小学生向け、性被害時の相談窓口先を警察庁がお知らせ!!

性被害や性犯罪と聞くと、女性とくに大人の女性が被害に遭うといったイメージが先行しますが、毎日のニュースでも見かけるように、子どもの性被害もとても多いです。また、子どもも女子だけでなく、男子も多く被害に遭っています。
子どもも大人と同じように性被害に遭っているにも関わらず、子どもの性被害の相談窓口というものを聞いた事が、あまりありません。

大人の場合は、これは痴漢かもしれない、あれはリベンジポルノかもしれないといった自分の被害に対する認識ができますが、子どもの場合は、それが性被害であるのかもしれないといった認識が曖昧です。また、怖い思いをしたということを、親に相談できる子もいれば、できない子もいるかもしれません。

そこで今日は、警察庁から配布された小学生向けの性被害時の相談窓口を教えてくれるリーフレットについてのニュースをご紹介します。

ReseMomによると、

子どもの性被害、相談窓口などを周知する小学生向けリーフレット

警察庁は2018年11月14日、小学生向けの「子どもの性被害等に係る被害相談窓口および支援の周知に関するリーフレット」をWebサイトに掲載した。性被害事例をマンガで紹介し、性被害に気が付いていない子どもに相談してほしいという。

出典:ReseMom

リーフレットは下記のものです。


画像出典:警察庁

このように、子ども向けのリーフレットということで、イラストや漫画が織りまぜられていて、読みやすくなっています。様々な工夫がされているリーフレットなどで、ぜひご家庭でこちらを印刷してお子さんと一緒に読んで欲しいと思います!
リーフレットは、警察庁のHPから簡単に印刷することができますので、ぜひ下記のURLから、移動してみてください。
参考URL: 警察庁 子供の性被害対策

 

また、昨日11月25日は「女性に対する暴力撤廃の国際デー」でした。子どものみならず、大人の女性も安心して暮らせる世の中になるように、Moly.jpはこれからもみなんさんのお手伝いをしていきたいと思います。

Moly.jpでは、女性のための完全防犯マニュアルを公開しています。こちらには、万が一性被害に遭ってしまったときの対処法や相談窓口についてもご紹介しているので、ぜひ合わせてお読みください。