【要警戒】相次ぐ被害が続出!女性を狙った「体当たり通り魔」とは

  1. 防犯対策
  2. 0 view

みなさん、駅構内で歩いている女性に体当たりをする「体当たり通り魔」という被害を知っていますか?

先日テレビニュースでこの「体当たり通り魔」が取り上げられていて、とても嫌な思いをしました。私は実際には「体当たり通り魔」を目撃したことも、被害に遭ったこともないのですが、駅を利用する誰にでも起こりうる被害なので、今日は「体当たり通り魔」についてご紹介します。

スポンサードサーチ

体当たり通り魔とは

まず「体当たり通り魔」とは、何かご存知ですか?
ニュースなどで耳にする通り魔は、すれ違いざまや繁華街でいきなり刃物で刺されたり、鈍器で殴られるといったものが多いです。刃物や鈍器で傷害を負うことももちろん怖いですが、この「体当たり通り魔」はすれ違いざまに体当たりをするのです。

この体当たり通り魔の被害に遭っているのが、主に女性です。

体当たりなので、目的が触りたいといった痴漢なのか、それとも怪我をさせたいといったものなのかはわかりませんが、わざと人にぶつかる行為はとても悪質です。

混雑している場でのすれ違いの際に起きるぶつかりは、多少あります。肩と肩が少しぶつかってしまったり、肘が少し当たること、荷物がひっかかってしまうことはあります。しかし、大抵の人は、対向者とすれ違う際には避けようと体を傾けたり、道を逸れたりします。

が、体当たり通り魔はあえて上記のような場面では避けません。向かってきます。そして、勢いよくぶつかってくるのです。不意にぶつかられたら、力の加減にもよりますが、よろめいたり転んでしまう人もいるでしょう。また、打ち所が悪ければ大けがに繋がる可能性も大いにあるとても危険な行為なのです。

どこで起きている?

駅などの混雑しているところでの犯行は、不特定多数の人が行き来しているため、標的を見つけることも容易く、そして雑踏に紛れ込みやすいので逃げやすいといった特徴があります。そのため、多くの人が行き交う大都市の駅では特に注意が必要です。

もちろん、被害に遭っている現場は、駅だけではなく路上などもありますが、多くは駅構内ということをポイントとして覚えておきましょう。

スポンサードサーチ

体当たり通り魔被害に遭わないためには

Moly.jpでは、よく色んな対策をご紹介していますが、通り魔に関しては、正直なところ対策はとても難しいです。

スマホや音楽に気を取られないように、前を向いて歩いていたとしても、普通にすれ違うかと思いきや体当たりをされてしまうこともあります。ましてや、体当たり通り魔は、武器を持っていません。武器を持っていたり、不審な動きをしていれば、近づかないようにすることもできますが、それもできません。

しかし、ひとつだけ気をつけられることをあげるとしたら、

「シャキッとすること」です。

女性対して起きる犯罪の中で、よく言われるのが、おとなしそうな人や声をあげなさそうな人を狙うといったことですが、これは体当たり通り魔でも少し当てはまるかと思います。

例えば、男性に体当たりをしたらどうでしょうか。人によっては、追いかけていく人もいます。このように男性に体当たりをした場合は、反撃されるかもしれないという恐れから、女性を狙っているといったこともあるのです。

ですので、当たったら追いかけて来たり、反撃してきそうな女性はもしかしたら、被害に遭いづらいかもしれません。そのため、ぜひ「シャキッと」しましょう。

ですが、ここで要注意ポイントが1つ。
シャキッとしても、反撃に行くことは絶対にやめましょう。相手は何を持っているか、考えているかわかりません。万が一、被害に遭った場合はまず自分の身の安全を確保しましょう。そして、大声を出して周囲に知らせるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
体当たり通り魔の被害は、新宿駅で多く報告されています。池袋駅や東京駅でも被害に遭われている方がいるようです。大きな駅は、ただでさえ人でごった返していますが、これから年末年始にかけて、帰省などでもっと混雑すると予想できます。

そのため、駅利用時には周囲に敏感になり、すれ違う人とは、相手が避けてくれると思わずに、自分から距離を取るようにしましょう。

みなさんの遊びに行く道中や、帰省の道中が安全で楽しくありますように。

 

 

執筆者:Moly編集部

 

関連記事

女性の防犯対策

女性が日常生活で実践すべき防犯対策

女性の1人暮らしにおいて、防犯対策はとても重要です。他に家人がいない分、全部自分で対策しなければならないので結構大変ですが、するかしないかで被害の規模が変わるのは事実です…

  • 2 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。