お守り防犯アプリMolyがリニューアル!何が変わったのか徹底解説!

私たちMolyは、女性向け防犯メディアMoly.jpの他に、「お守り防犯アプリMoly」という防犯アプリを提供しています。

むしろ始めたのはアプリの方が先なんですが、皆さまはダウンロードはお済みでしょうか?

12月26日にアプリのフルリニューアルを公表したところ、早くも各所で取り上げていただいております。

タイミングよく弊社代表の河合が「日テレNEWS24 the SOCIAL」に出演したこともあり、たくさんの方から反応がありました。

今回は、旧バージョンと何がどう変わったのか、そしてどんな効果があるのかを解説いたします。

Moly.jpがアプリ上で確認できるようになりました!

当メディアMoly.jpは、旧バージョンのアプリでは見ることができませんでした。せっかく日々起きた事件や様々な犯罪への対策をガッツリ書いているのに、アプリと繋がっていないなんてもったいない!スマホからMoly.jpを見ている人が多いんだから、Molyアプリからも見られるようにしよう!ということで、アプリ上で記事が読めるように変更しました。

この変更によって、

自分の周辺で起きた事件を把握→moly.jpで対策を確認

という、「防犯の勝利の方程式」が完成しましたね。これは無敵。

Moly.jpには、編集部が世の女性に安心を届けるべく、寝食を惜しんで書き上げた渾身の防犯バイブル「Moly女性のための完全防犯マニュアル」があります。これを読んだらほぼ全ての防犯対策が網羅されていますので、向かうところ敵なしです。

常日頃からMolyとMoly.jpを確認して、被害に遭う前に回避しましょう!

マップ上でどんな事件が起きたのかわかるようになりました!

旧バージョンでは事件が起きた場所にピンが立っているだけでした。これはこれでオシャレでしたが、タップしないとどんな事件が起きたのか分からない、マップを見て視覚的に「こんな事件が多いのか」という危機意識が持てないという問題点がありました。

そこで、Molyが独自に罪種別に略称を付け、一定以上マップをピンチアウト(拡大)すると略称表示されるように変更しました。これにより、周辺の事件の数、罪種の特徴が視覚的に把握できるようになり、ユーザー自身がどんな犯罪に特に気をつけるべきか対策を講じやすくなりました。この記事を読み終えたら、試しに自分の住んでいる地域や職場の周りを見てみましょう!

大阪に住んでいる方はきっと驚くと思います。「どんだけ事件起きてんねん!」とツッコミを入れること間違いなし!

略称は上記のようになっています。

画面右下の?マークでいつでも確認できますので、覚える必要はありませんよ!

Molyの基本機能を確認!

現在地とマイエリアの事件情報がすぐに分かる!

Molyを開くと、現在地の事件情報が表示されています。

マップを見ると、ピンクと緑のマークがあるのが確認できますね。

これらの違いは、

ピンク:過去2週間以内に発生した事件

緑:過去6ヶ月以内に発生した事件

となっています。

2週間以内に発生している事件は、同様の犯罪が付近で発生する確率が高いです。特に注意するようにしましょう。

画面上部の「マイエリア」をタップすると、自分が設定したマイエリアの事件情報がいつでも確認できます。マイエリアが未設定の場合、画面上に案内が出ますので、従って進めば簡単に登録することができます。

自宅周辺にするもよし、職場周辺にするもよし、彼女の家の周辺にするもよしです。男性の場合は守りたい人がいる場所をセットするといいですね。「家の近くで不審者が出たみたいだから、今日は家まで送っていくよ」とサラッと言えたらマジでカッコいいと思います。あくまでも筆者(男)の意見ですが。

いざという時のための緊急通報&防犯ブザー機能!

Molyで周辺の事件情報を確認して、被害に遭わないように行動するのが最重要ですが、残念ながらどんなに気をつけていても不審者に遭遇することはあります。そんな時は画面右上のHELPボタンを押してみましょう。

画面が遷移すると、「HELP」「警察に通報する」「緊急連絡先に電話」の3つのボタンが表示されます。

HELPボタン

防犯ブザーです。「アカウント」→「HELPモードの設定」で、お好きな音を設定できます。

110ボタン

110番ができます。

緊急連絡先ボタン

自分が設定した緊急連絡先に連絡できます。電話番号での登録と、電話帳から選択しての登録ができます。

自分が目撃したり、被害に遭ったことを報告できる「報告」機能

画面下のタブ欄に「報告」と書かれたタブがあります。ここをタップすると、自分が目撃した事件や被害に遭った事件についてMolyに報告し、マップに事件情報を掲載することができます。画面の表示に沿ってタップしていけば簡単に報告できますので、周辺地域の安全のためにも是非ご協力をよろしくお願いします。

みんなで安心・安全な街を作っていきましょう!

まとめ

今回は、Molyのリニューアル機能と基本的な使い方について書いてみました。

実際にアプリ上で自分の住んでいる地域や職場の近くを確認してみると、驚くほど事件が起きていることがわかると思います。見かけは安全な街でも実は犯罪が多発しているというケースもたくさんあります。ぜひ、お守り防犯アプリMolyをダウンロードしていただき、皆さんにより安心して暮らしてもらいたいと思います。

アプリのダウンロードはこちらから!

※現在、「お守り防犯アプリMoly」はiOSデバイスのみ対応しております。

関連記事

  1. 6/18のMoly’s防犯注意報

  2. 大晦日は人肌を求める子が急増!?不安への寄り添いが大事

  3. 相次ぐSNS上でのチケット販売の詐欺被害、被害対象は女子中高生たち!?

  4. 【6月1日の事件】佐世保小6女児同級生殺害事件から15年。子供の異変に気づくために何ができる

  5. 【ニュース】自ら胸を触らせても、迷惑防止条例違反になるの!?

  6. これで外国人も一安心!災害時防犯のマニュアルが7カ国語に対応!!

  7. SNSを悪用した犯罪被害者は16歳がピーク!?

  8. 7/4 愛知県・大阪府は声かけに注意!?

  9. 11月22日「いい夫婦の日」だからこそ、決めておきたい二人の愛言葉!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP