11月25日~12月1日は犯罪被害者週間。覚えておきたい相談窓口

2018年12月3日

11月25日~12月1日は犯罪被害者週間

犯罪被害者週間とは

毎年11月25日から12月1日は、犯罪被害者週間と定められています。この期間には、犯罪被害者などが置かれるつらい状況について知り、被害者の名誉や平穏な生活を回復することの大切さを理解するための啓発事業が集中的に行われます。

犯罪の被害者やその家族は、自分にまったく非がないにも関わらず、突然逃げ場のない苦しみや悲しみに直面します。そして、その心身の傷と共に生きていくことを余儀なくされます。
その上、周囲の理解がないために誰にも相談することもできない被害者も少なくありません。さらには被害者にも責任があるかのような誤解や中傷を受けることすらあります。

このような現状を変えていくために、2004年12月1日に「犯罪被害者等基本法」が成立したことから、12月1日を最終日とする1週間が、犯罪被害者週間とされています。

犯罪被害者支援の内容

もちろん、犯罪被害者支援は11月25日から12月1日の間だけ行われているわけではありません。
常日頃から犯罪被害者の生活に寄り添い、向き合い、援助し続けることが必要です。

犯罪被害者支援はさまざまな形でおこなわれています。
安全の確保は警察、法的な支援は検察庁や法テラス、遺族の生活を金銭面で支えるのが公益財団法人犯罪被害救援基金などと言ったように、支援団体ごとに主な活動内容があります。
多岐にわたっていますが、主なものは警察庁のWEBサイトでも紹介されています。

▶主な犯罪被害者等支援体制の概要:犯罪被害者等全般に関係するもの

また、特に被害者への支援が必要な交通事故とドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)については、専門の支援団体が多く活動しています。

▶主な犯罪被害者等支援体制の概要:主に交通事故被害者に関係するもの

▶主な犯罪被害者等支援体制の概要:主に配偶者からの暴力被害者に関係するもの

犯罪被害者のための相談窓口

ほとんどの人は自分が犯罪被害者になるとは思っていないでしょう。そのため、被害者になってしまったときにはどうしていいかわからず、ひとりで悩んでしまうことが多いようです。
そのような犯罪被害者の置かれた状況、直面している問題などのケースごとに、相談できる窓口を警察庁が紹介しています。

被害にあってしまい、どのように対処したらいいかわからない、という全般的な相談。
あるいは、被害にあってから子どもの様子がおかしい、という精神面のケアに関する相談。
また、犯罪被害による医療費の負担を軽くしたいという経済的な内容、損害賠償請求をしたいという法的な内容についても、相談できるところがあります。

▶警察庁WEBサイト

犯罪被害者に寄り添える社会に

もちろん、犯罪被害者がいない社会が理想です。しかし、その実現にはまだまだ長い道のりが必要です。
まずは犯罪を未然になくすための防犯。
そして、もし不幸にして犯罪の被害にあってしまったら、ためらわず支援団体に助けを求められるように。また、身近な人が被害者になってしまったら、すぐに手を差し伸べられるように、犯罪被害者支援についても知っておきましょう。

Left Caption
<責任編集・Moly河合成樹のひとことコメント>
被害に遭ってしまった人に自己責任を問う風潮が昨今強まっていますが、「100%加害者が悪い!」と私は声を大にして言いたいです。不幸ながら遭ってしまった人が、穏やかな暮らしを取り返すためにMolyとしても積極的に活動していきたいと思います。