海外旅行に行くなら防犯対策は必須!スリにあいにくいバッグとは?

海外旅行で非日常的な楽しい時間を過ごすつもりが、財布を盗まれてしまった…。

そんな悲しい思いをしないためにも、スリにあいにくいバッグをはじめとした効果的な防犯対策を紹介します。

スリにあいにくいバッグの選び方と使い方

バッグの種類や使い方に注意するだけでも、スリの被害から身を守ることができます。
結論から、スリにあいにくいバッグとして、2wayタイプのリュック&トートバッグがおすすめです。

多くの方は海外旅行時にリュックを選ぶのではないでしょうか。両手が空くし動きやすいため、かなり便利ですよね。

しかし、リュックは背負うと視界から外れてしまい、後ろから盗られていることには気づけません。バッグを前にまわすという対策方法がありますが、太ももにあたり歩きにくいし、オシャレな国に来たのに見栄えの良くない格好は嫌ですよね。

そのため、人混みが多い街中や地下鉄の中では、リュックはあまりおすすめできません。

では、次に肩がけタイプのバッグはどうなのか。
街中では肩にかけて脇ではさみ、手で抑えることでひったくり対策もできます。ただし、長時間の観光だと途中から肩が痛くなり始めます。

海外旅行は思っているよりも移動が多く、歩く時間も長くなりがち。特に登山などネイチャーツーリズムを楽しむときには、肩がけタイプは適していません。

そのため、街中用とアウトドア用のどちらも兼ね備えている、2wayタイプのリュック&トートバッグがおすすめです。スリにあいにくいという点はもちろん、利便性も兼ね備えたバッグを選ぶようにしましょう。

  • スリにあいにくいバッグは生地が厚く中身が見えないタイプ

海外旅行のさいに使用する街歩き用のバッグは、軽くて折り畳めるものがおすすめです。飛行機での移動時にはメインバッグの中にいれておくため、街歩き用バッグは折り畳めたほうが使い勝手が良いでしょう。

とはいえ、折り畳める&軽量のバッグは、どうしても生地が薄いモノになりがちです。生地が薄いバッグは、貴重品をどこに入れているのか外からも見えてしまいます。

スリのプロからすれば、それは格好の的。

ナイフなどで切りつけてバッグを破り、中身を取り出す手法も多くあります。スリにあいにくいバッグを選ぶ時は、生地が厚いというポイントもとても大切です。

  • ファスナーが付いていないバッグは海外では使用NG

スリにあいにくいバッグとして、冒頭で2wayタイプのトートバッグをおすすめしました。選ぶさいの注意点として、ファスナー付きのバッグを選びましょう。

トートバッグはどうしても開口部が大きく、脇や手で抑えていたとしても左右にスペースができてしまいます。街中などは人も多く、意識が散漫しがちです。

その隙に思いもしないところから手が伸びてくるため、気づかないうちに財布を盗られていたということもあります。必要最低限の防犯意識として、トートバッグは必ずファスナー付きを選ぶようにしてください。

  • スリにあいにくいおすすめのバッグをご紹介

スリにあいにくいおすすめのバッグを2つご紹介します。

共通点は「2wayタイプ・中身が見えない・ファスナー付き」という点です。

コロンビア ディーカム2wayトート


(出典画像:Amazon

内容量は20Lと海外での街歩き用にピッタリの大きさです。もちろん、バックパックとトートバッグどちらでも使用できます。表面は撥水加工と防汚性にも優れているため、長時間のアウトドアにもうってつけのバッグです。

内部にはPC入れもあるため、日常生活でも利用できます。

色も7色展開で、性別問わずにスリにあいにくいバッグとしておすすめです。

▷リンク:コロンビア ディーカム2wayトート(外部サイト Amazonへ移動)

パタゴニア LWトラベルトートバック


(出典画像:Amazon

ナイロンとポリエスチル素材で作られているため、収納もコンパクトにできるバッグです。22Lと大容量なうえに、チェストベルトやウエストベルトも付いているため、がっちり身体に固定できます。

サイドにはペットボトルをいれるポケットがあり、水分も取りやすいです。こちらの商品もノートPCが収納できますし、もちろんトートバッグとして使用してもファスナーが付いています。

スリにあいにくいバッグを探している方は、検討してみてはいかがでしょうか。

▷リンク:パタゴニア LWトラベルトートバック(外部サイト Amazonへ移動)

スリにあいたくないなら現地人になりきれ!

スリは油断しているターゲットを探し続けています。

標的になるかどうかは、あなたの立ち居振る舞いや素振りで見分けているため、スリ被害にあうリスクは如何に現地人になりきるかがポイントです。

日本人女性は性格的におっとりとしていると見られガチ。また、身体も小さく非力なため、どうしてもスリに狙われやすいのです。

そこで現地人になりきることで、“ガードが硬そうだ”と相手に思わせることができます。例えば歩行中は一歩の間隔を大きくして、できるだけスタイリッシュに歩くという感じ。

海外の女性は身長が小さい方でも颯爽と歩いています。日常生活を送る現地人と同じ行動をすることで、スリにあいにくい状況を作ることができるのです。

  • 服装にも要注意!ブランド品でおしゃれに外出はスリに狙われやすい!

海外旅行に来たのだから徹底的にオシャレをして歩きたい。その気持は良く分かりますが、スカートにヒール、ブランドバッグで歩いていると確実に目を付けられます。

欧米では若い女性もあまり派手な格好はせずに、質素な身なりで外出することが多いのです。ある程度は動きやすく、現地人に近い格好で外出しましょう。

服装は現地に溶け込む大切なポイントです。事前にリサーチしてスリにあいにくい服装をするようにしてください。

  • スリにあうのは地下鉄がほとんど!交通機関に乗るときは要注意

海外でスリにあうリスクが1番高い場所は、バスや地下鉄など交通機関で移動するときです。複数人で侵入経路を塞ぎ、慌てている間に別の窃盗犯が貴重品を盗みます。

交通機関を利用するときは、より一層防犯意識を高く持つようにしてください。チャックに鍵をつけるなど、他のサイトで良く見る対策をするのも効果的です。

100均の鍵でも防犯対策として有効なため、不安な方は準備しておくことをおすすめします。また、交通機関を利用するさいの注意点はコチラの記事でより詳しく紹介しています。

  • お金やパスポートなどの貴重品はどこにしまう?

お金を1つの財布にしまっておくのはNGです。必ず小分けにして、外出時に持ち歩く金額は最小限にしておくことが大切。

他はホテルのロッカーやセキュリティ対策をしているスーツケースの中に保管しておきましょう。また、お金やパスポートなど盗まれたくないものはパスポートホルダーに入れて、貴重品の場所が分からないようにします。

冬ならポケットに入れて、その上からまたコートを羽織り、夏なら薄手の上着で隠すようにするのです。特に限度額の高いクレジットカードやパスポートは肌身離さず持ち歩くようにしてください。

スリにあいにくいバッグは使い勝手も重視する

本記事では海外旅行時に使うスリにあいにくいバッグを紹介しました。

おすすめはリュック&トートバッグとして使用できる2wayタイプです。トートバッグはスリやひったくりにあいやすいバッグだと言われています。

しかし、ファスナー付きで生地が厚い商品を選ぶこと、防犯意識を高く持つことで被害にあうリスクを下げることができます。

トートバッグは歩きやすいうえに、自分の視界に置いた状態で人混みを歩くことが可能です。しかし、海外旅行はどうしても移動が長くなりがち。山などを長時間歩く場合は、肩が痛くなってしまいます。

そのため、リュックとしても活用できる2wayタイプがおすすめなのです。

シチュエーションごとに使い分けできるリュック&トートバッグを選ぶことは、防犯対策にもなりますし使い勝手も抜群。本記事で紹介したバッグのように、仕事でも利用できるほどオシャレなモノが多く販売されています。

旅行のためだけに購入するのはちょっと…という方も、検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者:Moly編集部