空き巣被害を受けないために!効果的な防犯グッズをご紹介します

  1. 防犯対策
  2. 5 view

空き巣に入られたら大切なお金や家財を盗まれるだけでなく、心理的にも不安な気持ちがなくなりませんね。

空き巣に入られないためには、対策が必要です。効果的な防犯グッズをご紹介します。

 

スポンサードサーチ

1.空き巣の発生状況

自分だけは大丈夫、近くに空き巣は入ったことが無い、そんな場合でも安心はできません。

空き巣に目を付けられたら、被害の可能性はグッと高まります。

空き巣被害に遭わないためには対策が必要です。どんな対策をすればよいかを考える前に空き巣被害の現状を知っておきましょう。

 

①空き巣の発生状況

近所で空き巣被害を受けていなくても、全国で1日に約200件の空き巣が発生しています。

それでも年々減少しているんです。

警察庁の統計によれば、侵入窃盗の認知件数は2016年には約72,000軒も発生しています。

出典:警察庁による「住まいる防犯110番」

 

②空き巣の侵入場所

空き巣はどこから侵入するのでしょうか。

一戸建住宅やマンションの低層階は、圧倒的に窓から侵入しています。

マンションの4階以上でも窓から侵入されていますので、被害に遭わないためには窓の対策が大切になります。

出典:警察庁による「住まいる防犯110番」

 

③空き巣の嫌がることとは

空き巣対策を考える上で大切なことは空き巣が嫌がることをすることです。

では、空き巣はどんなことを嫌がるのでしょうか。

空き巣が一番嫌がることは「人の目」です。そのためには「音」や「光」は邪魔になります。

さらに、侵入に「時間」がかかると人目に付く機会が増えますので、嫌がることです。

 

2.空き巣対策はどこから?

それでは、空き巣被害を防ぐためのはどのような対策が効果的でしょうか。

空き巣が嫌がることを対策に取り入れることや、

空き巣が侵入しようとする場所を重点的にガードすることが効果的になります。

 

①空き巣対策は空き巣の嫌がることを!

空き巣が嫌がることは、人目、音、光、時間です。

そのためには監視していることを知らせる、侵入しようとする場合に音や光で警告する、侵入のための時間をかけさせることです。

 

②空き巣対策は侵入場所を重点的に!

空き巣対策を講じる場所はどこにしましょうか。

空き巣の気持ちになって侵入経路をたどってみましょう。対策をする場所が見えてきます。

空き巣の侵入経路に従って、効果的な対策グッズをご紹介します。

 

スポンサードサーチ

3.屋外で使いたい対策グッズ

屋外の対策は、玄関や窓などの侵入場所まで近づかせないためにも大切です。

屋外で諦め箚せれば大成功です。空き巣の嫌がることを駆使して対策を講じましょう。

 

①夜間常時点灯照明

街灯があっても家の敷地は暗いことが多いです。

そんな場合には、暗くなると点灯する照明が効果的です。門扉近く、玄関や家の周囲を明るくしてくれます。

ソーラーパネルで充電して点灯しますので電気代の心配はありません。

照度計が内蔵されていますので、暗くなれば自動的に点灯します。

明るさや点灯時間などで種類も豊富にあります。安いものでは1000円くらいから購入できます。

 

②防犯カメラ

防犯カメラは抑止効果も期待できます。

また、証拠映像としても利用できますので録画機能の付いた防犯カメラがおすすめです。

防犯カメラは「見ているぞ」というアピールも目的のひとつですので、

見えやすい場所に設置するのが良いですよ。でも、近所トラブルにならないように気遣いましょう。

人感センサーで自動的に録画するタイプや赤外線機能付きなどいろいろなカメラがあります。5000円くらいから選ぶことができます。

 

③センサーアラーム

人が近づいたらライトを点けたり、ブザーやチャイムで知らせるのがセンサーアラームです。

ソーラーパネル付きのものや照度計が付いて夜間だけ自動的に作動するタイプなどいろいろです。

設置場所で選べるタイプがありますので、どこに付けたら効果的かを決めてから、タイプを選ぶと良いでしょう。

2000円前後から購入できます。

 

4.玄関で使いたい対策グッズ

敷地内に侵入されたら、玄関で撃退しましょう。

玄関ドアでの対策はワンドア・ツーロックにするとか、

ピッキングで解錠がしにくい錠に交換する方法がありますが、簡単にできる防犯グッズをご紹介します。

 

①テレビドアホン

テレビ機能が付いたドアホンは普及していますが、交換するタイミングで録画機能付きにすると良いでしょう。

ドアホン自体には防犯機能は望めませんが、

空き巣は留守の確認にドアホンを押すことが多いようです。録画機能にすると証拠になることがあります。

 

②サムターンカバー

ドアを解錠する手口では、サムターン回しも多くあります。

室内側にあるツマミでドアをロックするのがサムターンですが、ドアの外から特殊な工具を使ってこのツマミを回してしまう手口です。

サムターンの近くに取り付けて、ツマミが回されるのを防ぐのがサムターンカバーです。

500円前後で購入できて、手軽に取り付けることができます。

 

③チェーンロック

万が一ピッキングなどで解錠された場合にチェーンロックがかかっていれば、ドアを開けられることはありません。

チェーンロックは内側からかけるもの!でも、外側からチェーンロックをかけられるグッズがあります。

ドアを加工することなく手軽に取り付けができます。

ただし、どんなチェーンロックにも取り付けられるわけではありませんので、自宅のチェーンロックを確認してから購入しましょう。

 

スポンサードサーチ

5.窓で使いたい対策グッズ

空き巣の侵入手口で一番多いのが窓からの侵入です。そのことからも、空き巣対策では窓を重点的に対策しましょう。

窓用の防犯グッズをご紹介します。

 

①防犯砂利

防犯砂利は窓の下などに敷いておけば、空き巣が近づいた時に多きな音がするようになっています。

防犯砂利を敷くだけでも抑止効果が期待できます。

防犯砂利を踏んだときには約80デシベルの音が出ます。

厚く敷くほうが効果が出ますので、窓周辺に集中的に敷くのがおすすめです。20リットルで1000円くらいから販売しています。

 

②補助錠やストッパー

補助錠やストッパーは窓枠に簡単に取り付けができる窓用の防犯グッズです。

窓ガラスを割って侵入する空き巣に時間をかけさせることができます。

窓をロックするタイプやクレセント錠を回せなくするタイプ、窓をスライドできなくするタイプなどがあり100円からのグッズがあります。

 

③ダイヤル式クレセント錠

クレセント錠に複数のダイヤルが付いています。設定した数字にダイヤルを合わせないとクレセント錠を解錠できません。

窓を開けるまでの時間をかけさせる効果があります。取り付けは簡単で、5000円前後で購入できます。

 

④センサーアラーム

窓が開けられた時や窓を割ろうとする時に出る振動を検知して警報音を出します。

大きな音がしますので、空き巣が退散する可能性が大きいグッズです。

安いものでは100円程度で購入できるものもあります。安価で効果が大きいのでぜひおすすめの防犯グッズです。

 

⑤防犯フィルム

防犯フィルムはガラスの内側に特殊なフィルムを貼って、ガラスが割られても穴が開きづらくなる防犯グッズです。

厚さが厚いほど効果がありますが、同時に高価になります。商品に「防犯フィルム」と表示があるものを選んでください。

防犯フィルムは穴を開けるのに、空き巣が諦めるとされる5分以上かかるように作られています。A3サイズで100円前後から購入できます。

 

6.建物の中で使えるこんなグッズもある

夜になると部屋の中で人がテレビを見ているような光景を窓に映し出す防犯ライトがあります。

テレビの光線を真似ることで人が居ると思わせるんです。

2000円前後で購入することができますので、いかがでしょうか。

 

スポンサードサーチ

まとめ

防犯グッズはホームセンターやネットショッピングでも購入することができます。

また、安価なものは100円ショップでも販売しています。

防犯グッズには女性でも簡単に取り付けられるものが多く販売されています。

ひとつだけでなく複数を組み合わせると効果を高められます。

できるところから初めて空き巣被害を防ぎましょう。

 

執筆者:Moly編集部

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。