のような雪国では、雪が降り始めると、車上荒らしが多くなる傾向があります。特に、チェーンを装着している車は、チェーンの盗難が多くなります。ご自宅の車庫に保管する際も、車庫にセンサーライトや防犯カメラを取り付けておくと安心です。

また、車上ねらいだけでなく、もう一点気をつけなければいけないのが、灯油の盗難です。寒い家での必需品である灯油を盗まれないためにも、冬場もより一層しっかりと防犯対策をしましょう!

Moly.jpでは冬の防犯対策についての記事をご紹介しています。ぜひ、こちらも合わせてご確認ください!