身に及ぶ危険!! 防犯ホイッスル(笛)がそこにある危機を救う 女性たちはそもそも防犯ブザーや笛を軽視している

  1. 防犯対策

一人暮らしをしている女性の方々は、 いつどのような危険に遭遇してしまうかわかりません。

リスクを回避するために護身グッズを備えておく意識も大事ではないでしょうか。

不意打ちで犯罪に巻きこまれてしまったとき、力もそれほどない女性たちに出来ることは何か真剣に考える必要があります。

防犯ブザーも効果的ですが、今回特に防犯ホイッスル(笛)に焦点を当てました。

成人の女性たちよりも小学生のほうが真剣に防犯対策について考えているかもしれません。

そろそろ本気で防犯対策について考えてみましょう。

 

1.防犯ブザー

小学校では現在、防犯対策のために防犯ブザーを配っているところもあります。

そのようなものに依存しなければならない社会もどうかと思うのですが、そこにある危機を回避するためには仕方がないでしょう。

子供たちは実際に防犯ブザーによって救われたケースがいくつもあります。

犯人も子供たちが全員防犯ブザーを持っているということを認知すれば、なかなか手を出すことができないで抑止力にすることができます。

防犯ブザーなら防犯対策として比較的安価で購入することができます。

しかし、成人の女性たちが防犯ブザーを実際に所持しているかといえば、想像しているよりも持っている人は少ないです。

 

①女性に及ぶ犯罪危機

女性の中には、防犯ブザーやホイッスル(笛)を複数所持している人もいます。

鞄を毎日替える人もいるので、いれ忘れがないようにそれぞれの鞄にあらかじめ用意してあるということです。それは立派な防犯意識です。

そのようなことをしない人たちは一体どんな考えを持っているのでしょう。

実際に襲われる犯罪は起こっているのは知っているけど、自分の身に及ぶ確率は相当低いと考える女性もいます。

その考えは明らかに間違いであり、不用心である若い女性に対して必ずと言っていいほど遠めに物色をしている男の影があると言っていいでしょう。

それほど男性の性欲は女性のものとは違い、女性が隙を見せているほどつけ込んで来ます。

痴漢をしてしまう男性の多くは、痴漢をあらかじめ計画をしている訳ではなく、ついしてしまったというケースが多くあります。

つい痴漢をさせてしまった原因は、ひょっとしたら隙を見せている女性のほうにあるのかもしれません。

ここでもう一度問いますが、女性たちはなんで防犯ブザーやホイッスル(笛)を持たないのでしょうか。

 

②防犯ブザーやホイッスル(笛)は本当に効果があるの?

防犯ブザーやホイッスル(笛)は実際に持っていてもいざという時には役に立たないから、

逃げたり叫んだりする方が効果があると考える女性も中にはいるでしょう。そのあたりの問題はどうなのでしょうか。

小学校では、防犯ブザーの紐を引っ張ってブザーを鳴らしても、「またふざけてるんだろう」と近所の人に思われるケースもあると言います。

子供さんは、そのようなアイテムを持たされて面白がってしまうところがありますよね。

近所の人たちにそのような意識があれば、成人女性が防犯ブザー・ホイッスル(笛)を鳴らしてもすぐに飛びだして来ようとはしてくれないかもしれません。

小学校の場合、防犯ブザーをランドセルの横につけたり、さらに「防犯ブザーを携帯している」ことをわからせるシールを貼ったりします。

 

小学校の子供さんはいざという時には、恐くて防犯ブザーを鳴らすことができないかもしれませんが、防犯していることを犯人にそのような方法で知らせることが対策に繋がっているでしょう。

子供さんのお母さんの中には、防犯ブザーに抵抗があるから、防犯ブザーらしくないものを持たせているというケースがありますが、それでは警告という意味をなさないかもしれません。

 

成人の女性がどのような向きあい方をしているのかといえば、防犯ブザーやホイッスル(笛)を所持しても、見た目が良くないから、鞄にぶら下げることまではしていませんよね。

もちろん、「防犯ブザー・笛があります」という警告シールを貼ることもありません。

そして、実際にそれほど防犯ブザーや防犯ホイッスル(笛)を所持しているパーセンテージも少ないとなれば、

どうして女性たちは防犯対策をしているということができるのでしょうか。

 

2.本気で防犯対策を考える

危険がそこまで近付いていると思えば、誰でも本気で防犯対策について考えるでしょう。

多くの女性たちはまだ犯罪リスクを他人事と考えていることはないでしょうか。

あらゆる犯罪に対してこれをしておけば安心というものはありませんが、

何も対策をしないよりはしたほうがリスクを減少出来ることは言うまでもありません。

 

防犯ブザー・ホイッスル(笛)の場合は、ただ持っているだけではなく、犯罪の抑止力を狙って鞄の外に取り付けるとより効果があります。

若い女性の方々だから敢えてそこまでする必要があるのではないでしょうか。

 

夜道を歩く時などは、鞄の横の防犯ブザー・ホイッスル(笛)を握りしめる感じで歩くのがいいでしょう。

瞬間ブザー・笛を鳴らすことができるかが決め手であり、犯人もその光景を見れば、ブザー・笛を持っていない女性を狙おうと思うでしょう。

彼氏も、彼女のことを本当に真剣に考えてくれるのなら、防犯ブザー・ホイッスル(笛)をプレゼントするのもいいでしょう。

そして、彼氏の口から、ブザー・ホイッスル(笛)を鞄の横につけた方がいいということをアドバイスしてあげましょう。

 

スポンサードサーチ

3.防犯ホイッスル(笛)の効果

概ね女性たちは、防犯対策として防犯笛よりも防犯ブザーを思いつくでしょう。

防犯ホイッスル(笛)も防犯ブザー同様、音によって防犯対策をするアイテムです。

防犯ブザーの方が効果と考える人たちもいますが、防犯ブザーは電池を使用し、いざという時鳴らないことがあります。

笛の方がいちいちメンテナンスのことまで考えないでもいいでしょう。

防犯ブザーを鞄の横につけておくよりは、防犯笛のほうがオシャレで鞄の横に違和感なくつけることができるかもしれません。

いつも携帯を外に出している人たちは、防犯笛をストラップにしてつけるのもいいでしょう。

 

あと、防犯笛以外にも、「フラッシュライト」も防犯対策として有効的です。

フラッシュライトは、いざという時、犯人の目にあてます。その時、瞬間犯人は目眩や嫌悪感を感じ襲うことに間があくので、その間に逃げたりすることができます。

フラッシュライトはそのような使い方だけでなく、夜道を照らして警戒していることを犯人に知らせることができます。

 

4.おすすめ防犯笛

比較的防犯ブザーの記事のほうをよく見かけるので、敢えてここでは防犯笛をクローズアップします。

せっかく防犯対策として防犯笛を持っているのですから、危機を遠くまで伝えてくれる必要があります。

女性の人たちは恐怖に襲われたきに、なかなか叫ぶことができなかったり、笛を吹こうと思うものの力が入らないとことがあります。

 

防犯笛を持つからには力をそれほど入れないでも遠くまで響くものがおすすめです。

綺麗な音が出るか、音質がいいかということではなく人間の耳に聞こえやすいことが防犯笛の条件です。

笛と言っても様々種類があり人間にほぼ聞こえるものから、そこそこうるさくないもの、更に、120db超レベルのものもあります。

やはり危機を知らせるのなら大きな音を出すに越したことはありません。

同時に吹きやすさについても考えて購入しましょう。

構造上の問題で音が漏れるものもあり、それではなかなか危機を伝えることができないでしょう。

コルクなどに唾液が絡まり音が出づらくなるものもあります。

 

スポンサードサーチ

5.まとめ

いかがでしょうか。防犯笛の場合、すぐに笛とわかるものでもオシャレなものがいろいろ販売されています。

女性の方々は、そのような笛を集めることを趣味に出来ればより防犯意識を持つことができるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。