振り込め詐欺の手口とは?通報先や対策方法をご紹介!

振り込め詐欺の被害件数は、毎年増えています。

本記事では、振り込め詐欺の被害に遭わないための知識や通報先を紹介します。

法務省管轄支局のフリをした振り込め詐欺に要注意

警察庁の公式HPには、法務省管轄支局国民を騙った振り込め詐欺が増えているとの呼びかけがありました。この手法は、法務管轄支局国民訴訟通達センターという名称で、自宅にハガキが届きます。

「消費料金に関する最終通告のお知らせ」という怖い記載をすることで、金銭をだまし取るという手口です。振り込め詐欺の種類のなかでも、この方法は「なりすまし詐欺」に該当します。

近年、この手法による被害が増加しつつあるため、十分注意してください。

  • 振り込め詐欺の種類
  • なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)

“もしもし…オレなんだけど、実は電話番号が変わってさ~”

など、身内や銀行員、警察を装い電話してくるのが「なりすまし詐欺」です。特にオレオレ詐欺には注意が必要。いまだに、多くの方が被害にあっている振り込め詐欺の手口です。

詐欺師は次のような文言で、こちらを騙そうとしてきます。

  • 借金をしていて返済が今日までなんだ
  • 会社の金を横領していて、すぐに返さないといけない
  • 痴漢で捕まって示談金が必要になった
  • 交通事故を起こしてしまい、相手にお金を支払わなければいけなくなった

ダマされないためにも、身内を名乗った人物からお金の要求をされた場合、まずは自分の電話帳にいる本人に連絡をするようにしてください。当人かどうかをまず確認すること。

これだけでもオレオレ詐欺に引っかかるリスクは大幅に下がります。

還付金詐欺(戻します詐欺)

還付金詐欺とは、“定額給付金制度や年金の過剰払があったため返金します”と言われ、逆にお金をだまし取られるという振り込め詐欺です。

ATMの使い方に慣れていない高齢者をターゲットにしています。電話口でATMまで誘導、操作はこちらで指示すると言われますが、実際には相手に振り込んでいるという手口です。ATMに誘導された時点で、一度電話を切って警察に通報してください。

融資保証金詐欺(貸します詐欺)

電柱やインターネットの広告に出てくる、金融業者を装った振り込め詐欺です。他では借りることが難しい、生活が苦しい方をターゲットにしています。

“貸すからまずは保証金を支払ってください”と指示を受け、“これでお金を貸してもらえるなら”と振り込むも、お金は1円も返ってこないというオチ。保証金や実績づくりなどの名目で送金を促しますが、そのような金融会社には融資を申し込まないようにしましょう。

架空請求詐欺(支払え詐欺)

架空請求詐欺とは、利用していないサイトやサービスの利用料を請求される振り込め詐欺です。

メールやLINEなどに覚えがない請求が来ても、振り込まずに無視してください。もし不安な場合は、両親や家族、対象のサポートセンターに連絡しましょう。それでも解決しないのなら、警察に相談もしくは通報してください。

なりすまし詐欺の手口は?

上記でも紹介しましたが、いま1番多い特殊詐欺は「なりすまし詐欺」です。

そこで、ここではもう少し詳しく、なりすまし詐欺の手口について紹介していきます。

警察庁や銀行職員を装った電話

“警察庁のものです。いまアナタの口座は振り込め詐欺に使われているため、このままでは使えなくなってしまいます”

“銀行の職員を向かわせるのでキャッシュカードを渡してください”と言われ、通帳やキャッシュカードを受け取りにくるのです。

言葉巧みに誘導し、手続きのために必要だと言われて暗証番号も聞き出されるため、その被害は甚大です。ほかにも、“落とし物からあなた名義のカードが出てきました”という口頭文句もあります。

家族を装った電話

いわゆるオレオレ詐欺です。

“電話番号を変えた、いま風邪引いてて喉が…”などの嘘をついて、息子だと信じ込ませようとします。その上で、“痴漢容疑で捕まっちゃって、示談金に30万円必要なんだ”など、パニックになることを言われることで、疑わずに金額を振り込んでしまうのです。

自分はこんな振り込め詐欺にダマされないと思う方もいるでしょう。しかし、実際にいざ電話がくると、家族を思う気持ちが冷静な判断を狂わせるのです。そんな気持ちを悪用した詐欺が、振り込め詐欺なんだと十分に理解してください。

通報先は110番もしくは#9110へ!

被害に遭わずに未遂で終った場合でも、被害の拡大をおさえるために通報する必要があります。通報先は110番もしくは#9110です。

#9110とは犯罪被害の未然防止をはじめとした、日常生活を安全に送るための相談窓口。110番に通報するか迷ったさいには、こちらの相談窓口を利用してください。

土日祝は「当直」もしくは「留守番電話」となっています。電話がつながらない場合そのまま110番に通報、もしくは該当する相談窓口を利用しましょう。

振り込め詐欺の通報から警察への対応の流れ

下記では、通報から警察官への対応の流れをカンタンに紹介します。

警察官を装った振り込め詐欺師からの電話。

しかし、“名前や電話番号を教えてくれ”と言ったらすぐに切れてしまった。そこで#9110に連絡し事情を説明すると、“110番に通報してください”と指示を受けました。110番通報すると「氏名・電話番号・住所」を確認されて、自宅までの道順を説明。

確認が終わると“近くにいる警察官を向かわせます。そこで詳しい説明をお願いします”と言われ、5~10分程度で交番のおまわりさんが到着しました。

口頭で「氏名・電話番号・生年月日」を確認され、以下のことを聞かれました。

  • 電話があった時間
  • 電話番号
  • どんな話をしたか

おまわりさんが自宅に到着し、質問された時間は約10分程度で終わりました。

振り込め詐欺にダマされないための対策方法

振り込め詐欺の被害に遭わないために、気をつけることがあります。

それは、「自分は大丈夫だ」という自信を持たないことです。

詐欺行為にあった人の9割以上が“自分はダマされない、大丈夫だ”と考えています。子供や孫の声を聞き間違えることなんてないよ!と言いたくなる気持ちもわかりますが、相手はプロの詐欺師です。

自分もいつか被害に遭うリスクがあるという考えを持った上で、下記の対策方法を頭にいれてください。

正しい知識を持つことが振り込め詐欺対策につながる

正しい知識は振り込め詐欺対策になります。たとえば、お金を返したいからとATMに誘導される「戻します詐欺」。

使い方がよくわからない高齢者をターゲットにしている振り込め詐欺です。しかし、ATMで操作をしても、お金が振り込まれることはないということを知っていれば、騙される心配はありません。

このような正しい知識は振り込め詐欺の対策に役立つのです。

もし、難しいことを覚える自信がないというのであれば、「電話でATMに誘導されたら詐欺」など、形式的に覚えておくだけでも防犯対策になります。そのうえで一度連絡を切り、通報して警察の指示どおりに動くことで、犯人を現行犯逮捕することができるかもしれません。

電話相手の情報をメモもしくは録音する

お金絡みの電話はすべて、相手の情報をメモを取るようにしましょう。

「氏名・電話番号・所属先」の3点を聞くだけでも十分です。

一度電話を切り、その電話番号に連絡をして間違いないかを確認するなどしてください。質問をするだけでも振り込め詐欺しは嫌がり、一方的に電話を切ってくることもあります。

“忘れたら大変だから録音させてくれないか?”と伝えることも、詐欺師が嫌がる対応策の1つです。

高齢者の親にはルールを設ける

高齢者の親がオレオレ詐欺などの被害に遭わないか心配になりますよね。振り込め詐欺に騙されて、落ち込んでいる親を見たくないのなら、詐欺師から連絡が来たときの対策方法を決めておきましょう。

“電話番号が違うオレから電話が来たら、絶対に1回ここに電話してくれ”

“電話番号が違うオレから電話が来たら、次の質問をしてくれ”

などのルールを設けておくことで、オレオレ詐欺に遭うリスクを下げることができます。また、最近では自動メッセージで相手の名前を確認できる固定電話も商品化されました。

番号未登録の場合にのみ防犯機能が作動して相手の名前を確認するとともに、「自動録音機能」も動きます。親が振り込め詐欺に油断していて協力的じゃない場合、詐欺対策強化機能が搭載された電話を設置するのも1つの手です。

振り込め詐欺は手口が巧妙化している

本記事では振り込め詐欺の手口と通報、対策方法について解説しました。

詐欺被害にあわず未然に終わった場合でも、被害の拡大を抑えるために通報することをおすすめします。

本来であれば110番で問題ありませんが、不安という方は#9110に連絡するようにしてください。状況を説明することで、110番通報するべきかどうかを判断してくれます。

また、毎年注意喚起していても振り込め詐欺の被害が無くならないのは、“自分は大丈夫”という油断と、手口がより巧妙化しているからです。被害者の9割以上が自分は大丈夫だと思っていたことを忘れないでください。

そして、振り込め詐欺の手口を知ることは、被害に遭うリスクを格段に避けることができます。警察庁の公式サイトを定期的に閲覧し、事前対策を怠らないようにしましょう。

▷リンク:警視庁 特殊詐欺対策(外部ページへ移動)

 

執筆者:Moly編集部

関連記事

  1. 愛犬と一緒に“わんわんパトロール!”全国に広がる新しいパトロールとは?

  2. 【再掲】“驚愕”ガードレールで撮影場所がバレる?自撮り投稿で隠すべきポイントは

  3. 【マネーデー】デート中に気をつけるべきデートDVのサイン!

  4. 【お役立ち】オススメの防犯カメラ! 1人暮らしの女性も安心、簡単防犯カメラガイド!

  5. 【注意】若者を狙った巧妙な振り込め詐欺の手口とは

  6. 【エレベーターの日】一人と複数どっちが危険? 防犯対策に正しいエレベーターの乗り方教えます!

  7. 【防犯対策】突然の通り魔、刃物から身を守るためにできることはあるのか

  8. 読書の秋にぴったり!あなたの危機意識を鍛えるおすすめ小説3選

  9. 犯罪をおかしそうな人物の特徴を見抜いて防犯対策はできる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP