窃盗罪とは?意外と知らない実は○○も窃盗だった!

お店の電源を勝手に借りるのは犯罪だった?

窃盗罪と聞くと何か深刻な犯罪というイメージが湧き、被害には遭う事はあっても自分が加害者になることはまずないと思う人が大半です。しかし実は知らないうちに窃盗罪という罪を犯している可能性があるんです。今回は意外と知らない窃盗罪についてご紹介していきます。

<窃盗の定義とは>

まず窃盗とはどういう犯罪なのか、その定義を見て行きましょう。窃盗は刑法、第235条に「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪…」とあります。ここで他人の財物という言葉が出てきましたが、他人の財物とは他人が占有する財産的価値がある物と言う意味です。簡単に言うと他人が所有する金銭や物品にあたります。

また財物は基本的には有形物ではありますが、液体・気体も空間の一部を占める有形的存在とみなされ財物となるようです。次に窃取という言葉の意味は、盗み取るという意味になります。盗み取るというと誰も居ない場所や時間に、ひそかに取るというイメージがありますが、ひったくりや強盗のように本人の目の前で強引に奪い取ることも窃取という言葉に含まれています。

さらに窃盗には故意というものが重要となり、窃盗の故意とは一般的に「盗もうと思うこと」と思われがちです。ようは他人の物を盗もうと思って盗むことが窃盗であると思っている人が大半ですが、実は窃盗の故意には「盗もうと思って」という事だけではありません。

どういうことかというと、他人のものだと認識し、自分の物として自由に扱おうとする意思も窃盗の故意として含まれるのです。まとめると窃盗の定義というのは「他人の所有する財産的価値がある物を、盗もうと思ったり、自分の物として自由に扱うために盗み取る」という事になります。

<窃盗罪種別の罪の重さや罰金額は>

まずは窃盗罪の種別についてご紹介します。窃盗罪は主に次の3つに分けられます。

1.侵入窃盗

空き巣、忍び込み、出店荒し、事務所荒らしなど。

2.乗り物盗

自動車盗、オートバイ盗、自転車盗など。

3.非侵入窃盗

万引き、車上部品ねらい、置き引き、自動販売機ねらい、色情ねらい、仮睡者ねらい、すり、ひったくり、払出盗など。

これを見てもわかる通り、一口に窃盗罪と言っても数多くの種類が存在します。次に窃盗罪と罪の重さについてですが、刑法第235条に「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」とあります。

これは窃盗罪に問われ逮捕起訴されると10年以下の懲役、50万円以下の罰金が科せられるという意味になります。これをかみ砕いて考えると、まず窃盗という罪は最大10年間も刑務所に収監され、懲役刑に服さなければならない非常に重い罪ということがわかります。

その一方で「50万円以下の罰金」ということは、この条文からすると罰金1万円という可能性もあるのです。ちなみに罰金1万円以下は罰金ではなく科料となりますので窃盗罪には適用されません。ともあれ、窃盗罪の罪の重さは懲役10年から罰金1万円まで幅広いものとなっているのです。

ではなぜ窃盗罪の罪の重さはこのように幅が広いのでしょうか。それは窃盗罪の罪自体に幅の広さがあるためです。例えば長い時間かけて計画して実行し、被害総額何千万円になる事件も窃盗罪ですし、コンビニで10円のお菓子を万引きするのも窃盗罪になります。窃盗罪にはその手口や被害額の幅が広いために、その罪の重さの幅も広くなっているのです。

<コンセントを勝手に使うのは窃盗?>

昨今携帯電話やスマートフォンの普及で、家で充電をするのを忘れて出かけてしまい、出先で充電が切れてしまって困った経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。そういう時に例えば喫茶店やコンビニエンスストアーのコンセントを勝手に使うのは窃盗罪になるのか気になりますよね。

答えは窃盗罪になってしまいます。例えばその店に「ご自由にお使いください」と明記されたコンセントがあり、それを使用したならば罪には問われませんが利用の可否を確認しないで無断でコンセントを使用してしまうと電気代が1円程度しかかかっていなくても窃盗罪に問われてしまうのです。

実際に、ある女子学生が携帯電話メールのやり取りをしていた時に携帯電話の充電が切れたために、駅構内のコンセントを利用して充電しました。その被害額は電気代3銭と微々たるものでしたが、電気を盗んだ疑いで警察に摘発されました。通行人の通報で発覚したのですが、警察に事情を聞かれた際に本人が反省したことから、書類送検なしの微罪処分となっています。

またある男子学生がダンスを踊るための音楽を流そうと、ラジカセの電源を近くスーパーの自動販売機のコンセントを外して取っていました。そして近隣の人が、音がうるさいと警察に通報し警察官により電気の無断使用が発覚。その学生は窃盗の疑い検挙されました。学生は深く反省しスーパー側も被害届を出さなかったことから、検察庁に処罰を求めない微罪処分となりました。

さらにある少年らが携帯電話の充電が切れ、充電できる場所を探していたところコンビニエンスストアーの外壁のコンセントを見つけ、15分にわたって充電し巡回中の警察官に発見され摘発されました。この時は被害額が電気代約1円程度でしたが、書類送検されています。

最後に刑法第245条に「この章の罪については、電気は、財物とみなす。」とあります。電気は財物とされ、それを盗むことは窃盗罪となりますので気を付けましょう。

<まとめ>

窃盗罪についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
自分ではそんなつもりもなく、またそんな大げさになると思わなかったと後悔する前に法律について、少しでも学んでおけば便利ですよね。
これを機に少しでも法律を学び、安心した生活を送って行きましょう。